Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

1ゴール1アシストの堂安律は「ビーレフェルトの英雄(ビーレヘルト)!」ドイツ紙

【ビルト】


マインツ戦で1ゴール1アシスト

ゲッツェの監督がこのビーレフェルトの英雄(ビーレヘルト)を勧める!


Doan1439.jpg


ビーレフェルトは今シーズン2勝目をあげたが、ウーヴェ・ノイハウス監督は同僚のロガー・シュミットに感謝しなければならない。

スポンサーリンク


2:1に終わったマインツ戦でこの日本人の堂安律はビーレフェルトで最も良かった選手だ。彼は21分に先制点をアシストし、さらに31分に自らゴールを決め2:0としている


これはアイントホーフェンの贅沢なスカッドに堂安の居場所がなかったために、シュミット監督がビーレフェルト行きを勧めたためでもある。


堂安は2018年にマンチェスター・シティの興味を引いているが、その勧めがなければビーレフェルトに移籍することはなかっただろう。


マッチウィナー堂安:“今日は3ポイント獲得し、さらに1ゴール1アシストという結果も残せてとても嬉しいですね。これでチームに自信も戻るでしょうし、チームを力づけてくれると思います。”


堂安は、チーム11本のシュート中6本も放っている。さらに彼は35回一対一に挑み、その数は両チーム最高だ。対人勝率も60%となっている。


ビーレフェルトは、堂安の買取オプションを有している。これはビーレフェルトにとって非常に良いディールだったようだ・・。






以上です。

Bielefeld(ビーレフェルト)とHeld(英雄)をかけてBieleheld(ビーレヘルト:ビーレフェルトの英雄)という造語が誕生しました。

ここの所日本人もすっかり定着しましたから、さすがにSushiが使われることはなくなってきましたね。

いずれにせよ堂安選手の活躍は嬉しい限りです。


[ 2020/12/06 17:52 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。