Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

バイエルン戦で1ゴール1アシストの鎌田に高評価!採点と寸評!

【Sport.de】

フランクフルト!対バイエルン戦採点と寸評!


zgxo36b53saklwvsxx0h.jpg

トラップ 2

序盤はまったく出番がなかったが、その後キミッヒとコマンに対してセーブする。後半は空中戦において何度かアクロバティックなプレーを披露。勝利に貢献。


トゥタ 3

出だしは良かったが、その後右サイドでコマンに押されてしまう。対戦相手の素早さにあまり対処できず、何度もクロスを上げさせてしまう。

スポンサーリンク


ヒンターエッガー 2.5

スペースにおいて良い嗅覚を発揮し、バイエルンのカウンターに対しては何度も良いポジショニングを見せている。ボールを奪うもミスもあった。一対一はいつものように容赦なかった。


ヌディカ 3.5

サネーとの一対一では欠点が出た。何度も彼に抜かれており、1:2の場面では完全にやられてしまった。しかし組み立てにおいては何度も良いパスを見せている。


ローデ 3

徹底的に一対一に挑み中盤をしっかりと閉めていた。さらにプレー面でのクオリティーも見せている。しかし徐々にとっかかりを失い、ファールでしか助ける事が出来なかった。


イルサンカー 2.5


終盤は対人で良い勝率を見せる。パスもミスが少なかった。しかしバイエルンの圧倒的なプレーを破る事は出来ず。


長谷部誠 3

序盤はボールを持って何度も重要なアクションを起こしている。ボール奪取から何度も素早い切り替えのきっかけとなっていた。しかしバイエルンが圧倒的となると、後手に回り、ほぼ全ての一対一で敗れている。


コスティチ 1.5


左サイドでいつものように成功を収めている。バイエルンのスペースを容赦なく見つけ、1:0をアシスト。その後も良いチャンスを演出している。終盤にはもう少しでゴールする所だった。


鎌田大地 2

攻撃においてだいたいいつも正しいスペースにいて、ドリブルで相手にとっての脅威となっていた。そして12分に先制点を挙げている。しかし何度か簡単にボールをロストしている。


ユネス 1.5

序盤、彼を止めることはほぼ不可能だった。彼はその軽やかさで対戦相手を交わし12分のゴールの起点となっている。その後2:0となるゴールを決めている。後半はあまり目立たなくなった。


ヨヴィッチ 3

チームプレーに徹し、攻撃の中継点としてプレーし、ボールを散らしていた。ミスはほとんどなかったが、ゴール前では特に決定的な場面はなかった。






以上です。


バイエルン戦での採点があがりましたので紹介しました。バイエルンにも勝ちましたから、チャンピオンズリーグも現実的な目標になってきましたね。本当に楽しみです。

[ 2021/02/21 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。