ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》デ・ブルイネ シティーから週給38万ユーロか!!【移籍情報】


本日のビルトよりヴォルフスブルクの移籍情報になります。





ケヴィン•デ•ブルイネが巨額の給料を受給!


デ•ブルイネをめぐるクレイジー

entry_img_559.jpg

イングランドが伝えた所によるとこの選手は週給38万ユーロもらうようだ。


このケヴィン•デ•ブルイネの移籍をめぐるポーカーはもうただ事ではない。


このベルギー人は最低でも8000万ユーロでイングランドのプレミアリーグ、マンチェスターシティーへとに移籍すると見られている。


マネージャーのクラウス•アロフスはそれどころか幾つかの成功オプションをくっつけようとして交渉しているようだ。国際大会に出場すればさらに1500万ユーロ、優勝すればさらに2000万ユーロなど…


信じられない数字だ。


しかしまだこれだけではない!

イングランドの新聞が伝えた所によると、このヴォルフスブルクのフォワードは一週間で27万ユーロ稼ぐことになるようだ。(デイリーメール)

他の新聞によると、さらにこのベルギー人の給料は高くなり、なんと週給38万ユーロになるようだ。こうなると年俸がなんと2000万ユーロ近くになる。成功オプション抜きでこの値段だ!

スポンサーリンク


デ•ブルイネ•クレイジー!

20150828195036e05.jpg

これによってプレミアリーグにカムバックを果たした(2012ー2014までチェルシー、一年間ヴェルダーのローン移籍)デ•ブルイネの給料は彼の将来のチームメート、ヤヤ•トゥーレ(30万ユーロ)、アグエロ(32万ユーロ)らーの給料を大きく超えると見られている。

デ・ブルイネは給料に見合った活躍ができるだろうか?

このベルギー人はまだスタジアムにもやってきていないが、そのプレッシャーはものすごいものとなっている。



以上です。


ビルトはすでに移籍決定の記事を掲載しましたが、公式発表はまだですね。ヴォルフスブルク側が成功オプションを釣り上げようとしていることが原因だと考えられます。


ブンデスリーガ移籍金ランキング  ビルト発表
201508281950374e9.jpg

各リーガの移籍に支払った金額ランキング  ビルト発表
201508281950383d7.jpg



それにしてもえらい金額ですね。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_1910.jpg

大作曲家ベートーヴェンのお墓
お隣の国オーストリアのウィーン中央墓地にある皆さんご存知のベートーヴェンのお墓です。この近くにブラームスやシューベルトなど有名な作曲家のお墓があります。音楽がお好きな方は一度訪れるといいかも知れません。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/08/28 21:00 ] ヴォルフスブルク | TB(-) | CM(5)
No title
流石にこれは高すぎよねw
去年良かったのは事実だけどチェルシーの頃考えるとねー
[ 2015/08/28 22:54 ] [ 編集 ]
No title
アザールの3倍ぐらいの攻撃ステイタス獲得が必要?
[ 2015/08/29 00:25 ] [ 編集 ]
No title
ふだん、日本円で諭吉さんを大事に使って生活している身としては、8000万ユーロとか聞かされてもサッパリ実感がわかないのだが…

8000万ユーロって、108億4000万円…?!

さらに、週給38万ユーロってどれくらい?と思ったら…
5150万円!?

1週間で5000万円以上稼ぐんだ…。
毎月、家を買えるわ。←アフォみたいな想像。

ヴォルフスも、ソンを売ったレバクも、ビジネスとしてはとてもいい結果になった…ということですよね。
でも、デ・ブルイネに100億円超という金額、ホントかな?という気もしてしまう。
[ 2015/08/29 01:39 ] [ 編集 ]
No title
シティならアグエロやシルバもいるし、マンUや昔のチェルシーのような脳筋サッカーとは違うだろう。
[ 2015/08/29 15:53 ] [ 編集 ]
No title
たった1ヶ月ちょっとで日本の平均的なサラリーマンが鬱になりながら必死に稼ぎ出す生涯年収をこえるというねwww
[ 2015/08/29 21:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。