Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

元ドイツ代表!ドイツ代表監督を激しく批判!「レーヴ監督辞任のタイミングを完全に逃した!」

【Sportbuzzer】

ローター・マテウス!
“辞任する完璧なタイミングを逃した!“とレーヴを激しく批判!


Jogirerree.jpeg

ドイツ代表はフランス代表に0:6で敗れたが、これは尾を引いている。そして元ドイツ代表のローター・マテウスが口を開き、ヨアヒム・レーヴ監督を激しく批判している。


スポンサーリンク


ドイツサッカーの歴史においての最高点は2014年7月13日の事だ。ドイツ代表キャプテンのフィリップ・ラームがワールドカップをリオデジャネイロで高々と掲げたのだ。ドイツはその直前にアルゼンチンとの決勝で延長の末1:0で勝利していた。当時の監督はヨアヒム・レーヴだ。


しかしその6年後、2006年以来監督を務める彼は、非常に痛い敗戦を喫する事となった。そして0:6での敗戦はこの監督の将来に大きな疑問を投げかけている。ローター・マテウスにとっては、レーヴが辞任のタイミングを逃したことははっきりしている。


彼はスカイのコラムにおいて、“彼は自ら辞任する完璧なタイミングを完全に逃してしまった。それは2014年にワールドカップで優勝した後だ。”とマテウスは語る。そして“道を譲るにはこうした大成功の後が最高のタイミングだよ。”と続けている。



いずれにせよマテウスによると、レーヴはこのようなタイトルのボーナスを十分に味わい、さらに勝ちたかったのだろう、とのことだ。しかし大抵はそれに失敗してしまう。それはレーヴとて例外ではなかった。彼は2016年のユーロで準決勝敗退し、さらに2018年のワールドカップではグループリーグで敗退、その後ネイションズリーグでは無勝利で敗退だ。そしてスペインに0:6で敗れ、UEFAのファイナル4入りを逃している。


マテウスによるとドイツ代表のパフォーマンスは監督に大いに関係があるとのことだ。“もう監督は疲れているように見えるよ。彼の公の場での発言はもうはっきりしていないし、数年前の方が明らかに良かったね。そしてこれがフィールド上のチームにも現れているよ。”とマテウスは批判する。


しかしマテウスは、レーヴが辞任するとは思ってもいないようだ。“私はレーヴがユーロでもベンチに座っていると確信しているよ。でも彼のイメージと評判が今よりも悪くならないようにするには本当にやる事が沢山あるね。”と彼は語っている。



以上です。

まだこの先どうなるかは分かりませんが、確かに辞めるタイミングはいくつもありましたよね。2016年のユーロの後もそうですし、2018年のワールドカップの後もそうだったと覆います。

大抵は監督の方から疲れて辞めてしまいますが、レーヴはそうならないのはある意味凄いですね。

[ 2020/11/19 19:25 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。