Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

久保!来期はレアル・マドリッドでプレーか?クラブが本人に伝える!



【ゴール】スペイン版

久保!エメリとの衝突後初のベルナベウ!

kubo2222555.jpg


マドリッドは、久保に来年の7月にレアル・マドリッドに戻りそのまま残るように伝えている。久保はビジャレアルではチャンスがなかったが、ヘタフェでは完全に主力となっている。


19歳の久保は今日ベルナベウにやって来るが、そこで来年の7月以降、どんな感じになるかを少しばかり見ることになるだろう。

スポンサーリンク




この日本人はヘタフェの一員としてレアル・マドリッドと対戦するためにやってくる。クラブは昨年の夏に2021/2022シーズンにレアル・マドリッドの一員となる事を伝えたとされているが、彼はビジャレアルのウナイ・エメリ監督の下で難しい状況を過ごした後でヘタフェのレギュラーとなっている。




昨年の8月にはビジャレアルが、彼を獲得するために名乗りを上げていた。会長のフェルナンド・ロイグは久保を獲得するために説得していたが、それに必要とした金額は給与などを含めて700万ユーロにもなるとみられていた。しかしウナイ・エメリ監督は久保にプレー時間を与えなかった。久保はクリスマスまで19試合で687分間プレーしているが。これは1試合平均にすると36.15分だ。彼が先発した試合は8試合あるが、そのうち5試合がヨーロッパリーグとなっている。彼はそこで1ゴール3アシストを記録した。


久保の移籍は非常にデリケートな形で実現している。エメリ監督は12月19日以来久保を起用しなくなり、それによって選手もレアル・マドリッドも移籍する方向へと動いたのだ。それに加えて監督は久保の最後の一週間ではメンバー入りもさせなかった。


1月19日に控室で力を持つダニ・パレホが、この日本人についてEl Largueroにおいて “彼は一度たりとも嫌な顔を見せなかったし、そのようなジェスチャーやコメントもなかった。むしろその反対だよ。彼は凄くポジティブだ。彼が多くの有能な選手がいるトップクラブにいる事も事実だ。彼は最終的にマジョルカでプロとして初めての一年を過ごしている。“と語っている。



こうした久保の状況を見ていたヘタフェのボルダラス監督は、彼を獲得するために動いている。タケとアレニャの獲得がヘタフェを生き返らせるという感じは少し薄れてしまったものの、このチームはそれでも成長を示している。久保の加入後、16位から14位まで浮上し、降格圏からは4ポイント差となっているのだ。


久保はチームメートと全くトレーニングをしなかったにも関わらず、ヘタフェデビュー戦において26分間プレーし、1:3の勝利(エルチェ戦)に大きく貢献している。その後ウエスカ戦に先発、さらにビルバオ、アラベス、セビージャ戦と続いている。そして久保はレアル・マドリッド戦でプレーする準備をしているところだ。彼は昨年の6月にマジョルカでこの地を訪れている。もちろんジダンが続投しなければレアル・マドリッドの計画が変わる可能性があるが、そうした驚きがなければ、久保は次は白いユニフォームを着る事となるだろう。




以上です。

久保選手は監督交代がなければ復帰が濃厚との事ですが、今日の試合でアピールして欲しいですね。

[ 2021/02/10 05:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。