Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バイエルン、ザネー!背中の巨大なタトゥーを後悔!!!

【ビルト】

ザネー!背中の巨大なタトゥーを後悔!!


sane22225.jpg

バイエルンの、レロイ・ザネーはもう何年も巨大なタトゥーを背負っている。そこに描かれているのは、2017年にマンチェスター・シティーでプレーし、チャンピオンズリーグでゴールした自分の姿だ。


スポンサーリンク


彼はシュピーゲル紙のおいて、この巨大なタトゥーを少し後悔していると語っている。“すでに言ったように僕はまだ若かったからね。今だったら別な決断を下すと思うよ。僕は若い時はとにかく、たとえ痛みを伴ったとしても、自分でやってみなければ気が済まなかったんだ。”と語っている。


彼がこのタトゥーを入れた当時、イングランドでもドイツでも多くの議論を巻き起こした。


ザネー:“この話題が大きくなったのが当時は不思議だったね。まだ僕は若かったから。ドイツには僕よりも重要な選手が沢山いたのに、それでもこのタトゥーの方が話題になったんだ。”


ザネーは、自分が多くの場面で誤解されているとも語る。“友達が僕に向かって、傲慢なイメージになっているって言ったんだ。でもそれは少しばかり理解できるね。本当の僕は公の場ではどちらかと言えば控えめだし、自分をそんなに誇示したいとは思っていない。傲慢に見えるかもしれないけれど、そう思っての事ではないし、僕自身も決してそうではないよ。”と語っている。


そして彼は、“一度僕の家に来て、ダイヤモンドや金のネックレスなどがあるかないかチェックしてほしいよ。僕はそんなのは持っていないよ。それでも人々は僕をそういうタイプだと思っているね。僕はずっと洗面所で髪の毛のセットをするタイプでもないよ。朝起きたら歯を磨いて半ズボンのままトレーニングに向かうんだ。準備には5分もかからないよ。人々が僕を嫌いなのは構わないけれど、でも僕が本当はどんな人だかは知ってもらいたいね。”と続けている。






以上です。

この夏からバイエルンに移籍したザネーですが、リーガ15試合で4ゴール5アシストを記録していますね。スタメン出場はその半分の7試合となっており、最近では結構批判されています。

確かにこの背中のタトゥーはインパクトがすごいですね。これからの長いキャリアにおいてこのタトゥー以上の場面を経験する可能性は十分にあるわけですし、もうシティーにもいませんし、まあいろいろと後悔する気持ちは分かります。



[ 2021/01/23 08:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。