Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツ全国紙「単に素晴らしいドリブラー!」ビーレフェルトの堂安律を特集!

【南ドイツ新聞】



単に素晴らしいドリブラー!


doan333445.jpg


アルミナ・ビーレフェルトの堂安律は、日に日に自信を着けつつあるチームにおいて突出している。仮に残留が成功した場合、クラブはクラブ史上最高額でこの選手を獲得することになるかもしれない。



スポンサーリンク


ビーレフェルトのウーヴェ・ノイハウス監督は、この最高のストライカーについて、“彼は一対一の状況から解決策を見つける事が出来るんだ。”と語っている。これは数字の問題ではない。この日本人の堂安律は単純に素晴らしいドリブラーなのだ。


この22歳は予想に反して3:0と勝利したシュトゥットガルト戦において、1ゴール1アシストを記録し、何度も一対一の状況から打開策を見つけている。アルミナは堂安をアイントホーフェンから買取オプション付きのローン移籍で獲得しているが、堂安の成績はこれで3ゴール3アシストとなった。そしてこれは残留に向けて非常に重要な要素となっている。一方で、残留は堂安を正式に獲得する上での最低条件ともなるだろう。彼の移籍金は550万ユーロになるとみられており、その時に契約内容はすでに交渉済みとされている。


アルミナにとって堂安は決して安い買い物ではない。それどころかクラブ史上最高額という事になる。ビーレフェルトは総額2500万ユーロとブンデスリーガでも経済面では最も低い位置にいるのだ。しかし堂安はその金額以上のものをもたらしてくれるだろう。


ビーレフェルトは彼を売るためではなく、数シーズンに渡って留めるために獲得するつもりだ。そして中期的に彼がさらなる利益をもたらしてくれると見ている。これは残留するためのもう一つの目標となっている。


ノイハウス監督はシュトゥットガルト戦の後でもっと上の順位を目指しているかと質問されている。ビーレフェルトが1試合で3得点を挙げたのはこれが初めてだったのだ。しかし大事なのはここ5試合で1失点しかしていない事だ。アルミナのシュート数はブンデスリーガの中でも最も低く、1試合平均8.5本となっている。しかしその一方で走行距離はウニオン・ベルリンに続いており、対人勝率はバイエルン、レヴァークーゼン、グラートバッハを上回っているのだ。


ビーレフェルトは現在15位にいるが、直接降格圏のチームとすでに10ポイント差をつけている。これは素晴らしい成長だ。ではもっと上を目指すのだろうか?この質問に対してノイハウス監督は“イエス、14位だ。”と答えている。そこには同ポイントでヘルタが並んでいる。


ビーレフェルトは第3節後7連敗となり、下から2番目となっていた。ノイハウスは昇格を果たした後で、1部においても2部リーガで圧倒したような戦術を採用し続けたのだ。しかし1部でそれをやるにはクオリティーが足りない事に気が付くこととなった。そのため監督はポゼッションを少なくして、守備をコンパクトにし、よりアグレッシブに対人に挑むようにしたのだ。その後徐々に結果が出てきている。


キャプテンのファビアン・クロースは“シーズン序盤の守備には満足していないよ。その後のトレーニングは結構大変だったけど、後でうまくいくようになったね。”と語っている。


この守備における重要な存在がU21代表のアモス・ピーパーだ。この23歳のセンターバックは時にはオランダ人のファン・デア・ホルンの隣で、そして時にはスウェーデン人のニルソンの隣でプレーしているが安定した活躍をしている。ピーパーは2019年にドルトムント2部を放出されているが、どうしてドルトムントが彼を放出したのかは疑問だ。


また3年前にミュンヘン1860から移籍してきたキーパーのシュテファン・オルテガも素晴らしい活躍をしている。彼はこれまで70回のセーブを記録しているが、これはリーガ最高の記録だ。シュトゥットガルト戦ではカライジッチの短い距離からのシュートを、踵で止めている。その活躍からオルテガにハンドボールのドイツ代表キーパーの話も出てきたほどだ。


攻撃においては堂安以外にはラインホルト・ヤボとクロス、それからセルジョ・コルドバが自信をつけている。クロースは堂安と同じシーズン3ゴールを記録している。ビーレフェルトは中盤においてはパダーボーンのセバスティアン・ヴァシリアディスの獲得に動いているが、何より重要となるのはやはり堂安の正式な獲得だろう。

これまでもスポーツディレクターのサミール・アラビは一対一における交渉に対してうまく対応し、移籍ビジネスにおいて彼が素晴らしいドリブラーであることを証明している。






以上です。

後半はビーレフェルトについての内容となっていましたが、ドイツ全国紙(高級紙)の一つである南ドイツ新聞が堂安選手を取り上げていました。特集記事はチームのある地元紙で出ることは割と普通ですが、このように全国紙で取り上げられるのは、また違った意味合いがあります。それだけ注目度が高くなってきたという事ですね。




[ 2021/01/22 19:35 ] 堂安 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。