Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

「リヴァプール南野はシャキリから学ぶべきだ!」海外メディア

【Fansided】


南野拓実はシャキリから学ばなければならない!!!



minamino76.jpg


リヴァプールの南野拓実は、シェルダン・シャキリから学ばなければならない。この日本代表選手は、今から約12か月前にザルツブルクからリヴァプールへとやってきている。しかしこのポジションでプレーするとは思ってもいなかっただろう。


スポンサーリンク


南野はおそらくクロップの最前線に割り込むことが簡単ではない事は予想していただろう。しかしスカッドを見た時に、状況によってフィルミーノやマネ、サラーを補うという可能性は感じていただろう。そして南野はできればそのチャンスを欲していただろう。


おそらくシェルダン・シャキリもストークからリヴァプールに来たときに同じような事を思ったのではないだろうか。しかしそれから3シーズンが経過しても彼のキャリアは期待していたようにはいっていない。


シャキリが来て最初のシーズン、クロップはシャキリにとって新しい事を試している。クロップはこのスイス代表選手を中盤で起用したのだ。しかしシャキリはクロップの戦術を守る事が出来ず、前半で下げられる事となったのだ。


クロップはこれと同じ起用を南野でもやっている。


この日本代表選手はプレミアリーグのブライトン戦とチャンピオンズリーグのミッティラン戦で中盤でプレーしたのだ。



ブライトン戦では彼はいくらか苦労していたが、デンマークのチームを相手に、そのプレーは向上しており、最終的には監督からの賛辞を得ている。


ミラー紙はクロップの以下の発言を引用している。“南野拓実がそこのポジションでプレーしたのは2度目だ。ブライトン戦は異なる試合だったが、今夜はそれよりもずっとよく見えるよ。”



クロップはシャキリを中盤で起用して、スペースを作り出そうと考えたが、それがうまく機能する事はなかった。そのためそうした起用はほとんど見られなくなっていた。


どんな選手がいようともサラーが右サイドではファーストチョイスである事は変わらず、南野もシャキリと似たような状況にある。


しかしこの元ザルツブルクの選手がシャキリから学び、ミッドフィルダーの役割をこなすことができれば、前進する姿が見られるかもしれない。



南野のプレー時間が増えれば増えるほど、彼もチームに適応する。それは彼が前線でチャンスを得たときの役に立つはずだ。




以上です。



アメリカのスポーツメディアが、南野選手の状況に関する記事を掲載していましたので紹介しました。南野選手はミッティラン戦の次のフラム戦では守備のマティップに代わって後半開始からプレーしています。



[ 2020/12/15 17:19 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。