Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

BVBシュメルツァー!最後の半年!負傷から復帰せずにクラブを去る可能性も!

【西ドイツアルゲマイネ】


BVBスター!相応しくないお別れの可能性!


Erhaelt-eine-Pause-Marcel-Schmelzer-1567092.jpg


マルセル・シュメルツァーが、彼にそぐわない別れを迎える可能性がある。このドルトムントのレジェンドはもう一度復帰してプレーできるだろうか?

スポンサーリンク


すでにファンはいないが、それどころかお別れ試合さえできずに、ドルトムントでの13年間を終える可能性がでてきた。

この32歳は昨年夏に膝を手術した後で、ここ数か月リハビリと戦っている。しかし最近リハビリで再び状態が悪化してしまったのだ。

そのためシュメルツァーが少なくとももう一度プレーできるほど回復するかどうかもわからない状況となっている。シュメルツァーはお別れとなるプレー時間を得るに相応しい存在だ。


彼はボルシア・ドルトムントで367試合に出場し、これは記録となっている。彼は2008年から2013年までのタイトル獲得、チャンピオンズリーグ決勝を果たした伝説的なチームのメンバーだったのだ。



彼はファンのイコンであるデデからポジションを奪ったにもかかわらず、ファンからの思いは熱い。それどころか彼はキャプテンも経験したのだ。しかしお別れ試合を得られずにドルトムントを去る可能性がある。


シュメルツァーが復帰に向けて戦っている事をツォルクは明かしている。“マルセルはチームのトレーニング場のそばでリハビリに励んでいるよ。もちろん彼にとってはフラストレーションが溜まるね。”とツォルクは語った。








以上です。

ピスチェクも今シーズン後に引退する見込みですから、優勝メンバーはとうとうフンメルス一人だけという事になりそうですね・・・。本当に寂しいものです。できれば今シーズンが終わるまでにコロナが収まって観客の前でプレーしてほしいですが、観客に関しては厳しそうですね。

ドイツは11月からロックダウン・ライトを始めましたが、じょじょに締め付けがきつくなっています。

[ 2021/01/06 08:21 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。