Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ヘタフェ監督!トレーニングなしで久保を起用した理由を説明!

【マルカ】

アレニャと久保がヘタフェで活躍!バルサとレアルもしっかりと注目!!

2021-01-11-kubo-getafe-560x327.jpg

カルレス・アレニャと久保建英は二人ともヘタフェにおけるデビュー戦で印象に残るプレーをしている。月曜日に行われたエルチェ戦においてヘタフェは3:1で勝利したのだ。

ボルダラス監督はこれまでの典型的な442システムから4231へとシステムを変更し、アレニャが10番としてプレーする事を可能としていた。

スポンサーリンク


この23歳は昨年の7月以来ラ・リーガではプレーしていなかったが、この試合でパス58本中51本を成功させ88%成功率を記録している。さらにチャンスを4度も演出したのだ。なによりも彼はチームメートのプレーをより楽なものとしている。


そしてそれは久保の場合も同様だった。彼は最後の30分にプレーしたが、それは彼がファンに自分の能力を示すのに十分な時間だった。彼がボールを持つと、何度も相手にとっての脅威となっていたのだ。

実際久保は2得点目、そして3得点目に関与している。彼が放ったシュートはブロックされたが、そのこぼれ球を近くにいたマタが押し込んで得点したのだ。さらにアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKになった場面では、彼にクロスを送ったのが久保だったのだ。アンヘルはその後PKを成功させている。



ボルダラスは新選手のためにシステムを変更したが、それがうまく行っている。


“アレニャはグループトレーニングに少し参加したが、久保はトレーニングに参加していない。それでも彼らはすでに良い印象を残しているね。”とボルダラス監督は3:1の勝利の後で語っている。


“このグループはこの両選手を両腕を広げて迎えるよ。ほんとうに素晴らしいね。我々は我々を助けにやって来たこの二人の到着にをすごく幸せに思うよ”と監督は語ったが、それに加えてトレーニングをしなかったにも関わらず久保の決断を起用した原因を明らかにしている。


“この少年とはずっと話をしていたからね。連絡を取り合っていたんだ。彼は金曜日にマドリッドに到着してから隔離しなければならず、ちょっと難しい状況だったけどね。”とボルダラスは説明している。

そしてさらに“彼とはチームについて、それからどこで我々を助ける事ができるかについて話をしたよ。そして今日はホテルで彼がチームに加わってから何をもたらすことができるかも説明したんだ。そして彼はそれをうまくやってくれたよ。彼は2度もチャンスを作ってくれたが、その一つは1:2のゴールへと繋がり、もう一つはアンヘルのPKにつながった。彼らはチームを助けに来てくれたんだ。”と監督は語っている。






以上です。

監督が久保選手の起用について言及していました。練習はできませんでしたが、しっかりと話をしてその通りの結果が出たようですね。同じくローンで加入したアレニャと共に良い連携を見せて活躍する姿が楽しみですね。

[ 2021/01/13 08:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。