Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

香川!テッサロニキ移籍決定!クラブ初の日本人!移籍の決めてはドイツ人SDのラブコール?

【キッカー】
クラブ史上95年で初の日本人!
レッベが諦めなかったから!香川がテッサロニキと契約!


Kagawa3336566.jpg

ようやく彼がやって来た!PAOKファンはそう思ったに違いない。香川がPAOKに来るという噂は土曜日に上がっていたが、その間コンスタンティノス・ミトログロウがライバルクラブであるアリス・テッサロニキに移籍する事でこの噂も一時下火となっていたのだ。しかしようやく多くのファンがこの移籍を喜ぶ事ができるようになった。


スポンサーリンク


これまで450試合以上に出場した香川真司はこのギリシアの伝統的なクラブに経験をもたらすとされている。香川は火曜日にテッサロニキに到着し、メディカルチェックを経て2022年までの契約にサインしている。香川はすぐに背番号23を得ている。


これまで、日本代表として97試合に出場した香川のキャリアはレアル・サラゴサを経てそのまま終わってしまうのではないかとも思われていた。しかしこの日本人はPAOKの95年の歴史における初めての日本人となり、そこで新たなチャンスを得る事となった。


パブロ・ガルシア監督は現役時代レアルやミランでプレーしているが、キャリア終盤にPAOKで6年間プレーして引退している。彼はそれ以来ずっとそこにいるが、2020年の10月に監督に就任しており、香川を10番として起用する計画を立てている。


10月と言えば、すでにその時にスポーツディレクターのオラフ・レッベが香川をテッサロニキに連れてこようとしていた。しかしその時点で、香川はこの誘いには乗らなかった。しかしこれも過去の事だ。“シンジは経験とクオリティーで我々の助けとなるだろう。我々は彼とPAOKによって健康的な解決策を見つける事ができて嬉しいよ。”と彼は語っている。


香川は昨年の10月にレアル・サラゴサと契約を解除しており、それ以来無所属となっていた。しかしその期間が大きなマイナスとなることはないようだ。“彼の状態は良いから、すぐに適応するだろうね。”とレッベは語っている。このドルトムントの人気者は、必要なプレー時間を得ればギリシアのリーグでそのレベルを示すことができるだろう。北ギリシアのPAOK周辺は特別な場所だ。しかしスタジアムが再び特別な盛り上がりを見せるまでには、コロナが収束するまで我慢しなければならない。


その時が来れば日本のファンもPAOKのユニフォームを着ながら、応援する事ができるだろう。



以上です。

香川選手の移籍が正式に決まりましたね。監督は10番での起用を考えているとの事なので楽しみですね。スポーツディレクターのレッベは10月から香川選手の獲得に動いていないようですが、キッカーでは香川選手の考えが変わるまであきらめなかったのがこの移籍につながったと見ているようですね。

ギリシアと言えば元ドルトムントのソクラティスがライバルチーオリンピアコスに移籍しましたね。現在ちょうど対戦中ですが、首位オリンピアコスが1:0で勝っています。

[ 2021/01/28 06:01 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。