Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!レヴァークーゼンに敗れ優勝争い離脱!元ドイツ代表はドルトムントを酷評!

【スポーツビルト】

まるでキャラクターがない!!ハマン!BVBを酷評!

Hamann3345.png

これでドルトムントのタイトル獲得の夢も終わった・・・


ドルトムントは上位争いにおいてレヴァークーゼンに1:2で敗れてしまった。ドルトムントはここ8試合で3勝しかしておらず、今日の試合でバイエルンが勝利すればその差は10ポイントとなってしまう。

スポンサーリンク


スカイの解説者、ディーター・ハマンはドルトムントのチームを酷評する。“まるで統率がとれていないし、心もない。キャラクターも感じられない。大事なのは統率がとれている事、それからキャラくターだよ。彼らにはそれらすべてがなかった。レヴァークーゼンのように強いチームに対してはそれを示す必要があったね。でも今日は90分それが見られなかったよ。”とハマンは語る。

そして、“このチームの状況を説明するのが難しいね。彼らはすでに監督を解任している。チームがトレーニングできないわけではない事を示すことが重要だけれど・・”と続けている。


ドルトムントはこれで優勝争いから離脱している。


キャプテンのマルコ・ロイスは、“週末の試合で3ポイントを獲得できなければ、ついて行くのが本当に難しくなってしまうだろう。それだけは絶対に避けなければならない。”と語っている。


またユリアン・ブラントは、“(残り)17試合では多くの事が起こる可能性があるけれど、僕たちはもう(優勝からは)かなり遠ざかっている。”と語っている。


試合が決まったのは開始80分の事だ。レヴァークーゼンはボールを奪取すると素早い攻撃を仕掛け、ヴィルツが17メートルのシュートを決めて1:2としたのだ。ヴィルツはこれで通算4ゴールを達成したが、これはブンデスリーガ史上最年少記録だ。


ドルトムントはすでに前半から相手に劣っていた。0:1だったのはラッキーだったと言えるだろう。


14分:ベイリーはドルトムントの守備を超える60メートルのパスを放っている。それをディアビが決めてレヴァークーゼンが先制している。


67分にはブラントのゴールで同点に追いついたが、その後のヴィルツのゴールがドルトムントのタイトルの夢を打ち砕いている。


エディン・テルツィチ監督は2007年のトーマス・ドル監督以来となる悪いスタートを経験する事となった。“クオリティーはタレントとメンタリティの結果だ。今日の我々はタレントばかりを信頼しすぎた・・”と彼は語る。


ユリアン・ブラント:“だれもフィールド上で特別な事をしないし、頻繁に打ちひしがれてしまう。僕たちは90分に渡ってレベルをキープする事ができていない・・。”


それは優勝争いにおいても言えることだ・・・。




以上です。

ドルトムントはレヴァークーゼンに敗れて5位のヴォルフスブルクと同ポイントの29ポイント4位になりました。さらに一試合少ないウニオンが28ポイントで6位。そしてグラートバッハが28ポイントで7位となっています。

ドルトムントは監督を解任しましたが、監督交代の成果は現れませんでしたね・・。チャンピオンズリーグも怪しくなってきましたので、こうなるともう一度監督解任もあるかもしれないですね・・。

一方元ドルトムント監督だったペーター・ボシュ率いるレヴァークーゼンはここ最近不調でしたが、ドルトムントに勝利した事により2位に浮上しています。




[ 2021/01/20 17:44 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。