Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ファヴレ監督が解任になった本当の理由とは?

【ビルト】

ファヴレ解任の本当の理由!


Favre31.jpg


土曜日にファヴレのドルトムントにおける章は終わりとなった。



シュトゥットガルトに1:5で敗れた後に、彼は解任を告げられたのだ。スポーツビルトの情報によると、監督は100万ユーロの違約金を受け取るとされている。


スポンサーリンク


しかしいったいどうしてこのような結果となったのだろうか?ドルトムントはヘルタに5:2と快勝した後でブルッヘを相手に3:0で勝利している。しかしその後ファヴレは降格候補のケルンを相手に1:2で敗れている。この敗戦後、ファヴレは、チームから徐々に支持されなくなったようだ。


▶フォワードの間違った起用

ファヴレはハーラントの離脱の後で、ストライカーを起用する事をしなかった。代わりにマルコ・ロイスが2度、それからブラントとアザールが1度ずつそのポジションでプレーしている。だが彼らは皆ミッドフィルダーだ。


▶間違ったシステム

またファヴレはケルンに負けた後で、驚くべきことにチームを3バックに戻している。彼はリーガ第4節以降はこれを採用していなかったのだ。チームは低く守る相手に対して、4バックの方のが明らかにやりやすそうだった。


▶間違った交代

また交代のタイミングが遅すぎる事も問題視されていたようだ。ファヴレはフランクフルト戦での前半が良くなかったにもかかわらず、後半から選手を交代している(ムココ)。シュトゥットガルト戦では調子が悪かったエムレ・ジャンとジュード・べリンガムを60分に下げている。


▶コミュニケーションの問題

ファヴレは10月にキーパーのビュルキを控え扱いしたが、それによってクラブは頭を抱る事となった。ファヴレは選手とコミュニケーションを取らないだけでなく、幹部ともそれが出来ていなかったようだ。彼はムココをベルリンに連れて行くかどうかに関して、ツォルクにさえもそれを明かさなかったとされている。


またこの16歳の起用法も疑問を投げかける結果となった。ファヴレは頑固さを貫きこのタレントを一度もスタメン起用しなかったのだ。








以上です。

モチベーションタイプでない監督は、結果がついてこないとチームがあっという間に離れてしまいますね。


まあハーラントが離脱してしまったのが大きな誤算でしたね。そこでムココをすぐに起用していれば良かったのかもしれませんが、まだ16歳ですから無理は禁物ですし・・・。いずれにせよドルトムントのようなクラブでセンターフォワードの控えがいないのは問題ですね。まあこれは今に始まった事ではないんですが・・


[ 2020/12/17 05:54 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。