ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》マインツ武藤2ゴール! 独紙「日本のスター、マインツ初のムトー・ショー」


ブンデスリーガ第3節、マインツ対ハノーファーの試合が行われましたが、武藤選手の2ゴールを含め、マインツが3:0で勝利しました。今までも武藤選手に注目していたビルトが早速記事を掲載しましたので紹介します。





マインツ対ハノーファー 3:0


マインツ初のムトー・ショー


entry_img_563.jpg

この90分でマインツは多くのアジアのファンを獲得したに違いない。マインツがハノーファーを3:0で片付けた。


この試合の英雄:日本人の武藤嘉紀だ。

彼は今シーズン240万ユーロでFC東京から移籍してきた。彼の故郷では彼はアイドルで、女性にものすごく人気がある。ハノーファーに対して彼は自分が本当にサッカーすることができることを示して見せた。

開始15分には彼のマインツでの最初となるゴールをあげ、その後29分には追加点をあげた。



スポンサーリンク


201508300658037a6.jpg


ビルトの採点は"1"である。

武藤は特に日本からやってきた15人ものジャーナリスト達の注目を集めたが、彼が87分にピッチを去ると観客達は立ち上がった。そしてマルティン・シュミット監督は彼にお辞儀をしたのである。


マインツはすでに350万ユーロでドルトムントに移籍したパクとその後継者であるブスマン抜きで試合に臨んだ。このフランス人は土曜日にメディカルチェックを終えて26872人の観客とともに試合を観戦したのだ。彼はトップフォームにある武藤に加えて、相手チームよりも良いチーム、そして3つのゴールを見ることができてさぞ喜んだことだろう。

(中略:ハノーファの記事)

マインツはこれで2回目となる3ポイント獲得を祝った。しかしまったく不安がないわけでもない。中盤の選手であるフライが開始7分に負傷交代している。



【ビルトによる試合の採点】
マインツ

カリウス 3,バログン 3、ブンベルト 3、ベル 3、ベングソン 3、バウムガルトリンガー 2、クレメンス 2,サンペリオ 2、マリ 2、武藤 1

ハノーファー

ツィーラー 4、ゾルク 5,シュルツ 5,マルセロ 6、酒井 5、サネー 5、クラウス 5、プリプ 5、シュミーデバッハ 3、ベッヒ 5、ベンスコープ 5




以上です。


武藤選手、早速良い結果を出してくれましたね。ビルトも1をつけていますし、ベストイレブン入りもあるのではないかと思います。

岡崎選手と比べられるのも大変でしょうが、是非とも活躍を続けて欲しいですね。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_0480.jpg

フランケンワイン
ドイツワインの中では特徴的なボトルの形とともに大変有名です。ドイツワインもあちこちに産地があり、なかなか美味しくて人気があります。お試しになったことはありますか?


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/08/30 12:04 ] 武藤 | TB(-) | CM(6)
武藤にはCFとしてザキオカ以上のものを感じたわ
[ 2015/08/30 12:51 ] [ 編集 ]
相手が相手だけにね。。
競合相手にどれだけ粉糖出来るか見てみたい
[ 2015/08/30 15:08 ] [ 編集 ]
No title
酒井の事については触れられてはいないのでしょうか?
6と言うのはかなり残念な評価。
[ 2015/08/30 15:31 ] [ 編集 ]
武藤がCF・・・と思ったけど、サッカーっていろんな可能性があるんだな~おもしろい!

日本で売ってるドイツワインは甘いものが多いけど、フランケンは辛口なのでたまに買っちゃいます。ボトルもかわいいですね。
[ 2015/08/30 15:37 ] [ 編集 ]
酒井…
[ 2015/08/30 16:32 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
やっぱり、賢い選手だとつくづく思います。

ドイツワインは、シュタインヘーガーだったかくらいしか知りませんが、写真のワインも機会があれば飲みたいですね。
[ 2015/08/31 21:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。