Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

長谷部先発フランクフルト!復帰したヨヴィッチの2ゴールで勝利!!7位に浮上

【ビルト】

ヨヴィッチの夢のカムバック!

jovic034.jpg

1,2,3,ゴール!!

フランクフルトに復帰したルカ・ヨヴィッチがアイントラハト復帰初戦でゴールを決めてチームを勝利に導いている。

スポンサーリンク


62分:ヨヴィッチはワールドカップ優勝者のエリック・ドゥルムと交代で出場する。するとその9分56秒後に見せ場がやって来た。対戦相手が珍しく攻めあがってきたところを、左サイドのヌディカがコスティチをめがけてパスを出す。そこからクロスを入れると中央で待っていたのがヨヴィッチだ。彼はそこから右足でゴール左上に決めている(72分)。

さらにヨヴィッチはアディショナルタイム(90+1)にもう1点決めている。彼は2度のシュートで2ゴールを達成したのだ。これはヨヴィッチがこれまでレアル1年半で達成したゴール数に並ぶ(レアル32試合で2ゴール)。

これはヨヴィッチにとっては夢のカムバックとなった。彼はゴール前での嗅覚をレアルで証明する事ができず、ジダンにより移籍して実戦経験を積むようにとされていたのだ。


ヒュッター監督は“彼の2ゴールが彼のレベルを証明しているね。”と語ったが、これには対戦相手のシャルケのクリスティアン・グロス監督も “素晴らしい選手だ。”と賛辞を送っている。


一方シャルケは前回のホッフェンハイム戦で4:0で勝利しており、これに続いてポイントを獲得したいところだった。


この試合でもプロに上がったばかりの19歳マシュー・ホップが活躍している。彼はホッフェンハイムで2ゴールを達成していたが、この試合でもゴールを挙げているのだ。


シャルケは間もなくクラース・ヤン・フンタラ―を獲得するとされており、このホップと共にプレーするとみられている。フンタラ―はビルトに対してシャルケ復帰を決断したことを明かしている。


試合は開始28分にフランクフルトのシルバが先制ゴールを挙げている。これで今シーズン12ゴール目だ。


しかしその76秒後に、ホップが、スタンボウリからのパスに素早く反応しトラップを股抜きして同点ゴールを挙げたのだ。これがこの試合でシャルケ初シュートとなっている。


しかしその後のヨヴィッチの活躍でフランクフルトが勝利する事となった。


この試合ではヨヴィッチの復帰以外にもファンにとってはエモーショナルな出来事があった。試合前には亡くなってしまったファンのためにチームは黙とうをささげている。それに加えてキャプテン、アブラハムの最後の試合だ。このアルゼンチン人はフランクフルトで178試合に出場したが、家族のいる故郷に帰り、そこの5部リーガでプレーする事になっている。


ではシャルケはどうだろうか?シャルケは7ポイントでマインツと並んで最下位となっており、60年代に打ち立てたアウェー19戦連続未勝利の記録を抜かしている。






以上です。

ヨヴィッチが夢のような復帰戦を飾りましたね。これでフランクフルトは7位まで順位を上げました。4位のドルトムントとも3ポイントしか離れていませんのでヨーロッパリーグ入りも視野に入ってきましたね。

長谷部選手はこの試合も6番のポジションで先発しています。一方鎌田選手は79分にバルコクと交代出場しています。


[ 2021/01/18 18:08 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。