Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

鎌田、長谷部先発のフランクフルト!ホッフェンハイムに快勝し4位浮上!!

【スポーツビルト】

フランクフルト!チャンピオンズリーグを夢見る!

Hasebe222209534.jpg


そう、これが真実だ。チャンピオンズリーグ圏に浮上!フランクフルトがホッフェンハイムを3;1で下し、ここ8試合で7勝目を飾った。

アイントラハトの2021年は絶好調だ!4位なのだ!フランクフルトはドルトムントとグラートバッハを抜かしたばかりだったが、今度はレヴァークーゼンまで抜かしたのだ。


スポンサーリンク


それはフィリップ・コスティチがまたしても素晴らしいプレーを見せたためだ(1ゴール2アシスト)


▶15分:コスティチがシュートをファーサイドに決めて先制だ。

ホッフェンハイムは彼にとっても非常に愛称の良い相手となっており、通算で5ゴール目となっている。


▶62分:コスティチがフリーキックを正確にヌディカに送る。ヌディカがそれをヘディングで決めて2:1だ。


▶64分:今度はコスティチからカウンターだ。コスティチがアンドレ・シルバにクロスを上げると、シルバが決めて3:1と試合を決めている。



これでコスティチはここ3試合で8スコアポイントを記録している。対ホッフェンハイム戦での通算アシストも6となっている。


今シーズン、コスティチの親友ミヤト・ガチノヴィッチがフランクフルトからホッフェンハイムに移籍していたが、この二人の対決はコスティチに軍配が上がった。


アディ・ヒュッター監督は、試合前に、“ミヤトが彼の面倒を良く見ていたのを覚えているよ。彼らは今でも良い友達だね。”と語っていた。


ガチノビチはこの親友を2018年の夏に空港まで迎えに行っている。彼らは試合前にも何やら話をしていた。


しかしガチノビチは前半で後半させられている。ホッフェンハイムは途中1:1と同点に追いついたが、足りなかった。


フランクフルトは再びヨーロッパ出場を夢見て戦う!!



以上です。

フランクフルトが絶好調ですね。今回はコスティチがすべての見せ場を持って行った感じですが、鎌田選手も長谷部選手も先発しています。長谷部選手は6番としてプレーするようになってからは70分ぐらいで途中交代していますが、交代枠が5人使えるのは大きいですね。フランクフルトは3位のヴォルフスブルクとも2ポイント差ですから、チャンピオンズリーグ争いが面白くなってきましたね。







[ 2021/02/08 08:38 ] 鎌田 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。