Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルト!鎌田の1ゴール1アシストでバイエルンに2:1の勝利!!長谷部も先発出場!

【ビルト】

フランクフルト対バイエルン、2:1

フリック監督はフラストレーションを溜める!!


fc2blog_20210221014310637.jpg


バイエルンがまたしてもリーガで躓いている。


バイエルンはカタールで行われたクラブワールドカップで6つ目のタイトルを獲得したが、その後うまくいっていない。ビーレフェルトに3:3で引き分けた後で、フランクフルトに1:2で敗れたのだ。

スポンサーリンク


それはバイエルンが前半にひどいプレーをしたためだ。


12分:コスティチが最終ラインから中央の鎌田にパスを送る。鎌田がそれをファーサイドに決めてフランクフルトが先制だ!!!


31分:またしてもフランクフルトが最終ラインまで上がる。今度は鎌田からのパスをユネスが決めて2:0としている!!


バイエルンはまるでだめだ。


ミュラー、パヴァール、トリッソ、グナーブリー、そしてコスタを欠いたバイエルンはなんとかそのまま前半を終える。ハンズィ・フリック監督はビーレフェルト戦でうまくいかなかったにも関わらず再びレヴァンドフスキーとシュポ・モティンを起用している。


この監督も不機嫌なのも決して不思議ではない。


ハーフタイム中にはフリック監督が審判と議論する場面も見られた。バイエルンのチャンスでレヴァンドフスキーのオフェンス・ファールがとられたためだ。さらにフリック監督は62分に文句をいったために自身初のイエローカードを貰っている。


バイエルンが良くなったのは後半になってからだ。レヴァンドフスキーがザネーのソロから無人のゴールにボールを押し込んで一点を返す事に成功している。しかしそれ以上はなかった。日曜日にライプツィヒがヘルタに勝利すれば、その差は2ポイントとなってしまう。


それに加えてバイエルンはラッキーだった。デイヴィスのアッヘに対するファールは明らかなPKだったが、審判はそう判断しなかったのだ。ビデオ審判も介入しなかったが、これは疑わしい判定だ。

フランクフルトの快進撃が続いている。今年に入ってから9勝2分けと断トツでベストチームとなっている。今日は18点を挙げているシルバが背中の痛みのために出なかったがそれでもチャンピオンズリーグ圏内を維持している。




以上です。

長谷部選手と鎌田選手が先発したフランクフルトでしたが、なんとバイエルンにも勝利しましたね。鎌田選手のバイエルン相手に1ゴール1アシストの活躍は本当にすごいですね。これで3ゴール11アシストと数字を伸ばしています。



[ 2021/02/21 01:45 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。