Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツサッカー協会!レーヴ監督の続投を表明!スペイン戦での敗戦(0:6)を受けて!

【Spiegel】

ドイツサッカー協会決断!

レーヴ続投!


loevw.jpg


ヨアヒム・レーヴ監督の続投が決まった。ドイツ代表はスペインに0:6で敗れていたが、レーヴが2021年のユーロ大会を率いることが正式に決まったのだ。ドイツサッカー協会は、“今後も目標に向かって一緒に歩み、来年のユーロの準備に集中する。”と発表している。さらに“2019年にヨアヒム・レーヴ監督と新たな道を歩むことを決断したが、彼が残留する事で全員一致した。”と続けている。



スポンサーリンク


レーヴはすでに14年間ドイツ代表の監督を務めており、2014年のブラジルワールドカップでは優勝している。しかし2018年のロシアワールドカップで敗退してから、監督への批判が大きくなっていた。


レーヴ監督は、2021年のユーロにむけて世代交代を決断し、マッツ・フンメルス、ジェロム・ボアテン、そしてトーマス・ミュラーをメンバーから除外している。


レーヴはスペインに敗れた事でこれまでにないほど多くのプレッシャーを受けており、専門家やメディアが解任を訴えていた。しかしサッカー協会のボス、ビアホフの信頼がこの議論に終止符を打っている。レーヴの契約は2022年までとなっており、今回のユーロだけでなく、カタールワールドカップまでの契約となっている。


“代表監督はユーロ2021において、感動的なチームを作るべく、すべてにおいて対処するだろう。”とサッカー協会は伝えている。







以上です。


レーヴ監督の続投が正式に決まりました。はたしてドイツ代表はユーロ2021年までに復活するでしょうかね・・。

[ 2020/12/01 06:01 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。