Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!最下位のマインツに勝利できずに引き分け!ロイスがPKを外す!

【ビルト】


ドルトムント!最下位に勝利できず!
ロイスの恥ずかしいPK


resu23545.jpg

これでもうタイトルは終わったか・・・。

ドルトムントはライプツィヒに3:1で勝利し、優勝争いに戻ってきた。しかしホームで行われたマインツ戦では1:1に終わってしまったのだ・・。


スポンサーリンク


ドルトムントは相手に先制されるも、もう少しで勝利する所だった。しかしキャプテンのロイスが76分のPKを外してしまっている。

問題は、このキャプテンがキーパー、ロビン・ツェントナーに敗れた事ではない。ツェントナーは右に飛んだが、ロイスは左へシュートを放っている。しかしそのシュートが枠からそれてしまったのだ。これは恥ずかしい。ロイスはこれまで全部で4度PKを外しているが、今シーズンすでに2度目となっている。


ロイスは試合後、“チームに謝らなければならないね。前半は先制点とすべき大きなチャンスがあった。そして後半はPKだ。僕には試合を決める事が出来ただろうけれど、今日はそれができなかった。チームに申し訳ないよ。”と語っている。


ドルトムントは力強い出だしを見せる。ポゼッションは68%で、シュート数では11:3と相手をはるかに上回っていたのだ。しかしマインツの守備はドルトムントのハーラントに打たせないように対処したのだ。ハーラントは開始85秒にオフサイドゴールを挙げただけだった。


その代わりロイスとブラントが攻めるも、キーパーのツェントナーに敗れている。べリンガムが放ったシュートはポストに当たり、その後のヘディングシュートも外れているのだ。


一方、開始57分にはマインツのエツトゥナリが25メートルの距離から決めて0:1としている。その後マインツの方が良くなったが、64分のヘディングはバーに当たってしまった。


その後74分のドルトムントのムニエがムココのアシストから得点し同点に追いついている。その38秒後には彼がPKを獲得するもロイスが外してしまった・・。





以上です。

ドルトムントは本当に下位相手にポイントを取りこぼしていますね・・。監督も変わりましたから、早く改善してもらいたいところですが・・。

[ 2021/01/17 06:10 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。