Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

元ドルトムントのヴァイグル!ベンフィカで控えに!!!ブンデスリーガ復帰か?

【スポーツビルト】

ヴァイグル!ベンフィカで不運!ブンデスリーガ復帰か?

Benfica334.jpg

昨年の最後の日に、ドルトムントはユリアン・ヴァイグルの退団を発表していた。このミッドフィルダーはドルトムントで4年プレーした後で、幸せを見つけるべくベンフィカ・リスボンに移籍したのだ。


スポンサーリンク



しかしヨーロッパリーグでプレーするこのチームにおいて、彼は控え以上の役割を担う事が出来ない。彼がこれまでのリーガ7試合で先発したのはたった1度だけだ。さらに国際大会においても、グラスゴー・レンジャーズとの試合(3:3)でのみ先発している。



ヴァイグルは2000万ユーロで移籍し、一大フィーバーを巻き起こしていたが、一年もしないうちに、その熱も冷めてしまったようだ。ポルトガルのスポーツ新聞、“Record”が報じた所によると、ヴァイグルは控えの役割を不運だとしている。クラブも選手も別々な道を歩むことで合意に至っているようだ。ヴァイグルの契約は2024年までとなっている。


同紙はヴァイグルのブンデスリーガ復帰を噂しているが、“カルチョメルカート”はヴァイグルのユベントス移籍について報じている。移籍金は2500万ユーロとみられているが、ベンフィカは2000万ユーロ以下での放出は全く考えていないようだ。


ヴァイグルのこの不運な状況は監督交代も関係している。元監督ブルーノ・ラージはこの元ドルトムントの選手を信頼して起用していたが、新監督のジョルジュ・ジェズスはそうではない。


一方でこの夏フライブルクからベンフィカに移籍したヴァルトシュミットはヴァイグルとは違ってレギュラーとなっている。彼はリーガで4ゴール、ヨーロッパリーグでも1ゴールを記録している。






以上です。

ヴァイグルは新監督の元でうまくいってないみたいですね。できるだけ早いうちに移籍できると良いですね。


[ 2020/11/18 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。