Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ルシアン・ファヴレ監督がまだ首にならない理由とは?

【ビルト日曜版】


ファヴレが首にならない二つの理由!

favre32.jpg

チャンピオンズリーグに出場したチームは疲れているのだろうか?


勝利したのはライプツィヒだけだ。バイエルンとグラートバッハはそれぞれ、ウニオン、そしてヘルタ相手に1:1と引き分けている。そしてドルトムントだ!

スポンサーリンク


ドルトムントは昇格チームのシュトゥットガルトに1:5で敗れているが、これはドイツ代表対スペイン代表の0:6にある意味匹敵するものだ。ヴァツケ会長が何を思っているのかはまだ隠されたままだが・・・まあしばらくそのままであった方が良いだろう。


そしてレーヴ代表監督と同様にファヴレも引き続き監督を続ける事となっている。


レーヴがユーロ出場を達成したように、ファヴレもチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出という目標を達成している。そのために即解雇はなくなっているのだ。


そしてもう一つ理由がある。代わりがいない事だ!さすがにドルトムントを守るためにユルゲン・クロップが戻ってくるとは誰も夢見てはいないだろうが、ドイツ語を話す監督でフリーなのはラルフ・ラングニックぐらいしかいないのだ。そのためドルトムントはなんとかして来年夏まで、ファヴレに続けてもらうつもりなのだ。


まあそれも悪くはないだろう。悪いのはなにも監督だけではない。それともシュトゥットガルトを相手に守備をしないというのはファヴレの指示だろうか?中盤でボールを失うというのも彼の指示だろうか?負傷したハーラントの代わりになるストライカーがいないのは何より幹部の責任だ。


まあこれからどうなるかはわからないが、いずれにせよドイツサッカー協会とドルトムントはこの夏に向けて新たな監督を探すだろう。






以上です。


まあ代わりがいないというのは問題ですが・・・。果たして夏にきちんと決断できるでしょうかね・・。数試合で快勝して、下位に敗れるというのはずっと繰り返して、そのままずるずる来ているので。

一方で感心するのはライプツィヒのナーゲルスマン監督ですね。チャンピオンズリーグも決勝トーナメント進出を決めましたし、ブンデスリーガでもバイエルンと同ポイントで2位となっています。

ちなみにドルトムントは19ポイントで1位に5ポイント差の5位になってしまいました。その後にはウニオン、シュトゥットガルト、グラートバッハが17ポイントで続いています。

[ 2020/12/13 18:47 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。