Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

レヴァンドフスキー!FIFA最優秀選手に!最優秀監督はクロップ!

【ビルト】

レヴァンドフスキーがFIFA最優秀選手に!!監督はクロップ!

lewalewanira.jpg

バイエルンのハンスィ・フリック監督にとっては残念だ!!


今日の夕方、FIFAが最優秀選手、最優秀監督、そして最優秀ゴールキーパーを発表した。最優秀監督の有力候補はバイエルンのハンスィ・フリック監督だとみられていた。この監督はチャンピオンズリーグ優勝を含めトリプルを達成していたのだ。しかし最優秀監督の座はユルゲン・クロップ監督に奪われている。クロップは、リヴァプールで30年ぶりのプレミアリーグ優勝を果たしたのだ。



スポンサーリンク


この結果にはフリックもクロップも驚いたようだ。クロップにとっては2019年に続いて2度目となるが、“私はベストな監督ではないけれど、賞をもらったよ!”と語っている。

クロップはプレミアリーグ優勝を達成したが、“我々が30年も夢見ていたという事はさすがにないが、ここ数年はそうだったね。この夏優勝が決まったけれど、本当にすごかったよ。すごく特別な1年だったね。それがポジティブではなかったのは残念だよ。”とコロナについても語っている。


一方、最優秀監督賞とは異なり最優秀選手賞ははっきりしていた。ロベルト・レヴァンドフスキーだ。このポーランド人はバイエルンで5つのタイトルを獲得し、さらにリーガ、ポカール、チャンピオンズリーグで得点王に輝いているのだ。


レヴァンドフスキーの他には、メッシとロナルドもノミネートされていた。しかしビルトは誰が勝つかすでに分かっていた。ロベルト・レヴァンドフスキーだ!


ビルトはFifaのインファンティーノ会長がミュンヘンの空港にいるのを目撃していたのだ。レヴァンドフスキーに直接トロフィーを渡すためだ。今回の表彰式はコロナのためビデオ中継となっていたが、それでも重要なトロフィーだけは手渡しする予定となっていたのだ。


過去には、バイエルンのルンメニゲが、FIFA最優秀賞の受賞を中止しないようにインファンティーノ会長に呼び掛けていたという経緯がある。その後でFIFAはこの受賞を決断したのだ。


これはレヴァンドフスキーにとっては待ちに待った受賞だ。彼はこれまでも何度もその候補とされていたが、大きなタイトルが欠けていたのだ。しかしバイエルンでトリプルを達成し、さらにチャンピオンズリーグで15得点した事で、ようやくその時がやってきたのだ。


スカイの解説者、ローター・マテウスは、“レヴァンドフスキーが最優秀選手に選ばれないのなら、この先FIFAを信じないよ。バイエルンで5つのタイトルを獲得し、リーガ、ポカール、チャンピオンズリーグで得点王になっているんだからね。これ以上があるだろうか?これ以上はないよ!”と語っている。


レヴァンドフスキーはこの授賞式の前に、“最後の3人に残り、チャンスを貰えて嬉しいよ。光栄だね。プレッシャーは感じていないよ。”と語っている。それは彼がこの受賞を確信していたからでもあるだろう。


この授賞式において、バイエルンはもう一つの賞を獲得している。マニュエル・ノイアーがアリソン・ベッカー(リヴァプール)、オブラク(アトレティコ)を抜いて受賞したのだ。ノイアーにとっては2013、2014、2015、2016に続いて5度目の受賞となる。“この一年は僕のキャリアにおいてもベストな一年だったよ。このチームで達成できたことは本当に素晴らしいね。”とノイアーは語っている。




以上です。


FIFAの受賞が決まりました。ドイツではバイエルンのトリプル達成が期待されていましたが、監督はクロップでしたね。レヴァンドフスキーの受賞は本当に嬉しいですね。バロンドールがなくなってしまったのは本当に残念ですが、来年の活躍にも期待したいですね。


[ 2020/12/18 05:15 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。