Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

南野フル出場!クロップ監督は、今後も中盤での起用を示唆!

ミラー】
リヴァプール!クロップ監督!南野の今後の起用法を示唆!!


minaminoklopp.jpg


南野拓実は1月にリヴァプールに来て以来苦労している。ユルゲン・クロップ監督は、チャンピオンズリーグで、これまでとは異なったポジションで南野を起用している。

南野拓実は、移籍してからほぼ12か月になるが、ユルゲン・クロップのチームで居場所を掴むのに苦労している。


スポンサーリンク


南野は昨年のチャンピオンズリーグでアンフィールド好印象なプレーを見せたが、その後1月にザルツブルクからリヴァプールに移籍している。


この日本のエースは本来攻撃的なポジションとして獲得されたが、クロップの下でスタメンを勝ち取る事が出来ず、さらにこの夏に獲得されたディエゴ・ジョッタにチーム序列で抜かれてしまっている。


しかしもしかしたら彼は新たな役割を見つけたかもしれない。ユルゲン・クロップは南野が今後も中盤でプレーする可能性を示唆したのだ。


南野はチャンピオンズリーグ、グループリーグ最終戦となったミッティラン戦で南野をナビー・ケイタ、そしてクラークソンと共に中央のポジションでプレーしている。



彼の仕事はボールを前へと運んで、前線の3人をサポートする事だ。彼は最後の最後に勝利を掴んだかのように思われたが、彼が決めたゴールはオフサイドとなっている。


南野にとってはこのポジションでプレーするのはこの前のプレミアリーグでのブライトン戦に続いて2戦目の事だった。


彼はこの試合ではほとんど後ろに下がる事が多かったが、クロップは南野のこのポジションでの成長を称えており、将来的にもこのポジションで起用する可能性を示唆している。


クロップは、“前半と後半とではまったく違ったものになったね。私は前半で見せたサッカーが好きだよ。特に大きく変わったチームが今晩見せた点においてね。”と語っている。


“選手たちがプレーした様子、それから適応する様子を気に入ったよ。南野拓実がこのポジションでプレーしたのはまだ2回しかない事は忘れてはならないよ。ブライトンで一度プレーしているが、今夜はすでに向上が見られたね。”


“私は前半に見せたチームが好きだね。本当に大きなチャンスがあった。もしくはチャンスに近いものがあったね。ちょっと英語で何と表現するのが正しいのかわからないけれど。もっと良くそれを利用する事も出来ただろうけれど、こうした瞬間が沢山あったのは良かったよ。”


“ビッグチャンスはもっと利用する事が出来ただろうね。何とかしたかったけれどうまくいかなかった。”


クロップは南野の認められなかったゴールに対してはフラストレーションを溜めている。リヴァプールはすでにグループ首位が決まっていたが、それによってこの試合での勝利がなくなってしまったのだ。


クロップは、“見返してはいないけれど、すごく時間がかかっていたね。寒かったしハードだったよ。私はVARには賛成だと言ってきたけれど、これからもそう言うかどうかはわからないね。”と語っている。




以上です。


南野選手のゴールが認められなかったのは残念でしたね。しかしクロップは南野選手の中盤での起用法に良い印象を持ったようですね。前線でも中盤でもどちらでもできるとプレーするチャンスが増えそうですね。


[ 2020/12/10 18:08 ] 南野 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。