Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ウスマン・デンベレ!バルセロナでついに開花!キャプテンマークを巻く!

【スポーツビルト】

デンベレ!バルサで開花!!


dembele22209.jpg


“ウスマン・デンベレは今シーズンのバルセロナの新加入だ。”とスペインの“ムンド・デポルティーボ紙”が水曜日にブダペストで勝利した後に評している。


このフランス人は、28分にゴールをあげて3:0としたのだ。これはPKだったが、ウスマン・デンベレこれを蹴ったという事実が、彼の立ち位置を表しているだろう。


スポンサーリンク


なぜならこの時はグリースマンなど他にもレギュラーの選手がいたのだ。それどころか、デンベレは65分に、クレマン・ラングレとセルジョ・ブスケツが交代した後でキャプテンマークを巻いているのだ。


少し前まではこのようになるなんて考える事も難しい様子だった。この元ドルトムントの選手は完全に蚊帳の外となっており、負傷しているか、そうでない時は不規則な行いで問題を起こすかだったのだ。その結果彼は放出候補となっており、スペインのメディアも売るならできるだけ早い方が良いという論調だった。


しかしメディアもデンベレに対してその見方を変えている。“ムンド・デポルティーボ”紙は“彼のパフォーマンスはこのゴールでも証明された。2018/19シーズンの序盤に見せた最も良かった頃を思い出させる。”と評しているのだ。



デンベレはシーズン初めこそ問題を抱えたものの、クーマン監督の下で6試合スタメンでプレーしている。そしてゴール、そしてプレーする喜びでそれに答えている。それどころか彼は責任を担えることを示している。リオネル・メッシ不在のブダペスト戦で、彼はバルサの攻撃を活性化させたのだ。


バルセロナではデンベレがようやく希望となるかもしれないという期待が沸き起こっている。彼は2017年に1億3000万ユーロでドルトムントから移籍してきたが、ネイマールの後を継ぐべきだとされていた。今ではネイマールどころかメッシの後を引き継ぐことが期待されている。


彼がこのパフォーマンスを続ければ、契約延長もあるだろう。彼の契約は2022年までとなっている。マンチェスター・ユナイテッドからの興味は知るところであるが、フリーでの移籍だけは避けたいとされているため、近いうちに動きがある可能性は十分だ。


デンベレはバルセロナでの将来を自分で握っている。






以上です。

デンベレは今シーズンは10試合に出場して3ゴール1アシストとなっていますね。プレー時間は443分となっています。


[ 2020/12/04 08:27 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。