ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川が止めを刺す!日本対カンボジア戦、ドイツ紙の報道《ドイツ紙の反応》

少し時間が立ってしまいましたが、ワールド・カップアジア予選、日本対カンボジア戦のドイツ紙の反応をいくつか紹介します。




201509051727164fe.jpg


試合前

【Spotal】

ワールドカップ予選、日本はブンデスリーガ・セクステット(六重奏)と共にカンボジアと対戦。



日本において、まだ評価の定まらない代表監督である、ハリルボジッチはワールドカップ予選において来週木曜日にカンボジアと対戦する。ブンデスリーガからは6人の選手が招集された。


酒井宏樹(ハノーファー)、酒井高徳(ハンブルク)、長谷部誠(フランクフルト)、香川真司(ドルトムント)、原口元気(ヘルタ)、そして武藤嘉紀(マインツ)らが埼玉にいる。


日本はボスニア人のハリルホジッチの下で4試合でいまだに勝ち星がない。グループEにおいてはシンガポールと0:0で引き分け4位につけている。“シンガポール戦の後では多くのことを考えたよ。私のキャリアにおいて4試合勝てなかったのは初めてなんだ。”とこの62才は語った。


ハリルホジッチは昨年のブラジルワールドカップでアルジェリアをベスト16まで薦めた。そこで後に優勝したドイツと対戦し敗れたのだ。彼は1月に日本とサインしている。



スポンサーリンク


試合後

【キッカー】

香川とソンが止めを刺す!カタールでは歴史的勝利(注:アジア予選をまとめた記事のタイトル、以下日本の部分を抜粋)



4人のブンデスリーガの選手と二人の元ブンデスリーガの選手がスタメンに名を連ねた日本はグループリーガでカンボジアと対戦し3:0で勝利した。日本はその前はシンガポールと0:0で引き分けており現在グループEで4ポイントを獲得している。


酒井宏樹(ハノーファー)、長谷部誠(フランクフルト)、香川真司(ドルトムント)、武藤嘉紀(マインツ)、それから岡崎慎司(レスター)らがスタメンで出場し、日本の勝利に貢献した。ハリルホジッチは4試合勝ちなしだったが、これでようやく勝利を祝うことができた。ゴールは本田圭佑(ACミラン、28)、吉田麻也(サウザンプトン.50.)、そして香川(61.)らが決めたが、サムライブルーに対して見栄えのしないカンボジアはシュートを1本放つのみに終わった。元バイエルンの宇佐美貴史(ガンバ大阪)は途中交代で出場した。これで日本はシンガポールと共にグループEにおいて首位にたっている。



【FIFA ドイツ語版】



グループEにおいては日本が今年最後となるホームの試合で3:0でカンボジアに勝利した。開始28分に本田圭佑が先制ゴールを上げた。後半には吉田麻也と香川真司がゴールをあげ3:0とした。







以上です。


ドイツでは今ユーロ予選真っ最中ですのでそれほど取り上げられてはいませんでした。やはり未勝利だったということでハリルホジッチに対しては疑問の見方もあるようですね。

日本対カンボジア、香川真司などでグーグル検索してみましたが、イギリスのテレグラフ、ミラー、Bleacher Reportなどで、“香川が2ヤードの距離からゴールを外す!”“香川、ショックなミス!”という見出しで記事になっていました。

それに対してドイツでは香川選手のミスに対して触れているメディアは今のところ一つもありませんし、キッカーは香川選手がゴールを上げた事を見出しに持ってきています。


些細な事かもしれませんが、こういう所にも国のメディアの特徴が現れているかもしれませんね。ミスは誰にでもあることですから、ドイツ人って割とミスには寛容なんです。記事や寸評で言及することはあってもそれを見出しに持ってきて大きな記事を書くようなことって他国に比べたら随分少ないかもしれませんね。今度ドイツ代表などで大きなミスをした選手がメディアにどんな扱いをされるかなどにも注目して見たいと思います。


【おまけ今日のドイツ】

20150905172718b14.jpg

昨日はザクセンスイス自然公園へ山登りに行ってきました。大自然の素晴らしい景色に感動し、これを写真に収めた満足感と達成感に浸りつつ膝が微妙に踊っているのを感じました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

No title
香川さんに限っては代表戦はハットトリックして、アシストして、ゲームメイクしてディフェンスしても相手が弱いから、周りがたすけてくれたからとかいう記事があふれるでしょうね。

日本は10番はパーフェクトなプレーヤーというメッシでも無理だろそれみたいなユニコーンみたいな神話があるので、ポエム記事か、香川外せーの記事しかけない日本の記事って読む価値ないなーとつくづく代表戦のたびに思います。
戦術とか、香川を外してどうする、どういう形を目指していまこの過程をたどってるとかそんな記事が書けるライターさえ見たことないですから。

元日本代表とか解説者も自分がたどり着いたことのない海外の選手に上から目線で説教できて、サッカーのお仕事ができてお金が稼げてよかったですねーと嫌味も言いたくなる人もたくさんいますし。
自分たちがサッカーの文化を作ったんでしょうが、引退後にサッカーの仕事があるのも海外に飛び込んだ選手がブームを継続してるおかげでもあるのに、戦術とか具体的なパススピード、誰のポジショニングがとか具体的な批判は香川以外はNGになってるみたいですね。
香川を批判できる自分はサッカーを知ってる、香川より自分はえらいというマウンティングみたいなスタンスなんですよね。

個人的には勝ち点取って、点も取ったのでMFの仕事はきっちりこなしてるので、次も勝って無事ドルトムントに帰る程度でいいんじゃね?としか思えませんが。
揚げ足を取る上司を気にしてても時間の無駄ですよね。
[ 2015/09/05 18:20 ] [ 編集 ]
No title
イギリスの記事に対するヤフーのコメントを見てしまい、うんざりしていたので、きちんとした記事を見ることができて良かったです。ハリル監督にケチ付けるわけではないけど、カンボジア戦にフルで出して疲労とかちゃんと考えて!って思いました。清武選手のようにならないか不安でしたね。
[ 2015/09/05 18:41 ] [ 編集 ]
確かに簡単なシュートをミスしたけどその後股抜きの素晴らしいシュートを決めたからチャラでもいいだろう
まぁ3-0と4-0ではだいぶ印象が違うけど
[ 2015/09/05 18:50 ] [ 編集 ]
No title
たしかに、こういうのはお国柄が出る気がして面白いですね。

ドイツはミスを強調しない、
日本は延々と引っ張る、
アメリカ&イギリスは強調すれども引きずらない。

というのが個人的な心象ですね。

しかし、ドイツ代表でのピシュチェク負傷交代が大したことなければ良いけど・・・。
[ 2015/09/05 19:01 ] [ 編集 ]
きっとさ10点とって勝ったら、アジアの弱小相手に特化した戦術で良いのか? みたいな事言うんだろうな。

香川がハットトリックしても強いチームにはうんたらかんたら。
このくらいの相手にはハーフナーとか入れて、そこにクロス合わせた方が有効とかいう意見言ってる人は、本当にそれで大勝して誉めるの? これが日本の力だって言うの?
[ 2015/09/05 19:28 ] [ 編集 ]
いつも記事を楽しみにしてます。ありがとうございます!日本では香川選手批判の記事が多かったので、ドイツ誌の反応は嬉しい限り。ドルトムント公式でもゴールの記事でしたね。代表戦観戦しましたが、後半宇佐美選手が入ってから流れがよくなりましたので、次回は二人の先発を期待。FW陣の得点がないなか、香川選手もゴールしましたし、楽しんでサッカーしてる香川選手が好きなので、ドイツ誌のように重圧かけずに応援したほうがのびのびやってくれる気がします。
[ 2015/09/05 20:19 ] [ 編集 ]
No title
日本とドイツは一般的に見てもミスに対する反応は真逆なんですね
確かに香川に対する風当たりは強いのですが、やはりそれは期待の裏返しではないでしょうか
香川はドルトムントでは輝いているのに、代表ではいつも今一つです
香川のポカはドルでも代表でも昔からありますが、23番のプレーよりもはっきりと内容で劣るからミスが強調されるのだと思います
例えば同じように期待を背負っている本田と岡崎は代表において内容に伴う結果を残しているので、肯定的な評価を得ているでしょう
しかし、この前の一試合の内容が悪かっただけで大きく批判されます(本田に関しては重要な先制点をあげたにもかかわらずです)
これもまた大きな期待の裏返しと言えますから、中心選手が批判の矢面に立たされるのはある意味仕方のないことなのかもしれません
[ 2015/09/05 20:21 ] [ 編集 ]
一種の炎上商法なんやろな、こういうことでしか話題を提供できないのよ日本のメディアはね。
日本の記者で純粋なサッカー記者なんて極わずか、海外クラブの会見にも日本人選手のことしか聞かない、海外のニュース記事を日本語に訳してヤフーに載せるだけ、自分では取材にすらいかない、東○ポ、ゲ○ダイの妄想記事とか酷いもんよ
[ 2015/09/05 20:52 ] [ 編集 ]
No title
日本は本当に知的なメディアが増えてほしいですね、ただつるし上げるのが好き、というような印象を受けます。あと、代表戦は毎回そうですけど、キャーキャー言い過ぎてて引いてしまいました・・・
[ 2015/09/05 21:27 ] [ 編集 ]
No title
日本はひとつの目立つミスを徹底的に叩く傾向がありますね。柳沢もそうだったし、吉田もその犠牲になりました。
そのせいか、日本代表はミスを恐れて危険な位置でパスが来ないようにしたり、失点に関わらないように危険な相手から離れていたりと、自分のリスクを避ける消極的なプレーを意図的に行う選手がいます。
そうした選手が積極的にプレーしている選手の負担を増やしてさらなるミスを誘発させてしまいます。
ミスを許さない土壌が消極的な選手を生んでいると思うと、残念ですね。
[ 2015/09/05 21:37 ] [ 編集 ]
No title
日本って誰かを叩かないと満足しないの。誰か1人を。
23番よりはっきりと内容が劣る?全然劣っていると思わない。
メンバーが違う、監督の戦術が違うのだから、プレーが違ってくるに決まってる。
香川の入れたクロス、ムヒは決めた。フンメルスは決めた。ギンターはアシストに持って行った。
じゃあ、代表では?誰も。
得点できなかったFWは何故責められない?
ゲームメイクできなかったボランチは?ポジションおかしかったSBは?パスミスした選手もたくさんいた。
サッカーを知っている気になってる人達は、何もわかってないと思う。
[ 2015/09/05 21:56 ] [ 編集 ]
No title
確かに。点とれないFWは何で責められないんだろ笑 ミスを徹底的に責めるのは日本の完璧主義の性質のせいなのかと思いますが、何かが違うんですよね・・・
[ 2015/09/05 23:08 ] [ 編集 ]
スポーツに限らず日本は失敗や疑惑に過敏なところがあると思います。
政治において過去の例で言うと宇野元総理は女性問題が発覚して即退陣でした。フランスやイタリアを始めアメリカなどトップ進退に関して公私を切り離しているようです。
再チャレンジできる土壌があると良いですよね。

香川選手は責任感が強いので、時に重苦しそうな雰囲気がこちらに伝わってきますけど、雑音をシャットアウトして、前進(リカバーを含む)することだけを考えて欲しいです。
[ 2015/09/05 23:40 ] [ 編集 ]
No title
本当に、なんで香川はあれだけ叩かれるんでしょうね?コンディションも他のメンバーより明らかによかったし、所々ゴール前でいいポジションもとっていたんですけどね。でもロイスから来るようなゴールライン際からえぐるようなパスはこなかった。視野が狭いのでしょうか。
まあ、ロイスだって決定機良く外すから。クロップ最後の試合、ポカール決勝でふかしてしまった映像は忘れられません(笑)

それよりも監督の采配や戦術に疑問を感じます。
コンディションの悪い長谷部と岡崎を使う必要あったのでしょうか。長谷部ではなく柴崎の方がもっと崩して、香川と本田を上手く使えたような気がしますし、ゲーム感覚が乏しくなっている長友も外してよかったのでは?

アジアのこのクラスであればJメンバーでも基本的には十分通用します。ですので、コンディションの悪い海外組は外して、コンディションのよいJ組を使って香川、本田を上手く動かす方がよい連携がとれたのではないかと思ってしまいます。
また、アジアであれば本田がトップ下をやった方が逆に香川が生きるかもしれないですね。
ヨーロッパであれば、正直今の本田は遅いので香川を真ん中かインサイドハーフに置いてメンバーを配置した方が間違いなく速攻が使えます。
そして、うっちーが恋しかった(笑)。右サイドバックは本当に酷かった…
いずれにしてもあれだけちぐはぐ、というかぐちゃぐちゃでバラバラな中、よく勝った(笑)、という印象です。

そして、今年の香川は一味違う!
試合の入りも香川だけ落ち着いているように見えました。もっと声を出して回りを落ち着かせられたらよかったですね。本田ですらちょっと空回りしているように見えましたから。あれには少し驚きました。
あとは、ミスして反省を口にしても引きずってはいない感じです。顔から悲壮感が出ていません。とても頼もしいくなったなと思っています。何だかんだここ5試合でアシストかゴールが必ずついているので上々なのではないでしょうか。しかもこの鬼スケジュールで!
兎にも角にも、全員が怪我なく無事にクラブへ帰れますように。
[ 2015/09/05 23:52 ] [ 編集 ]
本当に、点を取らなかったfwが批判されないのには腹が立ちます!
期待が大きいのではなく、難癖つけられているんですよね。
結果を残したら内容がー、内容がよくても結果がー、内容結果が出ても相手がー、ミスがーと。
もううんざりです。
それなのに一生懸命頑張っている選手を見て、あまりの報われなさに悲しくなります。
[ 2015/09/05 23:54 ] [ 編集 ]
No title
ああ、ドイツって文化遺産ばっかに目がいって自然のほうはあんまり知らないなあ。

今は日本代表よりシャルケで何が起きてるのかのほうが気になります…。もうなにがなんやら
[ 2015/09/06 00:08 ] [ 編集 ]
ドイツと日本代表でのプレーはかわんねえよ、香川すげえなと思った翌日にはなぜか叩く記事が乱発してる意味不明な現象が起きてるだけ。正直俺が日本代表観る目的は香川だからな。観てて楽しめる選手だから。だからそんなサッカーを楽しむスタンスでいけばいいのに。
。岡崎のクロス良かったなあて印象だし、ゴールも巧みだったし。あのシュートミスは!て怒り狂うのはな笑 オバメもシュートよく外すけどやっぱあの身体能力の高さに目が行き、シュートミスを延々議論なんてしてんの見たことないわ。
サッカーの面白さをみて感じるより粗探しに必死になるマスコミ。まあサッカーというスポーツには興味がなくビジネスとして誰をゴリ押しするか、誰を叩くかを会議室で決めてんだろうが。もうその時点で世界に勝つなんて百パーセント無理なのを理解した
[ 2015/09/06 02:20 ] [ 編集 ]
No title
香川の評価にしか興味ない人もいるんだろうけど、普通の人は全選手の頂点の日本代表としてみてるから。
個人のファンが、「彼だけが悪いわけじゃない他だって・・・」なんてのは空しい擁護だよ。
香川や本田への不当な批判が多いのは事実だけど、注目される凄いプレーヤーなので仕方ない部分もあるからね。
山口の全宇宙開発も批判されてはいるけど、地味だし。
香川は得点もしたし、十分活躍したと僕も見るけど、相手が相手だし、あのミスが殊更に注目されるのはどうしようもないよ。
仮に、ドイツ代表のミュラーがあのシュートミスしてたら失望はでかいし、ゲッツェだったらやっぱり叩かれてたと思うんだよね。
海外で活躍する個を追う人が増えたことで、個人にこだわる人も増加して、他の個のファンと言い争い、かえってアンチの声が大きくなる状況はひどいと思う。
ドルでも「香川の採点に対して誰々のが高すぎる」なんて言ってる人はこだわりすぎと思うね。香川を見るように、他の選手も必死に見てたのか疑問だし。
[ 2015/09/06 02:33 ] [ 編集 ]
No title
ミスを突っつくのはともかくとして
それを口実に「ドルの輝きを代表で取り戻せない香川」とか普通にヤフーにのってるの見て失笑したな。
[ 2015/09/06 03:19 ] [ 編集 ]
No title
香川が大活躍したドルの最初の2シーズンはたくさんゴールやアシストを決めてたけど、同時にボールロストを含めてミスが多かった。それでもドイツでの評価はシーズンを通して非常に高かった。ゴールに貢献していれば、攻撃の選手のミスは日本ほど大きくネチネチと取り上げない。
日本は減点方式で人を評価するけど、ドイツ人は加点方式で人を評価するのかなって思った。前者ではミスを恐れて萎縮したプレーになる、後者ではチャレンジして創造的なプレーが生まれる。どっちが本当に人を育てることになるのかな・・・
[ 2015/09/06 04:38 ] [ 編集 ]
No title
大変興味深い記事でした。

こういう考え方するから日本は
リスクを冒さず、
一流は出ても超一流が出ないんだろうな
と悲しくなりました。
[ 2015/09/06 08:35 ] [ 編集 ]
No title
イングランドでもスペインでもフランスでもドイツでもあの試合を評価するなら岡崎がターゲットになるはず。
なぜならストライカーだから。点をとったら最高評価、点を取らなかったら最低評価がストライカーの仕事。だから点を取らなかったストライカーは最低評価で総叩きの対象。

日本人はMFの10番が2点を取れなきゃ最悪みたいに思ってるけど、ストライカーの9番ジエゴコスタ、ハリーケーン、ルーニー、ベンゼマと点取れないFWはものすごく叩かれてる。なのに日本のマスコミに叩かれない岡崎は逆にストライカーとして認められてないみたいで可哀そう。

「ドルの輝きを代表で取り戻せない香川」とかありましたね。
でもあれって日本のマスコミが香川を叩いて日本の選手を持ち上げても「日本代表の中でドルトムントクラスでやってける選手はいない。なぜなら香川に合わせられないから」とか逆に思ってしまった。ブンデスで武藤がスカウトにあがったのはアジアカップで香川に合わせたからマークされたんだろうな、武藤は先を見据えて試合ができる世渡り上手な頭のいい子だなと当時思ったし。
[ 2015/09/06 09:09 ] [ 編集 ]
No title
ロイス・オバメ・ピシュチェク怪我?
もうこれ以上怪我しないでください
香川はヘルタ戦でも外したけど3点に絡む活躍でMVPだった
カンボジア戦も外しはしたが点も決めてチームも勝ったそれだけのことですよね
[ 2015/09/06 10:23 ] [ 編集 ]
No title
>ドルでも「香川の採点に対して誰々のが高すぎる」なんて言ってる人はこだわりすぎと思うね。香川を見るように、他の選手も必死に見てたのか疑問だし。

ドイツ誌の採点に関する議論は、香川選手を贔屓に見ているからではなく、その時の各選手の採点全体に対して単純に疑問だからだと思いますよ。逆に香川選手より○○選手の方が高くて良いのでは?とかもありますし。ただ採点が低いことに対して人種差別に言及するのはちょっと疑問かな。
[ 2015/09/06 10:38 ] [ 編集 ]
No title
日本でどのポジションよりもゴールに(貪欲というよりも)強欲なのはファンやサポーター、メディアだってことでしょうかね
などと厭味を込めて書いても仕方ないので(笑)
オーバメヤンまで怪我をしてしまいましたね…
ハードスケジュールで疲労が溜まる中、ベタ引きのチーム相手に90分プレーし続けてチャンスメイクもできる、なんて選手早々思いつきません。
加えて、ため息で選手を迎え送り出すことと、拍手で選手を迎え送り出すこと、どちらも次回の活躍の可能性が同じとは僕は思いませんがはてさて。
[ 2015/09/06 12:50 ] [ 編集 ]
No title
サッカーに限らず 下衆なマスコミ、酷いコメントには「あなたは何かご研究でも?」と言いたくなります。自分はどう転んでも何も達成出来もしない人の口ですね。
[ 2015/09/06 13:00 ] [ 編集 ]
No title
>個人のファンが、「彼だけが悪いわけじゃない他だって・・・」なんてのは空しい擁護だよ。

俺はどの選手も客観的にみて応援もしてるけど
カンボジア戦の香川が悪かったといってるやつは外したゴール以外何もみてないのか?
彼が悪いときは駄目だなって思うけど、あのときの香川の動きはまずまずよかっただろ。その上でゴーるもちゃんと決めたしな。

八月後半だけで6戦くらい戦ってボロボロな状態を考えれば上出来もいいところだろう。(というとすぐミスを持ち出されるだろうけど

これで勝ち点すらつかなえれば批判もまあしょうがないが、負けてもいない試合でメディアが戦犯探ししてるのは○ホとしか言いようがない。
[ 2015/09/06 13:14 ] [ 編集 ]
No title
ん・・・?あれ日本今首位だっけ?
シリアじゃねぇの?
[ 2015/09/06 16:28 ] [ 編集 ]
何が一番腹立つって日本の低レベルなマスコミですよね。あの素人でももっとましなものが書けるような内容でOKが出ちゃうんですから。しかも、いつまでたってもW杯のことを引きずったり、メンタルという言葉を使った印象操作が酷いです。たぶん、これは日本独特ですよね。
今回も日本とドルトムントの戦術やレベルの違いにも全く触れず、やれミスをしたから◯◯を外せとかいう記事もあって、その酷さに若干引きました。
[ 2015/09/06 19:15 ] [ 編集 ]
No title
日本の監督叩きと特定の選手叩きは本質は同じで、
日本人の完璧主義的な特徴によるものかなと推測します。
社会においては失敗やミスをした人を徹底的に叩く傾向がありますし。
もっとポジティヴな面を強調してもらいたいですね。
[ 2015/09/07 01:06 ] [ 編集 ]
No title
香川さんはミスしたとき、顔やコメントに反省の色が濃く出るタイプですね。
こういう人は、マスコミやネットにすごく叩かれやすい。

あの3点目は、いいシュートでしたよ。
…と私は思うけど、ゴールを決めたシュートについては無視ですね。
ミスを責めて笑ったりするのは、何もいいことないのだけど。
[ 2015/09/07 01:11 ] [ 編集 ]
確かに感情がモロに顔や態度に出る香川は、特に日本人には叩かれやすいタイプだろうな
[ 2015/09/07 02:09 ] [ 編集 ]
No title
昨今は香川と本田に対してだけ過剰に叩く人間が多すぎる。
全く公平な視点を持っていない。それを指摘された途端に必死に反論する。
これも異常だろ。

アンチの書き込みには組織的なものを感じる。
某政○与党のネトサポじゃないかと疑わざるを得ない。
[ 2015/09/07 02:29 ] [ 編集 ]
ドイツ紙もいい加減な記事があるけど日本は粘着質というかマイナー志向というか。何でもかんでも10番がと連呼するのはうんざりですね。それを言うなら9番がもっと点を取るべきなのにそれはいつもスルーなのが不思議。
[ 2015/09/07 18:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。