Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト!鎌田のアシストでレヴァークーゼンに勝利!今年初戦を白星で飾る!

【ビルト】

フランクフルト!オウンゴールで勝利も、ボビッチはプレッシャー!

kamada0013.jpg


将来的には相手の助けではなく自らゴールしたいものだ・・・


フランクフルトは今年最初の試合、レヴァークーゼンを相手に2:1で勝利した。


これはオウンゴールによる勝利だ。レヴァークーゼンのタプソバが鎌田の低いクロスをクリアミスしオウンゴールとなってしまったのだ。このセンターバックはアンドレ・シルバによるゴールを阻止しようとしたが、それがゴールにつながってしまった・・。


スポンサーリンク


しかしフランクフルトの脅威はまもなくこのポルトガル人だけではなくなる見込みだ。バス・ドストがこの冬予想に反してブルッヘに移籍してしまったが、フレディ・ボビッチはすでにその後継者を探しているのだ。


センターバックのマルティン・ヒンターエッガーはこれに対して幹部にプレッシャーを与える発言をしている。


ヒンターエッガー:“バスがいなくなって残念だよ。でも新しい選手を楽しみにしているよ。僕たちを助けてくれる選手を期待しているよ。”


フランクフルトのヒュッター監督はビルトの質問に対して、“我々はプレッシャーをかけられているわけではないし、マルティン(ヒンターエッガー)だってそう思って発言したわけではないよ。でもストライカーが来たらそれは良い事だね。でも冬の補強は難しい事は忘れてはならないね。何人か候補はいるよ。”と語っている。


ボビッチSDはいったい誰を連れてくるのだろうか?当紙の情報によると、3人の候補がいる。バイエルンのタレント、ジョシュア、ザークツィーが買取オプションなしのローンで来ることは可能だろう。日曜日のマインツ戦でこのオランダ人はメンバー入りしていない。


ボビッチはこのオランダ人に対して、“彼はすごく良い若手だし、ポテンシャルも物凄いよ。我々がまさに探している選手だ。でも候補は彼一人だけではないよ。”と語っている。




以上です。

ドストがいなくなったのには驚きました。鎌田選手はここ最近先発を外れていましたが、この試合ではオウンゴールを誘ったパスにアシストが付いてシーズン7アシスト目となりました。これでフランクフルトは2連勝で8位に浮上しました。





[ 2021/01/03 19:39 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。