Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ヘルタ幹部!マリオ・ゲッツェを獲得しなかった理由を明かす!

【スポーツビルト】

マネージャーのプレーツが明かす!

どうしてヘルタはマリオ・ゲッツェを獲得しなかったのか?


goetz.jpg


マリオ・ゲッツェは今シーズンアイントホーフェンに移籍してから好調となっており、代表復帰も再び話題となっている。

スポンサーリンク


しかしゲッツェにとってはオランダ移籍以外にブンデスリーガに残る事も可能だった。ヘルタが獲得に興味を持っていたのだ。


ヘルタの会長、ミヒャエル・プレーツはキッカー紙においてどうして彼を獲得しなかったのかを説明している。


“マリオは市場に出ていたね。だけど、移籍が実現するには、様々な要素が一致しなければならなかったんだ。実際にはそうはならなかった。”と語っている。


彼はヘルタの今シーズンの不調の理由を世代交代として挙げている。“我々のチームには契約が切れる選手が多くいた。そのためスカッドの構造を一新するチャンスをそこにみたんだ。それはうまくいったと思う。でもこれまでチームを率いてきた選手の抜けた穴は新たに埋められなければならないからね。”とプレーツは語る。彼によると、こうした世代交代がすぐにうまくいくとは思っていなかったとのことだ。“これは数週間、数か月で終わるプロセスではないからね。”と彼は明かす。


それでも彼は“もちろんいくつかの試合ではもっと多くポイントを獲得する事を望んでいたけれどね。そしてポカール一回戦で勝つことも・・。これらは今の難しい状況でも可能だったはずだ。そしてチームの成長をより速めてくれたはずだよ。結果としてはもっと長い期間で考えなければならなかったけれど、それは大丈夫だ。”とプレーツは語る。


ヘルタは投資家テンノーからの一億ユーロお金が予定通り10月末までに受け取れなかったことに対しては、“ラース・ヴィントホルストはこれまでにこのパートナー関係が2,3年で終わるものではなくて、10年以上にも及ぶものだと強調している。”と彼は語っている。そのため彼は1億ユーロを受け取る事に疑いを抱いてはいないようだ。




以上です。

ヘルタは投資を受けて資金が豊かになりましたが、今シーズンは7ポイントで12位とパッとしませんね。クリンスマン監督の解任劇など、いろいろとうまく行っていない感じがありますね。


[ 2020/11/16 21:12 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。