ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙、アドナン・ヤヌザイは香川真司を再び押しのけるだろうか?《ドイツの反応》

ボルシア・ドルトムントに一年のローン移籍が決定したアドナン・ヤヌザイですが、マンチェスターユナイテッドで香川選手のスタメンの座を奪った事はドイツでも知られています。今回それに関連する記事を見つけましたの紹介します。記事は90Minという大手サッカーサイトのものです。






ボルシア・ドルトムント

アドナン・ヤヌザイは香川真司を再び押しのけるだろうか?




ボルシア・ドルトムントはアドナン・ヤヌザイを獲得し、攻撃陣を完璧なものとした。このベルギー人はここヴェストファーレン地方においては、決して見知らぬ存在ではない。香川真司とアドナン・ヤヌザイは2013年にマンチェスター・ユナイテッドで一緒にプレーしたのだ。しかしこの日本人はそこでは敗北することになった。


マンチェスター・ユナイテッドは2012年に派手な宣伝をして、ボルシア・ドルトムントのプレーメーカー香川真司を獲得した。最初の良いシーズンのあとで、香川真司はイングランドに順応したところだったが、彼のショーは当時18才のベルギー人に奪われてしまったのだ。アドナン・ヤヌザイはデイヴィット・モイーズ監督の下でデビューし、香川真司を“レッド・デヴィルズ”のスタメンの座から追いだしたのである。


さて、こうしたシナリオが再び起こることはあるだろうか?BVBで香川真司とアドナン・ヤヌザイが再び出会うことになるのだ。


現在好調の香川真司は、ドルトムントの攻撃陣においてスタメンの座は確かなものとなっている。ここ数週間の彼のパフォーマンスは、すべてのファン同様にトーマス・トゥヘル監督をも感動させた。そうでなくとも香川真司はすでに観客の最もお気に入りだ。しかし、今香川真司はアドナン・ヤヌザイが加入したことでもう一人の競争相手を得ることになる。このベルギー人はまずは一年間のローン移籍でヴェストファーレン(注:ドルトムントのある地方名)でプレーすることになるのだ。彼のパフォーマンスが良ければそれ以降もこの20才の選手を獲得するチャンスはあるとされている。


スポンサーリンク


香川のドルトムントでの足場はしっかりしている。マンチェスターとは違う。



まずこのヤングスターだが、経験豊かな大黒柱である香川真司を脅かすことは出来ないだろう。香川、ミキタリアン、ロイスのトリオの現在の状態では、いずれにせよ誰も彼らを抜かすことなどできない。でもドルトムントはヨーロッパリーグに出場することで3つの大会でプレーする。だからヤヌザイも確実に出場機会はもらえるだろう。


また、香川がパフォーマンスでの低下からではなく、負傷によってスタメンから外れることはあるだろう。だから遅かれ早かれヤヌザイは、ドルトムントにおいて、彼の力を証明する、さらには香川真司のショーをも横取りするチャンスを得ることにはなるだろう。


でもマンチェスターの時とはちょっとした違いがある。それは香川がイングランドの“レッド・デヴィルズ”でまだ不安定な立場にいたのに対し、ドルトムントでは賞賛されるヒーローだという事だ。もし仮に香川が時々ベンチからスタートすることがあったとしても、彼のショーを横取りすることなんか誰にもできない。


20150904031013d04.jpg





以上です。


香川にライバル出現か?というファンの不安を煽るような記事かと思いましたが、内容は全然逆でしたね。これが昨シーズンだったらメディアも大変な騒ぎになっていたかもしれませんが、ここ数週間で完全復活を印象づけたためにメディアの見方も大分変わったと思います。今はメディアを味方につけた状態だと思います。メディアが味方に付いている状態だと採点も良くなりますし、ゴールすると英雄扱いされるようになります。ドイツ人だとやっぱりロイスやゲッツェ、ミュラーがそうですね。


さて、残念なことにロイスが負傷しましたから、ヤヌザイも出場機会はあるでしょうが、彼もベルギー代表に選ばれていますから出場するのは暫く経ってからになるのではないかと思います。トゥヘルは連携を重視していますからね。


勝っている状態で途中交代で徐々に慣れさせていく事ができれば理想的ですね。


香川スレッド最終回は本日中に投稿します。お楽しみに。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_1811.jpg

近所で見つけた秋の飾り
田舎の収穫祭というイメージでとても落ち着きますね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/09/04 06:02 ] ヤヌザイ | TB(-) | CM(50)
No title
ロイスの負傷で出番が早く訪れそうだね
トゥヘルの元で進化すると思う
[ 2015/09/04 06:58 ] [ 編集 ]
マンUでは本来のポジションではなかったし、モイーズは香川を全く評価してなかったから
そもそもヤヌザイと香川は全く違うポジションだから争うこともないし、あったとしてもこの記事の通りでちょっと見当外れかな
まぁ、ロイスがスペ体質だからその穴埋めだろう
[ 2015/09/04 07:06 ] [ 編集 ]
No title
ヤヌザイは契約更新とイングランド代表になるかもチラチラとかやってて、代表監督のホジソンまで出てきてたから香川さんが押しのけられた印象ですね。WBA戦だったと思いますが、ハーフタイムに突然香川と交代させられてはピッチ上でチームメイトが唖然としてた位別の力が動いてた気がします。しかも前半勝ってたのに逆転負けしてザマアと思ったような。
おまけに父親がくせ者なんですよね、確か

その後はサンダーランド戦で点を取って持ち上げられましたけど、ペルシとルーニーが守備とか変わりにやってたという記憶があるくらい強烈な記憶もあるな。
確かクリロナになれるが売りだし文句で、だめそうだとしばらくしてエジルになれるがメディアの扱いでした。
でギリギリ位でようやく冬頃に契約にサインしてスタメン保証されつつ、うまくたちまわってるなーと。

プレーはうまいのですが、去年ムヒタリアンがフンメルスにぶち切れられた位置からドリブル披露したりしますがどうなるんでしょうね。契約更新の為にスタメン起用されてましたけど、勝てないのでシーズン終盤は結局香川さんがスタメンになってましたし。

香川が冬移籍を言い出すのを待つようにほしまくって、ドルの選手を変わりに取りたかったのがユナイテッドの狙いだったみたいですが、ドルも香川との契約は他の選手をからめないようにうまく立ち回ったし(CL逃したのでバイアウトが有効になったと個人的には思ってますが)、選手も今年のオフも全く動きませんでしたので、変わりにベルギー代表選んでユナイテッドに梯子を外されたヤヌザイを送り込んできたんでしょうね。ユナイテッドはPSMでペレイラがうまいなーと思ってたので出場機会与えたいでしょうし。
[ 2015/09/04 07:19 ] [ 編集 ]
No title
香川は、ここ最近中盤低い位置で組み立て役をしてるからヤヌザイと直接争う感じではないと思うなぁ。
ヤヌザイはミキとロイスの控えだと思うがどうだろ?
[ 2015/09/04 07:25 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルの元で成長してプレイの幅が出てくれるのは願わしいことだけど、マンU時代にスタメンの座から押しのけたっていうのはそもそもの勘違い。

あの当時はヤヌザイ自身がどこの代表になるのかをまだ決めてなかったから、マンUがフロント主導で優遇して、イングランド代表になってもらおうとスタメンに使いまくってた。(そのあおりを受けたのがイングランド勢じゃないナニ・バレンシア・香川)
結局別の代表を選んでからの出場率の低さはご覧の有様状態。
そして監督がファンハールになってからほとんどチョイスされなくなったというのがオチね。
[ 2015/09/04 07:34 ] [ 編集 ]
No title
香川選手がすばらしいのにベンチに置いておくことはないでしょうね。トゥへルがどんな風にヤヌザイを融合させるか楽しみではあります。ELも日程厳しいですし、ロイスに加えてホフマンも怪我多めみたいだし。
[ 2015/09/04 07:37 ] [ 編集 ]
最初は華々しいデビューを飾ったヤヌザイですが次第にトーンダウン。それにモイーズはCLには香川が必要だったので使い分けてました。後半戦はマタが移籍してきて香川はしばらく干されたけどヤヌザイとは関係ないです。その後ファンペルシとルーニーが怪我をした事もあり香川はスタメンで出て活躍。ヤヌザイは徐々に出番が減ってたけど香川とマタとよい連携をしてシーズンが終わったと記憶してます。

まあドルでは香川の役割もユナイテッド時代とは違うのでポジションもあまりかぶらないとは思いますがトゥヘルがどこで使うかですよね。ロイスが怪我したので早速出番があるかな。香川との絡みが楽しみですね。
[ 2015/09/04 07:54 ] [ 編集 ]
No title
連携面から見てヤヌザイのスタートはホフマンがライバルじゃないかと個人的には見ています。
それでも、トゥヘルがヤヌザイの何に期待して獲得したかにもよりますし背番号9ということでロイス同様の0トップ型のトップもあるのかな?とか考えたりもします。
パスセンスはあるけどいかんせん守備がもろすぎますし
香川ギュンドガン+アンカーのヴァイグルのポジはシャヒンも数にいれればカストロ、ベンダー、ギンターとバックアップは充実してますしやはりサイドかトップでの起用ではないでしょうか?
ロイスが怪我をしてしまったので当面はホフマンかラモスがスタメンでヤヌザイがバックアップですかね
[ 2015/09/04 08:19 ] [ 編集 ]
No title
ヤヌザイはムヒ・ロイス両翼の控え、特にロイスをトップに据えた際の右の選択しとして獲得したと思います。
今のところ香川のライバルはカストロと復帰後のシャヒンでしょう。


[ 2015/09/04 08:50 ] [ 編集 ]
ヤヌザイ使うならサイドじゃねぇかな。香川CMだから香川のライバルじゃないと思うんだけど。右サイドで使うと思う。ロイス怪我がちだし消える試合多いからそこでサブとして出場すると思う。それでも香川と比較するってことはドイツメディアからするとオバメ、ロイス、ムヒタリアン、ギュンドアンは安泰で交代するなら香川って考えがあるんだろうな。ユナイテッドで香川を実力で追い出したって書き方してるし。
[ 2015/09/04 08:50 ] [ 編集 ]
No title
シーズン通して今の4-3-3でいくならヤヌは3トップのどこかだろうから、まあ香川とはポジション争わないだろうね
ロイス負傷と中盤の3選手を休ませるためにフォメ変えるなら、例えば4-2-3-1なら同じ二列目に入る可能性はあるけど、香川トップ下でヤヌはサイドだろうし、どちらにせよポジション争いはなさそうかな
[ 2015/09/04 08:50 ] [ 編集 ]
No title
ヤヌザイはカンプルの代役だからミキとロイスの
バックアップでしょ。
[ 2015/09/04 09:12 ] [ 編集 ]
No title
そうだよ
ヤヌザイをIHでなんて守備力の点でまずありえない
香川の競う相手はシャヒン、カストロ
[ 2015/09/04 09:43 ] [ 編集 ]
No title
サッカーとは直接関係ないですが香川はドイツの女性に人気?はあるのでしょうか?
香川にはドイツの女性と結婚してもらってドル長くいてもらいたいのでもし機会がありましたら女性からのコメがあったらまとめてもらえたら嬉しいです
[ 2015/09/04 10:06 ] [ 編集 ]
No title
ユナイテッド時代の香川とポジ争いしてたんでしょ?
ドルでの香川とはポジ争いにならないでしょ。いろいろな点でドルとユナイッテドは違うと思うね。
結局はヤヌがどのくらい出来るかによるだろうけど、香川以上に出来るとは思わないな~。
[ 2015/09/04 10:37 ] [ 編集 ]
No title
俺もそう思う
ライバルになるのはムヒとロイスでしょ
例え香川だとしても今の香川からポジ奪うなんてビッグネームでも簡単じゃないけどね
とりあえずドルでは球離れよくすることから始めないと馴染めないぞ
[ 2015/09/04 11:16 ] [ 編集 ]
No title
ヤヌザイは左利きだから、他の条件が同じなら右のウイングとしてはロイスより有利な立場だと思う。
まあ、他の条件がロイスより大幅に劣るわけだが。
[ 2015/09/04 11:21 ] [ 編集 ]
No title
ヤヌザイの当面の競争相手はホフマンとラモスでしょうね
連携重視するトゥヘルのことだし、、まともに練習参加できるのが代表戦ウィーク明けになるし10月から使えれば御の字、的な感じなんじゃないかな
[ 2015/09/04 11:33 ] [ 編集 ]
モイーズ監督の元、最初はヤヌザイにポジションを奪われたけど、最終的には香川が実力で奪い返してた!
おかしくなったのはマタが入ってから!
[ 2015/09/04 11:39 ] [ 編集 ]
No title
ユナイテッドの試合はほとんど見てないのですが、香川はどこのポジションでヤヌザイと争っていたのでしょうか?
ドイツのヤヌザイ・パク加入後のスタメンフォメだとヤヌザイは右でロイスと争うような形でしたが
それならスタメン争い以前の問題ですよね
ロイスも軽症で21日のレバークーゼン戦から出れるようなのでホッとしています
代表戦に出ている選手が怪我なく戻ってこれますように
[ 2015/09/04 12:07 ] [ 編集 ]
サイドを抉っていく俊足のドリブラー的なイメージ。
おまけに線が細いし、何となくロイスの控えになりそう。
ムヒタリアンという感じではないような。
[ 2015/09/04 12:23 ] [ 編集 ]
No title
モイーズはなんだかんだ結局香川は使ってただろ?
戦術が合わなかっただけで。

ヤヌザイは香川からパスを供給される側だろうし香川のポジションは完全に起点役だからかなり難しいポジションだろう。ロイス・ミキとの競争だけど未だホフマンもいるし頑張らないとね
クバを出してヤヌザイ取った意味がわからないが。
絶対戻ってきてね
[ 2015/09/04 12:39 ] [ 編集 ]
No title
左利きってだけでホフマンいるし役に立ちそうにないと思う
[ 2015/09/04 13:03 ] [ 編集 ]
No title
香川とは特性もポジションも違うし争うなんてことはありえないけど
まだ若いんだし、主力を食うくらいの成長と活躍をして欲しいね
ただの控えで終わってしまってはおもしろくない
[ 2015/09/04 13:44 ] [ 編集 ]
No title
マンUでのヤヌザイは基本的にサイド起用だし、香川は別にポジション奪われてないけどね。
中央からはルーニーに追いやられ、ルーニーはトップのポジションをペルシに奪われた。
モイーズ時代はマタに地位を奪われたのであって、ヤヌザイに敗れたわけじゃない。それでも結局シーズン後半は香川の方が試合に出ている。
[ 2015/09/04 14:11 ] [ 編集 ]
No title
そういやヤヌザイはスタメンで使われ始めてから当時フラムにいて今シャルケにいるSBリーターと試合中にもめてましたね。クリロナクリロナと言われて守備免除されてたからいいプレーしてたけどまあ子供プレーというか態度に調子に乗ってることが現れてましたので。

フェライニもヤヌザイに味方して参戦してリーターともめてましたが、(ペルシはその騒動をチラ見しつつも無視してました)香川が間に入ってリーターをなだめてましたね。試合終わってユニフォーム交換してて香川の当時の譲許を解ってくれるのかプレミアに一人でもいるのかな?、よかったなと思った事がありました。

私の記憶違いで違うリーターさんかもしれませんが。
[ 2015/09/04 15:29 ] [ 編集 ]
No title
ロイス復帰までに少しは試合出すかな?戻るまでテスト期間になるかもですね。競うのはホフマンかなと思う。
[ 2015/09/04 16:12 ] [ 編集 ]
No title
香川とはポジション自体競合しないよね
ムヒロイスが不動のスタメンだからそのバックアップのホフマンと競合でしょ
早速出番ありそうな状況なのがアレだけど、買取オプション無いなんて噂あるくらいだしチームとしてはバックアップ要員としか見てないでしょ
[ 2015/09/04 16:13 ] [ 編集 ]
No title
マンU時代の二人について
コメント欄詳しい人多いからいろいろタメになる~。
管理人さんもグッジョブよ~。
[ 2015/09/04 16:16 ] [ 編集 ]
No title
コーナーフラッグあたりで揉めたことありましたね
フルハムが負けてたからイライラしてたのか、横たわってるヤヌザイをリーターが蹴ったり踏みつけて香川とエブラが必死にフルハムの選手の間に入ってとめてた気がします。

マンUでは上の方も書いてらっしゃいますが香川以上にかわいそうなのがルーニーでした。
ペルシがきて0,5列、1列さげられ更にその万能さゆえにモイーズ時代の一時期はキャリックと並んでボランチまでやっていたことも。

ヤヌザイの困るポイントとしては、モイーズ時代のマンUでは左サイドでしたがポジションを放棄するとまでは言いませんがとにかく中に入りたがる。
その穴埋めを別のポジションの選手がカバーするといったシーンも少なくなかったように記憶しています。
ファンファールになる前のヤヌザイはほとんどディフェンスもしない選手でしたね。

香川の不運はマタが加入して完全にとどめをさされたわけですけど、それでも終盤のリーグ戦やCLでは
メディアやサポーターの後押しもあったのか大事な試合でも起用されるようになったのが印象的でした。
ペルシが怪我で離脱した際にルーニーの1トップ、香川、マタと3人が同時に試合にでるようになってからの試合はキック&ラッシュな試合運びからファーガソンが香川を獲得してやりたかったであろうサッカーを選手が自主的にやっていたように見えましたね。
香川が左サイドで優位を発揮できたのはエブラに信頼されていたのかコンビネーションがよかったのもあったと思います。
[ 2015/09/04 16:29 ] [ 編集 ]
No title
ヤヌザイは比較的香川にパスを出していたという印象。
まともな監督が同時に使えば、上手く連携してよい結果をもたらすと思う。
とにかく選手層が厚くなるのは良い事、ヤヌザイも伸びしろがあるし期待できる。
[ 2015/09/04 17:40 ] [ 編集 ]
No title
選手は監督次第で化けますから、わかりませんね。
個を重視して利己的な選手を優遇する監督もいれば、組織的なチームプレイヤーを優遇する監督もいます。
トゥヘルはどちらかと言えば後者でしょう。
ヤヌザイは規律を守れることを証明する必要がありますね。
[ 2015/09/04 18:40 ] [ 編集 ]
No title
なんか話変わりますけど、なんでみんなトップ下やりたがるんですかね?ユナイテッドはもちろん今のドルも花形ポジションはサイドですよね?
ミキは「中央の方がやりやすい」と言っていましたし、ヤヌザイも「僕は10番だ」なんて言ってましたね。2人ともウインガータイプなんですが。ミキなんて、今の状態を維持できればロッベン越えられるくらい凄い選手になりそうな予感がするんですけど。

それにしても、ユナイテッドブランドだけあって、ヤヌザイくん注目されてますね。どう考えても交代要員だと思うんですが。実績0、プロ3年目、20歳、1年レンタルの選手に期待しすぎじゃないですか?もうちょっと長い目で見た方がいいかと思います。
[ 2015/09/04 18:54 ] [ 編集 ]
No title
今の役割的に香川は2.5(実際は2.3くらい)列目だし、
ヤヌザイはミキとロイスの控えでカンプルの穴埋めって感じだよな
元マンU同士で比較してるんだろうけど、ちょっと意味ない比較だわ
[ 2015/09/04 19:36 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘル監督がヤヌザイをどう育てるのか、ちょっと面白いなと。

買い取りオプションの有無はともかく、マンUは若い選手を育てる気あるんだかないんだか。カッコウの托卵みたい。

マンU時代のヤヌザイと香川の件は、いろいろ言われていましたけど、ベンチに座って暗い顔をしているのはドイツ人には面白くなかったんでしょうね、マンU所属となったというのに、YOUTUBEのブンデス公式チャンネルで「ブンデスリーガに彼が刻んだ存在感は決して忘れられることはない、シンジ、そんな悲しい顔しないでくれ、ブンデスリーガでの素晴らしい時間を思い出して、シンジ、シンジ…」っていう感傷的なBGMとナレーションの動画をアップしてました。もういなくなったというのにどんだけ愛されてんだって、ビックリしましたよ。ある意味、ブンデス公式がフリーシンジキャンペーンやってたようなものし。

(その動画「Sayonara, Kagawa - Fond Memories」は公式チャンネルに今もありますが、ドイツ在住の管理人さんは見れないですよね?たしかブロックされるはず)

なので、ヤヌザイの名前が出ると、そのことをつい思い出してしまいます。
[ 2015/09/04 19:44 ] [ 編集 ]
そうそう、リーターと揉めた試合ありましたね。香川が間に入って落ち着かせようとしてた。リーターはウォルスブルグにいて、香川の全盛期を知ってるからね。プレミアで会ったのも久しぶりだろうし、試合後かな、確か二人で話してたような。当時、トッテナムにいた元シャルケのホルトビーとも香川話してた。やっぱり違うリーグにくると、なんか懐かしいのかな!
[ 2015/09/04 20:59 ] [ 編集 ]
日本のメディアは「香川にライバル出現!?」と、ヤヌザイの移籍がまるで香川さんの危機でもあるかのように、釣り見出しの記事をしつこいくらい出すところがあって嫌気がさします。

マンUがヤヌザイの給料を負担して、ドルに無料レンタルで出すなんて、奇妙な移籍だなぁ…と思いましたが、マンUは19歳の選手をけっこうな高値で獲っていますし、ヤヌザイはファンハールの構想外になったのでは…。
ただ、マンUフロントは、ヤヌザイにギグスの付けていた背番号を与えたりして期待感を持っていたようなので、とりあえず他のクラブへレンタル避難させることにしたのではないかな、と思います。

なんだか、マンUが費用負担をして、ドルに頼んでヤヌザイを修行に出した、そんな感じがします。

ほかのサイトでマンUサポのコメントが紹介されていて、「シンジがヤヌザイを成長させてくれるよ」なんて言っている人がいました。
香川さんはヤヌザイの教育係じゃないってば。
[ 2015/09/04 22:29 ] [ 編集 ]
No title
モイーズのマンUとはそもそもチームのスタイルが全然違うから。
[ 2015/09/05 00:20 ] [ 編集 ]
上の方のブンデスリーガの動画の話初めて聞きました。あの頃は、推し量れない監督の意図や、イングランドメディアによる突然のヤヌザイ推し、香川の胃洗浄報道など、何が真実なのか分からない疑心暗鬼な状況で、本当に観てる方も辛かったので、そういう話は嬉しいですね。
ますますドルトムントで第2の香川を見せてくれるような大活躍をして欲しいなっていう気持ちになりました。まずは代表後も今のコンディションをキープすることが重要ですね。
[ 2015/09/05 01:08 ] [ 編集 ]
No title
レンタルのヤヌザイはターンオーバー要員だと思うけどな
1年後居なくなるヤヌザイなんかよりホフマン優遇して起用して欲しいわ
[ 2015/09/05 01:10 ] [ 編集 ]
ユナイテッドでの処遇は仕方のないこと
無能な脳筋のモイモイ(モィモィって言ったの久しぶりだわ 笑)以外どうすることも出来なかった(ガムおじさんのファギーも香川を使うよう再三進言してたけどね)
ヤヌザイもお気に入りな様に見えて結局脳筋に振り回されたしね、香川と同様に被害を受けた選手のひとり(ぶっちゃけ被害を受けなかった選手は1人もいないんだけどね 笑)

今回の補強に関してはこの記事のような心配よりも、むしろwkwkしてる
[ 2015/09/05 01:59 ] [ 編集 ]
No title
成長できるかはともかく不要なエゴを丸出しにすることはないと思う
そこらへんはフンメルスがいるから何とかしてくれるよ
[ 2015/09/05 03:03 ] [ 編集 ]
No title
>香川は、ここ最近中盤低い位置で組み立て役をしてるからヤヌザイと直接争う感じではないと思うなぁ。
>ヤヌザイはミキとロイスの控えだと思うがどうだろ?

火を見るより明らかですよね。
トゥヘルは香川にピッチ上の指揮者を任せ、香川のポジショニングでチームのフォーメーションを変えさせるほど信頼しています。
ヤヌザイがいかに才能ある選手といっても、ドルトムントのサッカーと真逆のチームから来た経験の乏しい彼を、香川の位置で競わせることはまずないでしょう。香川が負傷し、ロイスをトップ下にした時は戦術そのものを変えましたし、しかもロイスは消えてました。
ヤヌザイはパスセンスはあり、ワンツーもうまいので、ミキタリアン、ロイスの控えで決まりでしょう。
または0トップにしてオーバメヤンを休ませることも考えられますが、ラモスが前線でいい働きをするので、積極的に選ばれることはないでしょうね。
ただ、このクラブでどこまで成長できるか、楽しみです。
[ 2015/09/05 05:57 ] [ 編集 ]
No title
マンU時代は香川がウイングやらされてたからポジション被ってたけど
ドルトムントでは香川はトップ下かギュンさんとのダブル8だから全く被らないですよね
[ 2015/09/05 06:26 ] [ 編集 ]
No title
もしヤヌザイがドルに適応できたとすれば、それは怪我をしないマルコロイスになっているかもしれない。
何が何でもレンタルバックは阻止しないといけないw
[ 2015/09/05 06:55 ] [ 編集 ]
No title
フンメルスも大変だなw
[ 2015/09/05 12:53 ] [ 編集 ]
ヴァイグル&ギュンの凄まじい指揮ぶり、前線3人の華々しい活躍に、最初はどうしても小粒に思えてしまったけど、セルタ戦で存在感を見せつけたのは大きかった。今のドルトムントのハイレベルなサッカーに、サブが割って入るのはかなり難しいと思う。香川には抜きん出たテクニックがあるから、安定したプレーで納得することなく、今後も強い気持ちで、どんどん相手が脅威に思うプレーを仕掛けて行って欲しい。彼自身が語っているように、あらためて「周りを圧倒する選手」になって欲しい。
[ 2015/09/05 19:51 ] [ 編集 ]
No title
んー
ドルトムントが移籍期間最期に
かき集めたのがパクとヤヌザイ

どちらも左ききのプレイヤー
左キキのプレイヤーは
シュメ、シャヒン、パク、ヤヌザイになるわけだ
[ 2015/09/05 23:59 ] [ 編集 ]
No title
買い取りオプションが気になります。
イングランドメディアは「買い取りオプション無し」と言っているようですが、実際のところどうなんでしょうね。
それによってこの1年間の使い方が変わるだろうと思いますが。
トゥヘルがどう使うのかちょっと面白そうではあります。過密日程なのでテクニカルな選手は必要だと思います。
[ 2015/09/06 01:36 ] [ 編集 ]
No title
ヤヌザイは体は柔らかくて体幹が結構強いし、テクニックもあるので、ポテンシャルは十分だと思います。本人は元々中央の選手で、ファギーあたりもトップ下が適正と言っていたと思いますが、メンツ的には明らかにサイドの控えですね。ドルの攻守の切り替えになれるまで当分は特訓をうける必要があるので、即戦力ではないでしょうけど、どんなふうに成長していくのか楽しみです。あと、ドルで適応してよい選手になっても、ユナイテッドに戻ったら役に立たない可能性があるので、残留しましょうね。
[ 2015/09/06 09:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。