Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト鎌田!2アシストの活躍で高評価!ウニオンに3:3の引き分け!!

【ビルト】

ウニオン対フランクフルト 3:3

クルーゼ大活躍!



Kruse334.jpg


フランクフルト戦で3:3。ウニオンはこれで8試合無敗となっている。


しかしそれだけではなかった。開始早々ウニオンがもう勝者であるかのようなプレーを見せる。なんと開始5分9秒で2:0とウニオンがリードしたのだ。


スポンサーリンク


しかしフランクフルトがそこから巻き返し、なんと2:3と逆転する事に成功する。


しかしここで活躍したのがクルーゼだ!


82分:トリンメルからの横パスに対し、クルーゼは20メートルの距離からシュートを放ち、これがゴール右に決まって3:3と追いついたのだ。


“僕がこのようなゴールをすることはあんまりないね。これはもう楽しむしかないし、思わず笑顔になってしまうよ。”とクルーゼは試合後に語っている。


最終的にはこれまでにないぐらいの早いペースでリードしたにも関わらずウニオンがなんとかポイントを守る形になっている。ウニオンは開始2分に、15回目となるボールコンタクトからアンドリヒが決めて先制している。そして33回目のボールコンタクトでクルーゼが決めて2:0としていたのだ。


しかしアイントラハトもメンタルの強さを見せる。この前のシュトゥットガルト戦でも0:2から2:2まで追いついていたのだ。


しかし今回は追いつくまでには45分も必要としなかった。アンドレ・シルバが27分と37分にゴールをしたのだ。このポルトガル人にはベルリンの空気が合っているようだ。彼は6月にもヘルタ戦で2ゴールを挙げているのだ。現在市場価格が2800万ユーロの彼だが、これは常に上昇中だ。


“感情が交錯するクレイジーな試合だったね。”とシルバは試合後に語っている。“2:3の後で僕たちが勝つかと思ったんだけどね。だからゴールしたけれどちょっと悲しいよ。”とシルバは続けている。


アイントラハトは2:2とした後で鎌田のカウンターから逆転に成功していたのだ。鎌田からの横パスにフリードリヒは対処できず、それがドストに渡って3:2となったのだ(79分)。


“このような立ち上がりの試合では3:0や4:0もあり得たと思う。だから3:3で満足しないとね。”とドストは語っている。そして対戦相手のクルーゼに対して、“彼ともプレーしたけど、彼は本当にシュートがうまいね。夢のようなゴールだよ。”と称えている。


ウニオンでドッペルパックが決まったのは3月ぶりの事だが、クルーゼはチーム得点14点のうち、なんと10得点に絡んでいるのだ(5ゴール、5アシスト)。


クルーゼは先制しながらも、 “3点目を決めなければならなかったね。そうしたら勝てただろう。”とそれを無駄にしてしまった事に腹を立てている。しかし6位という順位に関しては、“僕たちはそれに見合うと思うよ。”と語っている。






以上です。


今日の試合では長谷部選手はベンチで出番がなく、負傷していたウニオンの遠藤選手はベンチ入りしませんでした。

試合前にはクルーゼと鎌田選手のトップ下対決にも注目が集まっていましたが、鎌田選手が2アシスト、そしてクルーゼが2ゴールという結果になっています。

鎌田選手は1点目と3点目をアシストしていますね。さらにビルトでは採点2と両チーム合わせてトップタイとなる高評価を受けています!




[ 2020/11/29 06:49 ] 鎌田 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。