ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川ファン必見!ここ最近の香川真司スレッドより②《ドイツ香川ファンの反応②》

香川真司スレッドより、ここ最近の反応の全翻訳第2弾になります。今回はノルウェーのオッズBK戦以降の反応になります。


グラートバッハ戦以降の反応はこちらです。



entry_img_570.jpg



【オッズ戦後】 4:3 香川1ゴール1アシスト


ハイライト動画




・彼は僕にとっては今日はベストの選手だった。今日のレベルがこれからも続くことを願っているよ。




・僕も今日の彼は特に気に入ったね。今回も素早く、良いパスを送ってくれた。彼のパフォーマンスは常に上向きだね。



・今日は彼のゴールも良かったよ。すごいテクニックだった!!!僕らの素早いシンジは本当に良かったよ。気に入ったよ!これからもその調子で!!



・本当に長いあいだ待たなければならなかった。でも彼は徐々に昔の姿に戻りつつある。



・↑本当にその通りだ。毎回良くなっているよ。



・前半は普通かそれよりも悪いできだったね。後半はとても力強かった。他の同僚達と同様に明らかにかわったね。前半のパフォーマンスがあまり良くなかったから、1ゴール1アシストだけど、2.5ぐらいが妥当かな。良かったけど、ミキやシュメルツァーほどではなかったね。(バイエルンファン)



・↑まあそうだね。でもシンジは基本的に良い方向だ。彼のプレーは明らかに良くなっているよ。



・僕にとっては彼は最初から一番安定しているように見えたよ。やっと良いクロスだ!!そしてやっとゴールだ!!!!


彼にはチームで重要な存在だという何かが欠けているんだ。彼にゴール前で危険な匂いを発揮することがない。



・香川が90分息切れをおこさなかったのが嬉しいね。毎回良くなるよ。



・僕は彼のゴールを特別に喜んでいる。彼はここ最近は不運だったと思う。ゴールはオフサイドで取り消されたり、100%のチャンスを決めれなかったりね。僕は彼を縛っている結び目がもう一度解けてくれることを願っているよ。



・僕はこの流れるような動きからのパスが凄いと思っている。試合を素早くしたね。





これに続くことを願っているよ。



・↑これは本当に素敵だった!!!シュメルツァーに続いて彼は最高のボルッセだった。


スポンサーリンク


201508240455587cc.jpg


【インゴルシュタット戦後】  4:0 香川1ゴール

ハイライト動画




・今日は前半からすでに良かったね。何度かチャンスをアシストしたよ。彼は昔の姿に戻る道を見つけたみたいだね。嬉しいなあ。



・すごかったね。あのゴールは少しばかり昔みたいだったよ。



・これでようやく報われたね。すごく嬉しい。




・今日のゴールは昔の香川の姿を思い出させるものだった。でもその場面ではオバとホーフマンも良かったね。そして香川の素晴らしいシュートだ。



・彼は徐々に昔の姿に戻ってきているね。彼のシンジられないようなボールの扱いや、動きの正確性はいつものことだけど、最近ではなんというか嗅覚が戻ってきたみたいだね。彼の創造性に輝いているよ。彼が最初の2シーズンのように圧倒的になったら、僕らはデ・ブルイネを持つことになるね。


今日のゴールもベストの時のようだったよ。本当は大したことない威力のシュートだけど、その前のペナルティーエリアでドリブルしてシュートという動きは予想していなかった。みんな反対側のゴール隅に蹴ることを予想していたからね。


彼は僕の一番のお気に入りなんだ。今後もこの様にプレーしてくれることを願っているよ。



・僕は本当に良い10番になるまでにはもうちょっと時間がかかると思うね。彼は単に継続性がないんだ。特に前半は僕には何の印象も残さなかった。僕は彼のフィジカルがとても弱いことが気になったよ。それどころか一対一でもない状況で出すただのパスでよろけているみたいだった。


でもゴールは非常によく考えて打ったものだったね。それでもこの重要なポジションにおいては、さらなる向上と継続性が必要だと思うね。(ファン非表示)




・誰も彼がお空のお星様のようにプレーしたなんて言っていない。採点もだいたいは2.5だ。特に言及することもないけど、十分に満足できるパフォーマンスといった所だ。今の所はまだ継続性が足りないけど、彼が上向きであることは明らかだよ。ストライカーとしてのオバとの連携は良いし、僕らの落ち着いたプレースタイルが彼にはあっているようだね。




・彼は本当に毎回良くなっているよね。僕はとても楽天的だから、まあ彼が怪我しないでくれたらシーズンの最後までには昔の姿に戻ると思うよ。



・↑シーズンの終わりじゃあ、少し遅すぎるね。僕らは難しい目標に向かっているけど、それを達成するためには、良いだけじゃなくて、とても良いパフォーマンスが必要なんだ。



・僕らが優勝した時のように“昔の香川”を見ることはもうないだろうさ。僕らのスタイルもそうだし、相手のスタイルもすごく変わったんだから。それによって彼も成長しなければならないんだ。彼はそれをうまくやっているよ。サム・アップ!



僕は本当に良い10番になるまでにはもうちょっと時間がかかると思うね。彼は単に継続性がないんだ。特に前半は僕には何の印象も残さなかった。僕は彼のフィジカルがとても弱いことが気になったよ。それどころか一対一でもない状況で出すただのパスでよろけているみたいだった。


↑この意見だけど、そもそも香川や、10番のポジションに、フィジカルにおける存在感のような物は必要なんだろうか?僕はそうは思わないね。ボールの扱いや、トラップなど優れた能力があれば、これはそんなに重要ではないよ。


それとは別に、僕は香川が一対一で特別に弱すぎるとは全然思わないね。特に今日の試合では僕はまったく反対の意見だよ。それどころか何度も驚かされたと言うのが正直な所だ。彼がどんなにうまく一対一に臨むか、そして良い結果をもたらしたという事にね。そして彼がすでに強いパスを出した後だったら、彼がそのあとつまずいたりした事は全然重要じゃないよ。(勿論ワンタッチ・パス以外でだけどね。でもそれだって先週のオバメヤンとの連携同様、今日も素晴らしかったよ。)


いずれにせよ、香川は僕にとっては偉大な戦術家でありプレーメーカーだ。昨シーズンではバイエルン戦でこういう姿を見ることができたし、グラートバッハ戦でも良かった。彼は絶対に一対一に挑まなければならない、という事はないんだ。彼はポジショニングやパスコースによって、または早めにボールを奪ったりすることで相手の選手を遮ることができるんだからね。


今までは継続性が欠けていたわけだけれど、それはそのとおりだったと思う。でも彼は最近ではいつも手堅くプレーしているね。いつも天才的ではないけど。彼はチームの中で機能しているんだ。もし彼が今のミキタリアンやロイスのように圧倒的になったら、もう贅沢というもんさ。

20150824045557091.jpg
ヴァイグル選手のFBより





以上です。


2回めはこの辺で。


次はインゴルシュタット戦の残りのコメントとホームでのオッズ戦の反応を取り上げます。

それにしてもオッズ戦初戦は面白かったですね。少しハイライトを見ましたがまたその時の興奮が蘇ってきました。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_2253.jpg

ドレスデン近郊にあるザクセンスイス国立公園
巨大な岩山が有名で夏場には多くの観光客で賑わいます。この公園内にある野外劇場も夏の間、ミュージカルやオペラが開催されます。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/09/03 06:00 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(16)
真司クン…せっかく調子もいいのに、ケビンもクバも移籍して、マンUを思い出すヤヌザイ君はやってきて…今日は代表戦で…ドキドキ不安になってましたが…読んで元気をいただきましたっ。
管理人さんいつもありがとうございます…次も楽しみにしてまぁす^ ^
[ 2015/09/03 07:02 ] [ 編集 ]
地元であればあるほど過去の香川は神格化されてしまっている。あの頃だって完璧ではなかったのに美化されてる。あの頃の香川は栄光の象徴だったんだと思う。それだけに重箱をつつくように評価されるんだよね。圧倒的な存在にならないと認めてもらえないのかな。

でも香川本人はあの頃には戻れないと自覚してるし吹っ切れてきてる。より成熟したプレイヤーになってくれそうな気がしてる。
[ 2015/09/03 09:23 ] [ 編集 ]
No title
香川さん自身も言ってるしファンの意見でも一番多いのが、継続性 なんですよね。

今シーズンは今のところずっと良いので本当に期待してますが、代表戦も多いし、今後はリーグ戦ELとハードな日程で大丈夫かなっと心配です

いつも楽しい記事ありがとうございます。
[ 2015/09/03 10:04 ] [ 編集 ]
No title
体が小さくフィジカルが弱いことを心配するのは当然だと思うけど、香川はそれをインテリジェンスで補っているからね。勿論、両方あればいいのだが、そんな選手はルーニーなどの限られた天才だけさ。
[ 2015/09/03 10:22 ] [ 編集 ]
香川はトゥヘルサッカーにおいて彼に与えられた今の役割をかなり上手くこなしているように見えますが、“昔の香川”を期待している人たちはやはり彼はもう少し前でプレーするゴールゲッターという印象が強いのでしょうか。
無論、その役割もこなせればそれに越したことはないですが。
いずれにせよ香川に対する期待値の高さが伺えますね。
[ 2015/09/03 11:15 ] [ 編集 ]
No title
お疲れ様です!!感謝!!
[ 2015/09/03 11:54 ] [ 編集 ]
初めて拝見させていただきました。
現地ファンの真実の評価を知れた気がして楽しかったです。
また宜しくお願いします




[ 2015/09/03 13:34 ] [ 編集 ]
日本人という贔屓目抜きで、香川はチームでも1、2を争うくらい継続的にパフォーマンス出してると思いますけどね、一部のファンはまだ継続性がない、本調子じゃないと思ってるんですね。求めるレベルが高すぎでしょうw
ロイスやムヒタリアンはヘルタ戦のようにブロック敷かれると消されてしまって効果的じゃ無かったですし、それはもう昨シーズンから分かりきっていた事。

それを打破したのが香川であり、中盤のギュンドアンとヴァイグルで、1番の核はこの中盤ですね。

香川はもう、復活どころか進化してると思いますね。中心選手としてチームをけん引していってほしいです。
[ 2015/09/03 13:47 ] [ 編集 ]
No title
いつになったらポジションと役割が違うことを理解して貰えるのかな
ゴールを見たい気持ちは分かるけどさ、そこしか興味ないの?
[ 2015/09/03 14:34 ] [ 編集 ]
インゴルシュタット戦直後のコメントだからでしょ。このあと、評価が変わっていく様を楽しんでもらうという、管理人の目論見なんだと思うよ。
[ 2015/09/03 15:26 ] [ 編集 ]
ドルサポの中にはまだ昔の香川を投影してる部分もあるんだな。チームも役割も全く変わってるんだけど。2連覇前のドルの悪い歴史とのギャップが2連覇時の香川の印象を脳内補正させてる側面もあるんだろうな。
[ 2015/09/03 15:33 ] [ 編集 ]
No title
活躍したとしても、香川選手は常にこういった目線と付き合っていかなければならないんですね。
地元メディアの寸評を読んでも感じることです。
下がってプレーすることが増えたので、シュートチャンスも少ないでしょうし、なかなか酷な話ではありますね。
チームに貢献する姿をいつか「かつての姿」を求めずに見てもらえるといいですね。
[ 2015/09/03 15:42 ] [ 編集 ]
現地ファンの、昔の姿昔の姿昔の姿…の連呼にちょっとウンザリ。
日本のファンのほうが、よっぽど昔と今の香川さんの役割の違いを把握していますね。
それだけ、連覇時の香川さんのプレーが華々しく印象に残っているのでしょうねぇ。
連戦連勝で、仲間やクロップとの絡みも楽しくて…。
スタジアムで直接見ていた現地ファンには、強烈な思い出なんだろうな。
でも、香川さんが以前とは違う役割で勝利に貢献しているということをわかっているファンもいますね、少ないけど。
3番目の記事も楽しみにしています。
[ 2015/09/03 16:53 ] [ 編集 ]
No title
数字の問題ではないが、
香川が完全に復活したと認められるには
今のポジションで王様をやって最低10G15Aくらいはしないと駄目だろう
全てが上手くいった夢のように輝かしい過去の栄光を払拭するのは、相当難しいぞ
[ 2015/09/03 17:24 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントサポーターより先にドイツメディアが以前の香川の役割とトゥヘルになってからの香川の役割の違いに気付いてきたのはいいことだと思います
サポももう少しその部分に気付いてくれればとは思いますね
これはまだファンタスティック4と言われる前の段階ですね
次が楽しみです
[ 2015/09/04 03:45 ] [ 編集 ]
No title
ドルサポの意見を見てて思った事は、ロイスって圧倒的か?目が腐ってない?ムヒ、オバは圧倒的と言ってもいい程活躍してるけど、ロイスは本調子ではないはず、どう見ても香川の方が活躍してるでしょ。
別にロイス叩きたいわけじゃないけど、変なフィルターかけないで見てほしい。
[ 2015/09/04 10:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。