ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》7-2でBVB勝利!ドッペルパックの香川高評価!オッズ戦の採点と寸評

ヨーロッパリーグプレーオフ、ノルウェーのオッズと対戦したドルトムントは香川選手の2ゴールを含む7:2で勝利し無事にヨーロッパリーグ出場を決めました。各紙の採点と香川選手の寸評を紹介します。

entry_img_555.jpg



【西ドイツアルゲマイネ】

ヴァイデンフェラー 4

ギンター 3

ソクラティス 3

フンメルス 2

シュメルツァー 2.5

ヴァイグル 2.5

ホーフマン 3.5

ギュンドガン 1

香川真司 2

彼も、何度も多くのスペースを提供してくれた対戦相手に対して良いシーンを見せた。開始5分にはシュメルツァーへの素晴らしいパスでBVBの最初のビッグチャンスを演出し、40分には4:1となるゴールを自ら決めた。そして試合終了間際の90分には無人のゴールにシュートし7:2とした。いずれにせよ彼の決定力(不足)が彼の欠点となって残ったままである。彼は何度も良い、もしくは非常によいチャンスで外してしまった。

ミキタリアン 1

ロイス 1.5

20150828064209918.jpg

スポンサーリンク


20150828064212d34.jpg


【ルーア・ナッハリヒテン】


ヴァイデンフェラー 4

ギンター 2.5

ソクラティス 3

フンメルス 2.5

シュメルツァー 2.5

ヴァイグル 2

ギュンドガン 1

香川 2.5

この日本人は、いくらか重々しいシーズンのスタートの後で明らかに上向きを示している。オッズ戦ではインゴルシュタット戦から続く勢いを維持し、2ゴールを記録した(41/90)。この日本人の良いパフォーマンス


ミキタリアン 1

ホフマン 3.5

ロイス 1.5

201508280642102ec.jpg



以上です。

今日は管理人はちょっと出先からの更新になりますので、とりあえず香川選手の寸評を素早く訳しました。
相変わらず西ドイツアルゲマイネの寸評の口調は辛口ですが、2は高い評価なので、良かったですね。

今日のギュンドガンは特に素晴らしかったですね。ロイスもハットトリックと、とにかくこの結果を自信につなげてヘルタ戦でも圧倒して欲しいです。ロイス、オバメヤン、と休ませて来ていますから、次はそろそろ香川選手あたりが休養でしょうか・・・。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/08/28 07:03 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(22)
ドッペルしても外したシュートのことで批判するとか、意味わからん
よほど香川が気に入らないんだな、ドイツメディアは
[ 2015/08/28 07:44 ] [ 編集 ]
インサイドハーフとしては十分過ぎるほど得点あげてると思うけど香川の決定率ってそんなに悪いのかな?
[ 2015/08/28 07:58 ] [ 編集 ]
No title
「彼は何度も良い、もしくは非常によいチャンスで外してしまった。」
この新聞、試合を見て書いてるんですかね?
それともホフマンかだれかと間違えてるんでしょうか。
[ 2015/08/28 08:08 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん翻訳ありがとうございます!
西ドイツアルゲマイネの評価はもう気にしないことにしましたw
IHの役割をしてる選手に得点力を求めすぎなのは(普通に考えれば判ることですが)滑稽すぎますからねw
[ 2015/08/28 08:43 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルはヴァイデンフェラーをELでずっと使う気なのか、正直2番手キーパーでも微妙
[ 2015/08/28 08:45 ] [ 編集 ]
長距離移動を伴うW杯予選との絡みもあるので心配です。ドルトムント自体は過去の経験から、日本との往復後の香川は調子を落としがちだと知ってるはずですが…
[ 2015/08/28 08:57 ] [ 編集 ]
ん?決定力不足?そんなシュート外したっけ??
[ 2015/08/28 09:54 ] [ 編集 ]
No title
変なの。シュートをはずしてるのは香川だけじゃないと思うのですが。
[ 2015/08/28 10:43 ] [ 編集 ]
休ませないとって言ってる人が多いけど
これだけ好調だと多少ムリさせてでも使い続けた方がプレイスタイル維持の為にもチームスタイルの為にも良いんだと思う。
怪我すれば元も子もないけど、
香川ロイス牛丼辺りはトゥヘルの下で更に爆発的な成長を続けてるようだし、
もし更に成長するようだと本当に世界屈指の選手に成れるかも知れない。
代表辞退しても良いんじゃないかな。
[ 2015/08/28 10:56 ] [ 編集 ]
ドルでは下がり目のポジションなのに、地元紙から「もっともっと」と、ゴールを求められる。
一方、ハリルは、日本の勝利が香川さんにかかっている、っていうようなコメントしていましたよね。
代表でも、すごい重圧…。周りと合わないと、また叩かれそう。ケガが一番心配だけど。
[ 2015/08/28 14:51 ] [ 編集 ]
No title
私もインサイドハーフでこの成績はとても良いのではないかと思うので、2が妥当と思います。
(ヴァイグルも!本当にすごい19歳)
何はともあれ、前線の3人がきっちり決めているし、長いシーズン、格下相手なのであまりギアを上げずに勝利できてよかった。
次のヘルタ戦は前半で引き離して後半はターンオーバーで行けるといいですね。
個人的にはヴァイデンフェラーの衰えぶりが少し悲しいです。明らかに反応が遅い。コンディションの問題もあるんでしょうかね。
[ 2015/08/28 14:52 ] [ 編集 ]
No title
寸評の口調が辛口でも採点『2』の【西ドイツアルゲマイネ】、寸評が良いパフォーマンスでも『2.5』の【ルーア・ナッハリヒテン】いろいろと面白いですね
キッカー採点待ってますわ
[ 2015/08/28 14:57 ] [ 編集 ]
No title
日本は遠いよ。代表辞退してもいいんだよ・・・と言いたい。
[ 2015/08/28 15:39 ] [ 編集 ]
No title
ギュンなんてここ数試合で10本以上外してるわな
香川はシュート数を考えたらいいほうだよねえ
[ 2015/08/28 17:07 ] [ 編集 ]
No title
西ドイツアルゲマイネの評価は気にしなくていいけど、ココがいっつも早く評価出すもんだから皆それに踊らされやすいですよね。
私も恥ずかしながらココのブログで管理人さんのコメント見るまでは踊らされてた口です。
ここのブログを読んでる方々は踊らされないでほしいもんです。
[ 2015/08/28 19:08 ] [ 編集 ]
No title
2.0は妥当だろ
そこまで存在感なかったし
というか2って十分高評価でしょ
[ 2015/08/28 19:51 ] [ 編集 ]
香川ってどれだけ仕事すればいいのか。決定率とか言えばオバメとかロイスの方が外す事が多いけどね。ゲームメイクしてるんだからゴールが全てじゃないと思うけどね。
日本に帰ってもまた同じ事言われるんだよ。 
[ 2015/08/28 20:41 ] [ 編集 ]
No title
まあ以前の真司なら、はずさないよねってことでしょうね笑 他の人も随分外してるけど。前の三人が「ものすごい」から、香川選手もすごいのに霞んでる気がする。 過労で大丈夫かなと心配ですが、本人は途中交代は嫌みたいですね。怪我だけは気をつけて頑張って欲しいです
[ 2015/08/28 22:02 ] [ 編集 ]
香川以上にシュート打ってる選手には、やたら甘いよな
[ 2015/08/28 22:58 ] [ 編集 ]
No title
牛丼1はないな。そもそも牛丼が攻撃参加できてるのはヴァイグルがその分守備でカバーしてその上ボールのまきも請け負ってくれてるからであって
[ 2015/08/28 23:20 ] [ 編集 ]
No title
点数なんて一つの主観でしかないから深く考えなくていいんだよ。

大事なのは昨シーズンと違ってチームが良い状態であること。
今シーズンは昨年よりもサッカーを楽しめそうです。
[ 2015/08/29 16:11 ] [ 編集 ]
No title
代表辞退してほしい気持ちは普段はあるが今は代表がそんなこといえる状態じゃないから・・・すまんがドルサポのみんな・・・今回だけは香川貸してくれ。怪我しない程度でプレイで良いから
[ 2015/08/29 16:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。