Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

「久保とアレニャがヘタフェを救う!!」久保ヘタフェの勝利に貢献!地元紙

【マルカ】

久保とアレニャがヘタフェ救出に!

16111790329067.jpg


ホームでの未勝利も、3か月でようやく終わる事となった。こうした記録も破るためにあるものだが、チームはそのために歯を食いしばって戦っている。そしてようやく傷を癒す事となった。


スポンサーリンク




マウロ・アランバッリが長く待ち望まれた勝利を決めるゴールを挙げている。10月17日にバルセロナで勝利して以来となる勝利だ。その時も1:0だったが、今回も無失点での勝利となっている。この英雄は、試合後マドリッド南で“他の選手のために3本打ったが、自分が3ポイントを獲得につながるゴールを決めたのは重要だった。”と語っている。


日本人とカタルーニャ人の二人の加入により、幻想が日に日に大きくなっている。ヘタフェにやってきた久保建英のボールタッチは、非常になめらかで、まるでシルクのようだ。またカルレス・アレニャの頭の中で鳴り響いているメトロノームは、チームの将来に大きな意味を与えるだろう。この二人が加わった事ですべてが少しずつ良くなっている。


ボルダラス監督は記者会において、他のチームメートを忘れたくはないとしている。彼らのおっかげで、ヨーロッパ出場を目指して戦ってきたからだ。しかし久保とアレニャの加入が新鮮な風邪をもたらした事には疑いがない。


“彼らは我々の哲学を完璧に理解したよ。”と監督は勝利の後で語っている。チームはすでに23ポイントを獲得している。“彼らは短い間でヘタフェの助けになっているね。私、クラブ、チームにとって。私は数日前にも、彼らが大歓迎されていると言っていた。彼らも大きなやる気をもってやって来ている。彼らのポテンシャルは高く、チームを助けて良い結果を出したがっている。そして勝利だ。”と彼は語る。

ボルダラスは彼らを信頼しており、それは彼らの2試合でのプレー時間にも表れている。これまでアレニャが177分、久保が105分プレーしているが、これは昨年夏にローン移籍した選手5人中4人のプレー時間を超えるものだ。二人はビクトル・モレホ(71分)、アブドゥライ・ディアビ(17)、アンテ・パラベルサ(7分)、ダリオ・ポべダ(0)のプレー時間を超えているのだ。この二人はシーズンの終わりまで重要な存在となるだろう。





以上です。

ヘタフェが3か月ぶりにホームで勝利しましたね。久保選手は右サイドで先発しましたが、さっそくチームにとって重要な存在であることをアピールする事に成功しましたね。シーズン残りが楽しみになりました。


[ 2021/01/21 18:28 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。