Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ヘタフェ!すでに久保獲得の効果があらわれる!一方ビジャレアルは下降線!!

【Defensacentral】

ヘタフェ!すでに久保獲得の効果が表れる!一方ビジャレアルは下降線!


ヘタフェは久保加入後、ソーシャル・ネットワークでの人気が5%上昇している。



kubo112456.jpg



2019年の久保の獲得がレアル・マドリッドにとって最高の投資だった事に疑いはない。この選手はまだトップチームではプレーしていないが、そこでプレーするべく引き続きスペイン1部のチームでトレーニングに励んでいるのだ。現在EU圏外枠が埋まっている事もその理由の一つだ。レアルはこの獲得がクラブの懐を温かくするため、決して焦ってはいない。

スポンサーリンク


日本市場からの注目は大きい。すでに久保がラ・リーガに来たためその興味はプレミアリーグを上回っているのだ。さらに久保がこれまでプレーしたすべてのクラブ、マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェがポジティブな影響を受けている。ヘタフェはこのローン移籍に125万ユーロを支払ったが、すでにこの数字に見合う結果が出ているのだ。ヘタフェはラ・リーガの中でも最も成長したクラブとなっているのだ。

すでに久保の効果はマジョルカ時代にも証明されている。日本ではレアル・マドリッドとバルセロナよりもマジョルカの試合の方が視聴されたのだ。


しかしビジャレアルはウナイ・エメリ監督が久保にチャンスを与えなかったために、それほど効果を上げる事が出来なかった。


ヘタフェのフォロワーの数字は久保加入後5%も上昇している。“Iquii Sport”が報じた所によると、Facebook、ツイッター、インスタグラム、Youtubeのフォロワー数が伸びたとのことだ。


ヘタフェの人気が上がった一方でビジャレアルでは1,1%も人気が下がっている。数字が下がったのはラ・リーガでもビジャレアルだけだ。


ヘタフェはフォロワーの数でカディスやアラベスを追い越しておりいるが、最も利を得たのはマジョルカだ。最も日本で視聴されたラ・リーガの10試合中、8試合がマジョルカ戦なのだ。昨シーズン日本で最も多く視聴された試合はマジョルカ対ビジャレアルとなっている。





以上です。

ヘタフェは監督とクラブがうまくいっていないですし、解任の噂もでていますから久保選手への影響が心配ですね。こういう状況で結果を出すのは簡単ではないでしょうが、頑張ってほしいですね。



[ 2021/02/18 18:35 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。