Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

香川真司!ブレーメンの獲得候補に?ドイツ紙が香川の獲得を推薦!

【90Min】

ブレーメンの5人の獲得候補!ウーデゴールはどうだろう?


Shinji-Kagawa-BVB33432.jpg


ブレーメンは現在の移籍市場においてあまり積極的に動いていない。その原因はお金だ。しかし一人選手を放出すれば少なくともローン移籍などあまりお金のかからない補強については考えるべきだろう。当紙がブレーメンに良く合うだろうと思われる5人の獲得候補を挙げてみる。


スポンサーリンク


1.マルティン・ウーデゴール


レアル・マドリッドは選手を良くローン移籍させている。トップチームでの実力が十分でなければ、より小さなクラブでプレーするのだ。マルティン・ウーデゴールはすでに16歳の時にレアルに移籍しているが、その2年後にプロチームに昇格している。しかし彼はこれまでまだ11試合でしかプレーしていない。2017年以降彼は3度ローン移籍を経験しているが、そのうち2度はオランダのクラブ、そして最近ではレアル・ソシエダでプレーしている。


では4度目のローン移籍はどうだろうか?今度はブンデスリーガのブレーメンで。このハーラントの親友は今シーズンも控えとなっており、最近のリーガ5試合ではたった5分しかプレーしてない。彼は来シーズンに向けてブレーメンで半年間準備する事が出来るだろう。

実際にマルカ紙が報じた所、ウーデゴールはたった半年間でローン移籍を希望しているとのことだ。給与の面ではレアルと合意に至らなければならないが、レアルはヨヴィッチの件でも交渉に柔軟な姿勢を見せている。


2.アブ・フランシス

ルドヴィヴヒ・アウグスティンソン、トーマス・ディレイニーを連れてきた後で、ボスのバウマンは何度もデンマークの才能をチェックしている。そこでは多くの才能あふれる選手たちがプレーしているのだ。そして選手たちも国際舞台へのステップとなれるクラブを探している。その手助けをできるのがヴェルダーだ。特に若い選手にとっては。


スカウト部長のクレメンス・フリッツがチェックすべきなのが、アブ・フランシスだ。彼は現在FCノアシェランでプレーしている。この19歳のガーナ人は2019年に故郷から夢を追ってデンマークに移籍したのだ。彼はそこで4ゴール1アシストと説得力のあるプレーを見せている。


彼の契約は2023年までとなっているが、彼の市場価格は150万ユーロとなっている。デンマークのチームはこのタレントをゆっくりと育てるつもりだが、冬に実現しなくても夏の補強の候補となるだろう。


3.ミカエル・ウーレ


次もデンマークでプレーする選手だ。センターフォワードのミカエル・ウーレだ。彼はここ2年間ブレンビーでプレーしているが、今シーズンもゴールがどこにあるかをしっかり把握している。彼は13試合で7ゴール5アシストを記録しているのだ。


ウーレのブレンビーでの契約は来シーズン末までとなっているが、彼はすでにデンマークで10年もプレーしており、移籍を望む可能性は高い。ブレーメンまでは430キロしか離れておらず、彼の市場価格は100万ユーロとなっている。


4.ラファエル


現在35歳のラファエルは無所属となっており、もう彼の時代は過ぎ去ったと言えるだろう。しかしすぐにクラブの助けとなる事は可能だ。クラブの財政を圧迫する事もなく、チーム層も厚くなるだろう。さらに彼はリーガに慣れる必要もないのだ。


無所属、お買い得、ブンデスリーガの経験あり。この条件では元グラートバッハの彼はばっちりだ。彼は昨年夏より新たなクラブを探している。彼はこれまでブンデスリーガ290試合で82ゴール52アシストを記録しており、本人はまだ引退するつもりはない。ブレーメンはすでに2012年にも彼の獲得に動いていたとされているが、当時はディナモ・キエフに敗れている。


5.香川真司

ラファエル以外でも、もう一人名の知られた選手がクラブを探している所だ。この攻撃のオールラウンダーである香川真司はドルトムント216試合で60ゴール55アシストを記録している。最近ではスペイン2部のレアル・サラゴサでプレーしていたが、経済的な理由などで10月にクラブとの契約を解除している。


10月にはデュッセルドルフのクラウス・アロフスが彼の獲得の可能性を調査したが、獲得には至らなかった。“彼がブンデスリーガで示した能力に疑いの余地はない。ただ2部リーガに相応しい選手だろうか?全体的に条件が合っているだろうか?我々はそれに対してノーという答えを出している。”とアロフスはビルトに対して語っている。


実際の所、香川はスペインではあまりうまく行っておらず、リーガ36試合で4ゴールしか挙げていない。そのためこの本人がブレーメンですぐに助っ人となれるかは少し疑問だ。しかしブレーメンは、中盤で驚くようなパスを出し、チームメートを活かし、時には汚れ役もやれるような選手を必要としていることは確かだ。


以上です。


ドイツスポーツメディアがブレーメンの獲得候補5人の名前を挙げていましたが、その中に香川選手の名前もありました。そろそろ決まって欲しいですね。


[ 2021/01/21 08:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。