Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

【CL】ドルトムント!ペテルスブルクに勝利しグループ首位が決定!ムココが史上最年少デビューを飾る!

【ビルト】
ドルトムント対ペテルスブルク、2:1
ドルトムントがグループ首位!ムココが史上最年少デビュー!


moukoko2092.jpg


プレーは悪かったが、グループ首位となり、さらにチャンピオンズリーグ記録を達成している。ドルトムントは、少ないパフォーマンスながらもペテルスブルク戦で最大の結果を得ている。


ドルトムントは、ロシアのチームを相手にピスチェク(68分)とヴィッツェル(78分)が得点し、2対1で勝利している。試合は16分にペテルスブルクのドリウッシが先制していた。ラツィオとブルッヘの試合は2:2で終わったために、グループFの首位がドルトムントで決定した!


スポンサーリンク


キャプテンのマルコ・ロイスは“DAZN”に対して、“非常にハードな戦いだったね。前半は二つか三つチャンスがあった。僕たちは相手にスペースを与えてしまい、プレー面でもあまりうまくいかなかったね。でも絶対にグループ首位になりたかったんだ。この2ゴールはあまり美しくはなかったけれど、泥臭い勝利だったね。”と語っている。


歴史が変わったのは開始58分の事だ。ユスファ・ムココが、弱々しいブラントと交代でプレーしたのだ。これによって彼はチャンピオンズリーグ史上最年少デビュー記録を更新している。


ムココは16歳と18日でデビューとなったが、これまで左サイドのレジェンド、セレスティン・ババヤロが1994/95シーズンに打ち立てた記録(16歳と87日)を抜き去っている。



しかしこの記録が達成されるまで、ドルトムントは相手にリードされる展開だった。


16分:ストルミンが右サイドを突破すると、アルゼンチン人のドリウッシにパスを送ったのだ。ドリウッシが放ったシュートはフンメルスにあたってコースが代わりゴールとなっている。


その後ドルトムントの攻撃はほとんどうまくいかない。まるで寝台車のようなプレーだ。ハーラントの不在の影響は明らかだ。


ドルトムント最大のチャンスは、前半終了の笛とほぼ同時に訪れた。マルコ・ロイスが、ペナルティー・エリア隅からシュートを放ったが、惜しくもゴール右ポストに当たっている。

これでロイスは、チャンピオンズリーグ1000分間ノーゴールとなっている。


ファヴレは58分にこれに対処し、ムココを投入する。彼はすでにブンデスリーガ史上最年少デビューを達成している。


その10分後にドルトムントは喜ぶこととなった。ロイスからのパスをフンメルスがシュートするも、キーパーに止められてしまう。しかしそのこぼれ球をピスチェクが決めて1:1としたのだ。


その直後にフンメルスは足の付け根を抑えて、交代を余儀なくされているが、ザガドゥーが代わりにプレーしている。


試合を決めたのは潰し屋のヴィッツェルだ。このベルギー人はペナルティーエリア付近から低めのシュートを正確にゴール左に決めている(78)。


その後は何も起こらず、ドルトムントのグループ首位が決まっている。





以上です。


ムココのチャンピオンズリーグ最年少デビューが見られましたね。ハーラントの負傷もあってか、思ったよりもプレー時間が長いですね。今度は得点に期待したいですね。



[ 2020/12/09 18:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。