Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!今シーズン未勝利のケルンに敗れてしまう!!選手はカメラから逃げる!


【ビルト】

ドルトムントのスター選手!カメラから逃亡!


favre889.jpg

もはやその無言の様だけがチャンピオンのようだ。


ドルトムントは、なんと3月以来未勝利だったケルンを相手に1:2で敗れてしまったのだ・・。


ケルンは2度のコーナーキックから得点し、ルシアン・ファヴレのチームはその際非常に愚かに見えた。


8分と60分にドゥダのコーナーキックから潰し屋のスキリが得点したのだ。


これは非常に恥ずかしい!!しかしドルトムント選手の試合後の対応はさらにこれ以上のものだった。

スポンサーリンク


ドルトムントの選手たちは、敗れた後で、テレビカメラから逃亡したのだ。


キャプテンのロイス、それからフンメルス、さらにドイツ代表のエムレ・ジャン、そして、アクセル・ヴィッツェルがテレビのインタビューに答えることを拒否したのだ!


BVBの広報担当者が記者会見に答える選手を探していたが、ロイスはそれを見ると姿を消している。


ドルトムントのプレーは悪かったが、その後黙ってしまったのだ・・・。


最終的にはチームで序列の低いフェリックス・パスラク(昨シーズン、オランダのシッタルトにローン移籍)が最初にインタビューに答えている。


このサイドバックの選手は失点の場面について質問されると、“その場面はもう一度チェックしないとね。僕はペナルティーエリア内にいなかったから。”と答えている。


このコーナーの失点に責任がある選手たちは、試合終了後、愚かなことに逃げ出してしまった・・。


途中交代から1:2となるゴールをあげたアザールもインタビューに応じたが、彼は、“二つのコーナーから同じ失点。もっと良く守らないと・・”と語っている。

パスラク、そしてアザールの他には失点の責任がないビュルキがインタビューに応じただけだった。


ルシアン・ファヴレ監督は、“本当にひどくがっかりしているよ。ホームでケルンに負けたんだからね・・。”と語っている。



この敗戦の原因の一つはエーリング・ハーラントだ。ここ数週間素晴らしい状態のこの20歳はアディショナルタイムにロイスからの100%のチャンスを外してしまったのだ・・。


ファンが少しだけ楽しめたのは67分にムココがプレーしてからだ。彼が途中からプレーするとドルトムントのプレーは勢いが増したのだ。


しかし彼一人でドルトムントを守る事はできなかった・・。




以上です。

また下位相手に敗れましたね・・。これまで今シーズン一勝もしていなかったケルンに敗れたのは本当に痛手です。バイエルンと1ポイント差でしたが、これで4ポイント差になってしまいた。


ファヴレは最初のシーズンから下位相手のポイントの取りこぼしを修正できませんね・・。


[ 2020/11/29 17:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。