Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

チェルシー監督就任のトーマス・トゥヘル!「目標はタイトル獲得!!!」

【スポーツビルト】

トゥヘル!チェルシーでの計画について語る!!

Tuchel2222555.jpg

トーマス・トゥヘルのチェルシーでの冒険はウルヴァーハンプトンとの初戦を0:0で終える形で始まっている。

彼はクラブホームページ上のインタビューで彼の計画、チーム哲学、移籍を決断するまでなどについて語っている。

スポンサーリンク


“私は人生が下っていくように感じていたけれど、ここ3日は再び上昇しているように感じるね。とにかく私と監督チームはこのチェルシーでのチャンスを逃してはならないと感じたんだ。本当に信じられない感じだったよ。”とトゥヘルは語る。



トゥヘルはフランク・ランパードの後を引き継いでいるが、このドイツ人監督は12月にPSGを解雇されていたのだ。彼はこのチームでの仕事について、“スカッドのメンバーは本当に信じられないようなミックスだね。経験もあれば、ものすごい個性もある。それに加えて若くて才能のある選手だ。これを一つにして成長させるのが僕が最も愛している事だよ。”と彼は語る。


彼にとっては、良い育成とは、“世界中のどのクラブにとっても必要なことだよ。そしてチェルシーのアカデミーはヨーロッパでも最高の一つであることは有名だね。これらの若者を育てる道がなければならないね。でも彼らには時間が必要である事も忘れてはならないよ。”とのことだ。そしてクラブの要求とこうした事を合わせるのは“大きな挑戦だ。”としている。


トゥヘルはインタビューにおいてインテンシティとハングリー精神に言及している。“70、80%はあり得ないよ。”彼が意識するのはリヴァプールのような全力サッカーだ。


彼はチェルシーでも大きなプレシャーにさらされていることは分かっている。アブラモヴィッチュのクラブは成功を期待しているのだ。そしてトゥヘルもそれを良く理解している。そして彼は目標を高く設定している。“我々は自分たちで目標を高く設定したよ。自分にもそれを要求している。我々はチームを完全に上まで持ち上げなければならない。それ以下はないよ。私にそれができるだろうか?それは分からないけれど、それが目標だ。”


そしてトゥヘルは、“私はタイトルを獲得したい。このクラブにとっても重要なのはタイトルだ。そのためにはチーム内、そしてチームと監督チームの間に良い雰囲気を作らなければならないね。ファンもその事を感じられるようにね。私はスタジアムの人々が幸せであり、エキサイティングだと感じられるようであってほしい。そして彼らに我々が勝利に対してハングリーであり、負けを恐れていないと感じてほしいね。我々に失うものない。我々はサッカーという好きな事をやっているんだからね。みんなそれを感じるべきだね。”と語った。





以上です。

トゥヘルがチェルシーの監督に就任しました。チェルシーは現在30ポイント獲得で8位にいますね。CL圏内で4位のリヴァプールとは7ポイント差、首位のマンチェスター・シティとは11ポイント差となっています。

[ 2021/01/30 05:54 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。