Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

PAOK香川!先発デビューは来週数曜日のカップ戦が濃厚か?


【24】

PAOK:香川の計画


kagawa222412.jpg


PAOKは香川真司を少しずつ大会で戦えるようにしていくつもりだが、このままいけば、次のカップ戦のラミア戦(セカンドレグ)で、スタメンとしてデビューする事になりそうだ。


香川真司は1月にPAOKに加入したが、少しずつ新しいグループに慣れ、大会で戦えるようにという計画に則って準備をしている。

スポンサーリンク


現在はパブロ・ガルシア監督は非常にクオリティーの高いワルダを中盤で起用し、その両隣でツォリスとジヴコヴィチを起用するというフォーメーションを維持している。


この日本人は2月3日にカップ戦のラリッサ戦でデビューを飾ったが、それ以降PAOKで5試合に出場している。いずれにせよ30分以上はまだない。


香川はAEL、アポロン、ラミア戦でそれぞれ30分近くプレーし、悪天候で行われたPAS戦では7分、そしてカップ戦のラミア戦で10分程度プレーしている。


合計のプレー時間は100分程度となっているが、何よりも、実戦から離れていた後で、負傷しない事が最優先とされている。彼がこの間フル出場を果たしたのはプレーオフのサラゴサ対エルチェ戦なのだ。


日本でPAOKの試合を見ているファン達は、香川はキープレーヤーとしてプレーするのを待ち望んでいるが、おそらくそれをライブで見るのは難しいだろう。先発デビューはおそらく来週水曜日のラミア戦になるからだ。


PAOKは土曜日にアステラスと対戦するが、中盤のシュテファン・スワブが出場停止となっている。しかしオマル・エル・カドゥリが先発出場する可能性が高い。


それに加えて香川は、パブロ・ガルシアの計画では8番になるとみられている。


そのため、この32歳の中盤の選手は土曜日はベンチに座り、カップ戦のラミア戦で先発デビューを飾るとみられている。





以上です。

PAOKはパネトリコス戦以降5勝1分けと好調を維持していますね。クラブとしては焦って香川選手を無理して起用する必要もないですし、計画通り、良い雰囲気でチームに馴染んでいけると良いですね。ラミアとの試合はファーストレグで5:2で勝利していますから、次の試合は心理的にも余裕がありますし、デビューには良さそうですね。



[ 2021/02/25 05:50 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。