Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント会長!ファヴレ解任後にコメント!「暫定監督を信じている!」

【スポーツビルト】


“我々がテルツィチを連れてきたのは、こうした時のためだ!!”

watzke1.jpg


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはルシアン・ファヴレ監督を解任した次の日に、ビルトの編集長マティアス・ブリューゲルマン、そしてその代理のカルリ・ウンデルベルクの質問に答えている。



スポンサーリンク


ヴァツケはファヴレの後任である、エディン・テルツィチを信頼している。“エデンを2018年に獲得したが、その時、すでにこうした状況を想定している。我々は彼がこの仕事をこなすと信じている。だからこれはハンスィ・フリック監督を起用したミュンヘンの真似をしているわけではないよ。”と彼は語る。


このクロアチア人の契約は次の夏までとなっているが、契約延長の可能性はあるようだ。“サッカー界の動きはダイナミックだ。我々は彼と6月30日まで契約しているが、オプションはあるよ。”と彼は語っている。


また次の夏の獲得候補と噂されるグラートバッハのマルコ・ローゼ監督については、発言を控えている。“新聞に書いてあることは読んでいるけれど、事実ではない噂もあるよ。実際のところ彼が解除条項を有しているかもわからないんだ。”


一方、かつてドルトムントで監督を務めたオットマール・ヒッツフェルトが候補になるかという質問に対しては、“いいえ”と即答している。



またヴァツケはルシアン・ファヴレの解任が決して簡単ではなかった事を語っている。


“本当に苦しいよ。ここ10年では解任というはそれほど多くはなかったしね。ルシアンはここで良い仕事をしたし、2位になっている。彼には個人的に感謝を言いたかったんだけれど、連絡が取れないんだ。もしかしたら、今は電話が沢山なっているのかもね。”




以上です。


いったいどういった理由で解任になったか、具体的な話を聞くことはできませんでしたね。ここ10年で首になった監督は、トゥヘル、ボシュについて3人目ですね。シーズン途中での解任はボシュに続いて二人目ですから、まあ多くはないという事になるのでしょうか・・。
[ 2020/12/15 05:55 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。