ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス!豆乳ダイエットについて語る①!!最新インタビュー《ドイツの反応》

昨シーズンの不調の原因が太りすぎだったと語っていたフンメルスですが、今シーズンは体を絞って今の所好調を維持しています。今回は“ヴェルト”の記事にダイエットにまつわるインタビューが掲載されましたので紹介します。






フンメルス:だから僕は豆乳を飲むんだ!

entry_img_583.jpg


ヴィッラ・ケネディーにおける昼休み。このドイツ代表選手は月曜日の夜にグラスゴウで行われる、ユーロ・フランス大会予選のトレーニングから丁度戻ってきたところだ。あと30分でフランクフルトのホテルで昼食の時間となる。マッツ・フンメルスはトレーニングウェアに身を包み、機嫌良さそうにロービーを横切ってやって来て、バーのソファーに腰掛けた。ボルシア・ドルトムントのディフェンダーはガス無しのミネラルウォーターを飲み、ウエイターはナッツとクッキーの入った皿を持ってきた。



フンメルスさん、あなたは夏に食事のスタイルを変更したみたいですが、お菓子を食べても大丈夫なんですか?(注:テーブルのクッキーを見て)


スポンサーリンク


大丈夫だよ。時々このぐらいを食べるのは全然構わないんだ。今は特にそれを食べたいわけではないから食べないけどね。でも基本的には(食事は)楽しめるよ。例えばへルタ戦での勝利の後では、久しぶりに家でアイスを食べたんだ。2ヶ月ぶりにね。


それで?


良かったね。(笑)


あなたは最近、壊滅的だったブンデスリーガ前半戦が終了した2014年の終わり頃は、ストレスが原因による食べ過ぎで太っていた、と白状しましたね。


僕はいつもちょっと重かったんだ。これまでにも軽かった事は全然なかったんだよ。90キロ以下だったのは17才の頃だからね。基本的に食生活が悪かった事はないし、三度の食事も健康的だったんだ。でも決定的だったのは、その間に食べたものだね。例えば夕食後のスナックやデザートなどね。

20150908164810833.jpg


あなたは今ではもうそれらは食べないと?


今ではそれを食べないでも平気でいられるような状態になっているね(笑)。



乳製品は食べたりしますか?


確かに最近では動物性の食べ物がいつもお勧めできるものではない、という事がよく語られるようになってきているね。僕も完全菜食主義者ではないけれど、例えば豆乳とかを家でも飲むようになったんだ。牛乳を飲むことはほとんどなくなったね。チーズを食べる事も大分減ったよ。それから毎日肉や魚を食べないように心がけているんだ。



最近ではアイントラハトのアスレチックトレーナーが選手とともにヴィーガン(注:完全菜食主義、乳製品も取らない)のレストランに行ったようですが、プレ選手としてこのような食生活でもトップレベルのパフォーマンスを発揮できますか?



アイントラハトの事は僕も聞いているよ。良い試みだと思うね。僕個人的には完全菜食主義者の選手は知らないね。こうした食生活がプロ選手として機能するかは解らないな。少なくとも僕が完全菜食主義者だったらもっと沢山食べなきゃならないだろうね。チーズや肉はやっぱりお腹に溜まるからね。それらを全て諦めるのは僕にはハードすぎるね。サッカー選手として完全菜食主義者になるのは本当に難しいと思うよ。でもこうした食生活の一面を日常にすこし取り入れるのは意味があることだと思うよ。


サッカーはより完璧性が重視されますか?


サッカーは毎年、より細部が重要になっているね。フィットネス・トレーニング、食生活、他のスポーツからの影響。常に何か新しい事がやって来るんだ。僕が思うには、今後はよりダイナミックでアスレチック(注:陸上競技の選手的な)な方向に発展していくと思うよ。


あなたはどのぐらい他のスポーツを参考にしていますか?


素早さを得るトレーニングではフットボールを見ること試してみたよ。アメフトの選手たちの中には100キロ以上体重がある選手も結構いるけど、みんな100メートルを11秒で走るからね。本当にすごい陸上競技者みたいだね。その中からいくつかよい練習を得ることができたよ。


アメフトではトレーナーチームが物凄いですね。サッカーでもじっくりその方向に行っていると思いますが。


そうだね。でもそれはいいことだよ。僕はバスケットのファンで良くNBAを見るんだ。どのチームにも攻撃のトレーナーが一人、ディフェンスのトレーナーが一人いて、それから他の分野にもいるね。本当に興味深いよ。






長いので2回に分けます。


前半は食生活についてのインタビューとなっており、個人的にはとても面白かったです。こういうインタビューも良いですね。


後半はよりスポーツ面に関する質問になります。新監督トゥヘルに関する質問などもあり興味深い内容となっていますのでお楽しみに。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_2247.jpg

ザクセンスイス国立公園内のハイキングコース

結構傾斜があるので足にきます。ドイツ人はハイキングにはバッチリ完全装備で臨む人が多いです。
ちなみにドイツ人が大好きなアウトドアブランドはジャック・ヴォルフスキンです。
管理人のリュクサックもドイツ人っぽくこのブランドにしてみました。


お知らせ:ツイッターに記事予告や短すぎて記事に出来ないサッカーニュース、ネタを時々載せています。チェックしてみて下さい!

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball



[ 2015/09/09 17:30 ] フンメルス  | TB(-) | CM(26)
>チーズを食べる事も大分減ったよ。それから毎日肉や魚を食べないように心がけているんだ。
豆乳で補ってるとはいえ、アスリートとしてタンパク質足りてるのだろうか
[ 2015/09/09 18:02 ] [ 編集 ]
      
豆乳より湯葉とかが凄く良いんだけどね。最近は炭水化物を抜くダイエットが流行ってるけど、脂質を制限した方が余程痩せるよ。
[ 2015/09/09 18:07 ] [ 編集 ]
という90キロ以上あるの?
そりゃ当たり負けしないわ。昔のCLだったかバイエルン戦でリベリーにいとも簡単に競り勝ったの覚えてるわ
[ 2015/09/09 18:21 ] [ 編集 ]
タンパク質と炭水化物については、最近色々な言説があるよね。
何が正しいのかわからなくなってきた。
[ 2015/09/09 18:26 ] [ 編集 ]
牛乳から豆乳に変えたら確実にカルシウムは足りない
サプリで補ってるなら正しい食生活とは言えないな
要するにバランスよく何でも食べる、が結局のとこ究極
[ 2015/09/09 18:44 ] [ 編集 ]
自分は肉は食べないが魚は時々食べる。また炭水化物もほとんど採らなくなったし、最近は非常に野菜が増えた。便秘気味なのが随分改善されて気分がよい。それと成分無調整豆乳や豆腐など大豆製品は今の自分にはなくてはならない食品になった。
[ 2015/09/09 19:10 ] [ 編集 ]
フンメルスが痩せたという記事はよく見ますが、そうか…豆乳飲んでたのかー。
写真や試合見てても痩せたな~と感じます。

誰も指摘しないけど、シュメルツアーだって相当痩せたと思うんです!
(最初「髪型変わって以前よりスッキリ見えるから?」と思ったけど、ちーがーうー)

先シーズン、シャルケとのダービーマッチのときに内田選手と絡んでイエローカード食らったとき、
(シュメルツアー不運…あれはうっちーのダイブ)
隣にいるシュメルツァーの全体の太さに衝撃受けました。
もとより痩せ気味の選手ではないとはいえ、
こんな太ってたっけ?
まーたバナナジュースばっか飲んでるんだろうか?と心配したくらい。

今はあのときに比べたらずいぶんと細くなっていて、
正直フンメルスより私の目に入ってきました。

そしいて今シーズンのジャージはスタイル良く見えますね。
だからどの選手も細身に感じるかもー。
ジャージの後身頃の裾が黒アーチ形になっているため、
下が黒パンツだとヒップアップして見えます。

---------------------------------------------------------------------------

国立公園…きれいですね!
いいな~ハイキング。

あとドイツは森があるのでうらやましいです。
日本だと「森」というより、まず「山」ですから。
[ 2015/09/09 19:11 ] [ 編集 ]
タイトルで笑った
[ 2015/09/09 19:30 ] [ 編集 ]
タイトル読んで画像見たらフンメルスとシュメルツァが哺乳瓶くわえてるみたいに見えましたw
[ 2015/09/09 20:02 ] [ 編集 ]
フンメルス「久しぶりに家でアイスを食べたんだ。2ヶ月ぶりにね。」
インタビュアー「それで?」
なかなかのドSっぷり
[ 2015/09/09 20:03 ] [ 編集 ]
肉や魚も制限するなんて、ツラくないかななんて思いますが。魚と言えば、ドイツでも色々食べるのでしょうか?ちょっとイメージが湧かないです。
[ 2015/09/09 20:46 ] [ 編集 ]
ゴールしたから自分へのご褒美アイスなのかな。

メッシとかはピザというかチーズをやめて絶好調で、テニスのジョゴビッチも食生活変えて絶好調らしいけど、
他競技でベジタリアンに食生活変えたらものすごく怪我がちになった選手も見たことがあるので、やりすぎはよくないかも。
[ 2015/09/09 20:47 ] [ 編集 ]
OLか!
[ 2015/09/09 22:02 ] [ 編集 ]
フンメルス夫人も、インスタグラムでよくsoja latte〜と写真をアップしてるから、夫婦揃って豆乳好きなんだな
なんか微笑ましいw
[ 2015/09/09 22:21 ] [ 編集 ]
BVBがチームとして取り組んでいたりするのかな?
今期のBVBの選手達は体が軽いですよね。

制限するといっても、制限しない時の摂取量が日本人が想像するものを超越した量だと思いますので、日本人は誤解しないように注意したいところ。
脂肪分に関しては厳しく制限しているでしょうけどね。
[ 2015/09/09 22:22 ] [ 編集 ]
ドルトムントも選手自身で食生活見直ししたりしてるけど、
トゥヘルがクラブハウス内でパスタ禁止にしたり他も色々制限したりしてるのも大きいんだと思うよ
今季のドルトムント所属選手全般がコンディション良いもの
[ 2015/09/09 22:25 ] [ 編集 ]
ブンデス見ててピッチ外の看板によく見る(犬の?)足跡マークが
有名なアウトドアブランドだったなんて、、、勉強になりますww
[ 2015/09/09 23:01 ] [ 編集 ]
良くダイエットで肉を控えるという人がいるけど、たんぱく質摂取はむしろ脂肪を燃焼させ、ぜい肉の元となる糖分の吸収と血糖値増加を抑制します。
体重制限ならば、むしろたんぱく質、食物繊維を増やし、炭水化物、糖分(オリゴ糖以外)、油を控えるべきでしょう。
動物性脂肪に関してあるていど肉やチーズを控えたいのは理解できますが、魚(EPA/DHA)まで制限すべきなのかは大いに疑問です。また、チーズでなくとも無脂肪ヨーグルトなどから乳酸菌は摂取すべきです。まさか、味噌や納豆や浅漬けなど食べないでしょうから。(笑)
by 筋トレ愛好家
[ 2015/09/10 00:22 ] [ 編集 ]
食べ物は人によって何が良いか違うと思う
筋肉太りする人、脂肪太りする人、太らず骨っぽいままの人色々だからね
自分の体質をベースに試行錯誤やね
[ 2015/09/10 00:39 ] [ 編集 ]
フンさん笑
自分も最近ダイエットしてるから、久しぶりの好きな食い物うまさわかりますわ。自分の場合、ラーメンだけど。

ジャックウルフスキンは日本だと最近そこまで人気があるわけではないですが、本場ドイツでは人気なんですね!日本ではザックはドイターのほうが人気ですが、ドイツではドイターは人気あまりないんですかね?
[ 2015/09/10 00:48 ] [ 編集 ]
フンメルスが豆乳を飲んでいる、って意外でびっくり!私は昔から豆乳が好きで、よく飲んでまして。
クラブはピザやパスタを食事に出すのをやめた?そうで、食生活改善が今の好調につながっているんじゃないかな。
[ 2015/09/10 01:31 ] [ 編集 ]
毎日運動しても太ると言うことは食べていた量が今まで凄かったんでしょうね。
[ 2015/09/10 09:30 ] [ 編集 ]
こりゃ面白い記事だ
[ 2015/09/10 12:42 ] [ 編集 ]
フンメルスは肥満してたのか?体が太くなっていたので、ユナイテッドにでも移籍するために筋トレしてたのかなと当時は思ってました。豆乳は飲みすぎると女性ホルモンが増えると聞いたことがあって、小生はもっぱらアーモンドミルクを摂っています。
[ 2015/09/10 13:27 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 肉や魚も制限するなんて、ツラくないかななんて思いますが。魚と言えば、ドイツでも色々食べるのでしょうか?ちょっとイメージが湧かないです。

ドイツ人も結構魚を食べます。特に北ドイツは海に近いのでシーフードレストランが沢山あります。内陸のドレスデンにも魚をメインにしたレストランがあり予約必須な程人気です。
[ 2015/09/10 17:53 ] [ 編集 ]
↑ドイツ人は「とにかく肉好き」と思っていましたが、魚介類も人気なんですね。
ウッチーが香川さんとお寿司屋さんに行く、なんて話も聞いたりして、デュッセルドルフには寿司・和食のお店がけっこうあるのでしょうか。
ギュンドガンが寿司レストラン?で撮った写真をツイッターにあげていたのを見ましたが、ドイツでもお寿司や和食は人気あるんですか?
[ 2015/09/12 08:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。