Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト「“メトセラ”長谷部に延長の可能性!」監督も3月に延長可能性に言及!

【キッカー】

“メトセラ”長谷部に一年延長の可能性!
監督も延長の話し合いに言及!


hase322309.jpg

長谷部誠は2014年以来、鷲のエンブレムを胸に着けている。しかしこれまで、今シーズンがフランクフルトでの最後のシーズンとなると思われていた。しかし急に契約延長の可能性が出てきている。アディ・ヒュッター監督がこのベテランを絶賛している。

スポンサーリンク


もう彼もそろそろ潮時だ、と世界中が思っていた。1月18日には彼も37歳になるのだ。さすがにもう一年延長することはないだろう。しかしここにきて今年夏までとなっていた契約が延長される可能性が出てきた。木曜日に行われた記者会見において、ヒュッター監督がその可能性について言及したのだ。“誠はフランクフルトにとって、ほんとうに幸運なケースだった。彼はスポーツ面でも人間的にも本当に素晴らしい存在だ。彼が夏以降もここにいるかどうかは、話し合う事になるだろう。今の状態を見る限り3月にはそれを考えなければならないね。”と彼は語っている。


長谷部は2:1で勝利したレヴァークーゼン戦に出場し、走らなければならない守備的中盤としてプレーしたが、そこで今でも優れた選択肢となれることを示したのだ。“彼をみると、年をとったハゼ(長谷部)がまるで若いハーゼ(うさぎ)であるかのように感じたよ。いまでも本当に良く走れるし、サッカーでは本当に独自のレベルに達しているからね。”とヒュッターは説明する。


しかし外から見ても、長谷部の契約を延長して間違う事はないように思える。このかつての日本代表のキャプテンは、まさにお手本となるような選手だ。“僕はまだまだハングリーですよ。満足したらもうやめるべきですね。”と彼は9月に語っている。しかし彼が満足する日はまだ来ていないように見える。彼も夏以降の計画はまだ決めていない。“もちろんこれがブンデスリーガ最後のシーズンとなる事は十分想像できますよ。”と彼は語っていた。


長谷部にとっても延長は良い物だろう。現在ブンデスリーガの試合は無観客で行われているが、長谷部は満員のスタジアムでお別れ試合をするに相応しい存在だ。引退となるシーズンを湧き上がるスタジアで過ごすべき存在なのだ。もちろんプロサッカーにおいてこのようなロマンチックな考えは二の次だが・・。






以上です。

コロナの状況がますます厳しくなっていますので、来シーズンもどのぐらい観客を入れる事ができるかはまったく見通しが立ちませんね。ドイツではワクチンを打ち始めましたが、80歳以上から初めて、60歳以下が受けられるようになるのは12月ごろだろうとされています。


[ 2021/01/09 19:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。