Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

「香川真司はPAOKの空手キッド!!!ミヤギの教え子のサムライだ!」地元紙

【Suptniknews】

香川真司!ミヤギの教え子のサムライ!!

Kagawa3336566.jpg


PAOKの“空手キッド”こと香川真司がサッカーを始めたのは5歳の事だ。彼はまだ成人になる前にプロ選手として契約している。この日本人の歴史は非常に興味深いものだ。




香川真司は1989年の3月17日に日本の神戸で生まれている。彼は子供時代は毎日サッカーをして過ごしている。彼は学校(幼稚園?)でサッカーする機会を奪われると涙を流したと言われるほどだ。


スポンサーリンク



彼のこの情熱を見た両親は5歳の時に街のサッカーアカデミーに入学させる決断を下す。彼は1994年から1999年までサッカークラブのマリノでプレーし、1999年から2001年までを神戸NKSCで過ごしている。


そして12歳になった彼はプロ選手をめざすべく、かつてのみやぎバルセロナでさらなるプレーをする事となっている。


みやぎバルセロナは彼の故郷から500マイルも離れた所にある。みやぎバルセロナとスペインのバルセロナには何のつながりもないが、それでも香川はそこで個人的な技を身に着ける事となった。


未成年でプロ契約した最初の日本人


彼はこの仙台にあるアカデミーでこのスポーツの秘密を学んだが、その学んだことをすぐにプロとして発揮している。彼は17歳でセレッソ大阪に入団したのだ。彼は当時、高校卒業前の未成年としてプロ契約をした最初の日本人だった。


彼は子供のころからスペインのバルセロナでプレーするという大きな夢を持っていたが、2009年に日本の2部リーガで得点王となると、ヨーロッパの多くのチームの注目を集める。


そして2010年にボルシア・ドルトムントが彼を見つけ、この才能に投資するべく西ドイツへと連れてきたのだ。


彼は最初のシーズン28試合に出場し12ゴール2アシストを記録しリーグ優勝を果たしている。さらにその次の2011/2012シーズンにおいて、彼はユルゲン・クロップ監督の下43試合に出場し17ゴール14アシストを記録し、ダブル達成に大きく貢献しているのだ。その結果彼はイングランドのオールドトラフォードへと行く事となる。


ポルノスターとの写真


彼が2012年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍すると、彼がポルトスターの一ノ瀬アメリと付き合っていると噂される事となる。しかしこの噂は本当ではなかったことが明らかになっている。


この噂の原因は香川と一緒に写っていた女性が、このポルノスターに良く似ていたためだ。この写真の女性はテレビで司会を務めていたマーガレット・奈月であり、彼女がドルトムントへの移籍について香川真司にインタビューをしていたのだ。


香川は移籍したプレミアリーグにおいて、サー・アレックス・ファーガソンの下でリーガ優勝タイトルを獲得する。彼は26試合に出場し6ゴール6アシストを記録している。



彼は2014年の8月までマンチェスター・ユナイテッドに在籍したが、その後でドルトムントに復帰し2019年までプレーしている。そこでは2016/17シーズンにポカール優勝も経験している。

2部からPAOKへ

その後半年間トルコのベシクタシュでプレーすると彼は2019年にスペインに行く事になる。彼はレアル・サラゴサでプレーする事となったが、このスペインのクラブには香川は高価すぎたため、昨年夏に契約を解除している。そしてその結果香川はギリシアのPAOKへとやって来ることとなったのだ。


香川は19歳以来日本代表として97試合に出場し、日本でも最も重要な選手となっているが、2011年にアジアカップで優勝し、さらに2014年と2018年のワールドカップに出場している。







以上です。

ギリシアで香川選手の紹介記事が出ていましたが、ここではしっかりポルノスターの件が訂正されていました。

空手キッド(映画)と呼ばれていますが、現在ネットフリックスでその続編のコブラ・カイというドラマが放映されていますね。空手キッドに出ていたミスター・ミヤギとみやぎバルセロナをかけて、ミヤギの教え子という事になっていました。



[ 2021/01/29 05:55 ] 香川 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。