Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

堂安先発ビーレフェルト!バイエルンに3:3の引き分け!!!堂安は負傷交代

【ビルト】

バイエルン!クラブワールドカップの後で揺らぐ!

bbbfr.jpg


ビーレフェルト戦で6ゴール!!




これはいったいなんという試合だろうか?



雪が降る中、ビーレフェルトの英雄たちの活躍だ。バイエルン対アルミナ・ビーレフェルトの試合は3:3の引き分けに終わったが、非常に見どころの多い試合となり、これは今シーズンのブンデスリーガでも最も良い試合の一つだろう。

スポンサーリンク


最終的にはアルフォンソ・デイヴィスのドロップキックがバイエルンの1ポイントを守っている。


大雪


試合開始の笛がなると、スタジアムは冬の競技へと早変わりした。大雪が降り、なんと芝生が雪で覆われてしまったのだ。試合はラインが見えるようにするために2度も中断されている。ビーレフェルトのファビアン・クロースは試合後、“雪があった時の方が簡単だったね。でもやっぱり彼らは最終的にはワールドカップで優勝したチームだったよ。”と語っている。


ビーレフェルトの英雄たち



現在16位のビーレフェルトがバイエルンに対する様子といったらクレイジーだった。この昇格チームはがちがちに守るのではなく、勇敢に攻めてきたのだ。そして3人の選手が初ゴールを決める。ヴラプ(9)、ピーパー(37)、ゲバウアー(49)だ。これが彼らにとって今シーズン初ゴールで、途中バイエルンを相手に2:0そして3:1とリードしたのだ。“前半はすべての一対一で勝っているかのように感じるぐらいだったね。2度のチャンスから2ゴールを挙げたよ。一ポイントでもOKだ。”とピーパーは語っている。


バイエルンの巻き返し


バイエルンは後半から力を発揮する。レヴァンドフスキ(48)、トリッソ(57)、デイヴィス(69)がゴールを挙げたのだ。バイエルンは8人の選手を諦めなければなかった。温存されていたキミッヒが58分からプレーするとバイエルンは勢いを取り戻す。ストライカーのシュポ・モティンは“ビーレフェルトはすごく闘志があったよ。天気がリズムを壊してしまったけれど、僕たちもメンタルを示したと思う。3:3はオーケーだ。”と語っている。


バイエルンの守備は非常に揺らいでおり、センターバックのズィーレは最初の2失点に絡んでいる。右サイドバックのサルは3失点全てに絡んでいるのだ。しかもバイエルンが勝つには運も必要だった。コルドバが4:3となるゴールを挙げたが、クロースがわずかにオフサイドだったためにこれが無効となったのだ。


ハンスィ・フリック監督はこの結果に不満ではない。“先週多くの試合を終えた後で、このように巻き返したのはポジティブだ。だけどもっと良く守らなければならない。チームはメンタルを示したよ。”と彼は語った。






以上です。


ビーレフェルトがバイエルンに引き分けましたが、先発した堂安選手は41分に負傷交代となっています。膝を痛めたとのことですが、まだ詳しいことは分かっていません。軽傷であることを願います。




[ 2021/02/16 17:25 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。