Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

久保とレイニエル!レアル・マドリッドの移籍政策が失敗した二つの例!!!

【Fichajes】

レイニエルと久保!マドリッドの移籍が失敗した二つの例!


kubovirral.jpg


この二人の選手は、二人とも十分なプレー時間が得られていない。そのため現在所属するチームから予定より早くレアル・マドリッドに戻ってくるかもしれない。

スポンサーリンク


レアル・マドリッドは前回の移籍市場において、二人の将来有望なタレントをローン移籍させる決断をした。その結果久保建英がビジャレアルに、そしてレイニエルがドルトムントに移籍している。現在18,19歳の彼らはジダン監督の下ではまだプレー時間を得るには至らないが、移籍先で定期的にプレーし、実戦経験を積むべきとされていたのだ。


しかし現実は期待ほどではなかった。レイニエルも久保もその所属先で、どちらかと言えば控えの役割に回り、そのためにレアル・マドリッドはローン移籍を予定よりも早く解除しようと計画している。レアル・マドリッドはシーズンの後半戦で彼らが所属する移籍先をスペイン1部、もしくは国外で探しているところだ。


レアルのこうした移籍が失敗した例は他にもある。その例としてはアンドリイ・ルーニンがここ2年間で経験した事が挙げられるが、これはレアル・マドリッドのやっている事が必ず成功するわけではないという事を示している。例外はマルティン・エーデガールだ。レアル・マドリッドはプレー時間が少ないために移籍させた選手達の状態をしっかりと見定める事ができず、これがレアル・マドリッドでの将来を難しくしている。






以上です。


ヨーロッパリーグがひと段落してから久保選手のプレー時間が少なくなった事もあり、移籍打ち切り報道が過熱してきましたね。ドルトムントに移籍したレイニエルもプレーしていませんが、これに対してドルトムントはローンを打ち切るつもりはないと言っています。



[ 2020/12/24 18:15 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。