Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!監督交代の意味なし!グラートバッハにも敗れ5位後退!!

【スポーツビルト】コラム

監督交代しただけではタイトル獲得クラブは無理!!


bvb22225.jpg

ドルトムントの下降が続いている。

ドルトムントはグラートバッハに2:4で敗れてチャンピオンズリーグ圏内から脱落してしまったのだ。しかも土曜日のヴォルフスブルク、ウニオン、フランクフルトの結果次第ではヨーロッパリーグ圏内から脱落の可能性もある・・・。

スポンサーリンク


ドルトムントの幹部はこれまで夏に計画していた監督交代をすぐにでも行う事を考える必要があるだろう。しかし有力候補とされているマルコ・ローゼであっても今のドルトムントの守備、継続性、メンタルの問題をすぐに解決することはできないだろう。


会長のヴァツケとスポーツディラクターのハンス・ヨアヒム・ヴァツケはまずはキャプテンのポジションから考えなければならない。


その理由は、マルコ・ロイスがここ2年間チームの優勝争いを率いる事が出来ていない事だ。


“君たちのメンタル批判はもうたくさんだ。”とマルコ・ロイスは2019年にリポーターに対して発言していた。また彼は“優勝争いはその試合前も試合後も得に関係なかった。”とマインツ戦後(1:1)に発言し、ファン達をがっかりさせたのだ。


ロイスは自分のパフォーマンスの波と戦う事で精一杯だ。今では優勝への強い意志もなくなってしまったのではないかと思えるぐらいだ。若きムココ(16歳)やハーラント(20歳)のジェスチャーの方が迫力があるぐらいだ。


ドルトムントは優勝したければキャプテンについても考えなければならないだろう。


もしかしたらロイスもプレッシャーなしの方が良いパフォーマンスを発揮できるかもしれない・・・。





以上です。


ドルトムントはこれでレヴァークーゼンに続きグラートバッハにも抜かれてしまいました。下位だけではなく、ライバルクラブにもポイントを落とすようになってしまいましたね・・・。

監督交代にはリスクがつきものですが、まあ今回は悪い方に結果がでてしまいましたね・・。残念。



[ 2021/01/23 18:14 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。