Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

シュトゥットガルト!遠藤航を大特集!24項目にわたる特大インタビュー③!

【シュトゥットガルト、スタジアム・マガジン】

遠藤航インタビュー!


Endo2.jpg


S湘南ベルマーレについて


僕が16歳の時に、ベルマーレのスカウトが僕に目をつけてくれました。それは僕にとっては本当に大きなチャンスでした。そこに移籍してから1年ちょっとで初めてプロとしての試合に出場しましたが、それから何度も試合チャンスを貰いました。そのシーズンは最下位で降格してしまいましたが、その後2部で1シーズンプレーしたことは成長する上で良かったですね。若いにも関わらずプロとして多くのプレー時間を貰う事が出来ましたから。それにそこでは5年で2回昇格を経験しましたが、非常に感情的な経験でしたよ。湘南ベルマーレでの経験はキャリアにとっては非常に重要ですね。



スポンサーリンク



Tハンブルク戦でのゴールについて

あれはずっと思い出に残るゴールですね。それがシュトゥットガルトに来てから唯一のゴールだからではありません。その試合がシーズンで最も重要な物だったからですよ。試合は0:2とリードされていましたが、それで1:2とすることが出来ました。最終的には逆転して3:2で勝利しましたからね。そのような試合は忘れません。


U浦和レッズについて


日本でもっとも大きなクラブの一つです。23歳でそこに移籍しました。チャンピオンズリーグでプレーしたかったので。そこで2年半プレーしましたが、チャンピオンズリーグで優勝し、日本のカップ戦でも優勝しました。すごく良い経験をしましたね。


VFBシュトゥットガルトについて


ここでの出だしは難しかったですね。出番がなかったので。でも今はブンデスリーガ、そしてシュトゥットガルトでプレー出来て凄く幸せですよ。そして時々キャプテンを任されて誇りに思いますね。僕は常に他の選手のお手本になるように心がけています。そして若い選手と話そうとしています。でも僕のドイツ語はまだそこまで良くありません。これからはシュトゥットガルトと共に次のステップに行きたいですね。


Wワールドカップ2018について


個人的にはがっかりしています。メンバーに入りましたが出番がありませんでしたから。それでもポジティブでいようとしました。メンバー入りしないよりは良いですからね。それに大会に参加するという経験を集めるのは良いものです。その後次のステップに進むべくヨーロッパに移籍しようという思いが強くなりました。


Y横浜マリノスについて


僕は小さい頃、そこでお父さんと一緒にJリーグの試合を見ました。僕は熱心なサッカーファンでプロになりたかったんです。横浜マリノスのトライアルにも参加しましたが、そこで受け入れられることはありませんでした。


Z時差について


日本との時差は8時間ですね。だから日本の人達とコミュニケーションを取るのは簡単ではありませんし、日本のサッカーをライブでみるのも難しいです。今でも浦和レッズと湘南ベルマーレの試合はだいたい見ています。だいたいは録画かハイライトになりますが・・。



以上です。


これで遠藤選手のインタビューは全部です。シュトゥットガルトは今日の試合でヘルタに1:1の引きわけとなりましたが、遠藤選手はフル出場しています。


シュトゥットガルトはここ5試合で1勝3敗1分けとなっており、前半の調子と比べると落ちていますね。ただポイントではヨーロッパ圏と6ポイント差ですから、勝負はこれからですね。







[ 2021/02/14 08:27 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。