Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント新監督テルツィチとは?スカウト出身で香川の獲得にも関与!!

【RTL】

エディン・テルツィチ!これがドルトムントの新監督だ!

teryic1.jpg


新監督だが、古くからいる存在だ!



火曜日の夜にエディン・テルツィチが新監督としデビューする。対戦相手のブレーメンのコーフェルト監督は“彼が監督としてチームでどのような仕事をしているのかを知るすべはなかったよ。”と強調している。なので当紙がこの38歳の監督について紹介しよう。


スポンサーリンク


テルツィチが生まれたのはドルトムントのスタジアムから車で30分程の所にあるメンデンだ。彼はユーゴスラビア移民の両親の下に生まれたのだ。彼は2010年にはドルトムントのスカウトとして働いており、その後ハネス・ヴォルフ監督の下でU17,U19で助監督を務めている。


スカウトとしては彼は良い仕事をしている。彼がスカウトとして在籍している間、ロベルト・レヴァンドフスキー、香川真司、イルカイ・ギュンドガン、イヴァン・ペリシチ、マルコ・ロイス、ヌリ・シャヒンが獲得されたのだ。


テルツィチがU16で責任を担うようになった後、2013年にスラヴェン・ビリッチが彼を助監督としてベシクタシュ・イスタンブールに呼んでいる。そこで彼らは2度リーグ3位となり、2015年にはヨーロッパリーグでベスト16に進出している。


ビリッチはそれ以前にテルツィチの事を知っていた。テルツィチは2012年のユーロ、クロアチア対アイルランド戦の分析を担当したのだ。当時代表監督だったビリッチはそのテルツィチの仕事ぶりに感心したのだ。


2015年にはビリッチ、テルツィチのコンビはプレミアリーグに移る。そしてその後二人の行き先は分かれる事になる。テルツィチは2018年にドルトムントに戻り、助監督に就任している。


選手としては、テルツィチはトップリーグには到達していない。この攻撃的選手にとっては地方西リーグ(4部)が最高だ。彼は2008/2009にクロッペンブルクで31試合に出場し7ゴールを挙げている。最後のゴールはドルトムントⅡを相手に挙げたものだった。


彼はブンデスリーガの監督に就任する事となったが、まずは暫定監督だ。でも誰にそれが分るだろうか?もしかしたら、大学でスポーツ科学を学んだ彼がドルトムントの歴史を続ける事になるかもしれない。いずれにせよ彼のドルトムント愛がそれを助ける事になるだろう。


彼はファンからは受け入れられるだろうとみられている。これでスポーツ面での結果が出れば、ドルトムントは、チームを体現する監督を得る事になるかもしれない。






以上です。

新監督テルツィチについての記事がありましたので紹介しました。

地元出身という事で、ドルトムントに対する思い入れは強そうですね。昨日行われたブレーメンとの試合では2:1で勝利を飾りました。フリックもナーゲルスマンも暫定監督から始まっていますから、テルツィチにもチャンスはあるかもしれないですね。



[ 2020/12/16 17:16 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。