ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!BVBファンタスティック4がついにドイツ紙で特集される!!《ドイツの反応》

本日発売のスポーツビルト(雑誌)において、絶好調のドルトムントのファンタスティック4について大きく取り上げられましたので、ファンの皆様に紹介します!!

無断転用はご遠慮願います。

entry_img_584.jpg

ファンタスティック4特集記事




トゥヘルのファンタスティク4!!

ミキタリアン、オバメヤン、香川、そしてロイスはリーガでも最もゴール前で危険な攻撃陣を形成している。スポーツ・ビルトが、どのようにして新監督が彼らを強くしたのか解説する。




ミキタリアンはトーマス・トゥヘルとの最初の話し合いで単刀直入にこう切り出した。“僕は周りが僕についてどんな事を言っているか分かっています。”ミキタリアンが思っていたのは:それは彼は静かすぎてチームから孤立し、プレッシャーともうまく付き合えない、という周囲の噂だった。“だけどそれは本当のことではありません。”ミキタリアンは一時間程度の2人きりでの話し合いで、トゥヘルに対してその事を明らかにしたのだ。その話し合いではもちろん昨シーズンの問題点や今シーズンの計画について語られたが、個人的な事についても語られたのだ。


“僕はBVBで成果をあげたいです。”と彼が語ったように、彼はその4ヶ月後に実際にトゥヘルの攻撃陣の要となったのだ。


スポンサーリンク




ミキタリアンは公式戦8試合で8ゴール、7アシストを記録している。これはユルゲン・クロップの下で出場した昨シーズン42試合での成績よりも良いものだ(5ゴール、7アシスト)。この内気なプレーメーカーはイキイキとし、自由でリラックスしているように見える。彼は“僕は問題を分析し、その後頭から追い出す事を学んだんです。”と語っている。


以前はしばしば長い間考えこんでいたのだが、トゥヘルは失敗ではなく、自分の長所をのばすようにと働きかけた。トゥヘルがまず最初にミキタリアンと話したのは決して偶然ではない。トゥヘルは“僕はいつも彼のプレースタイルと彼のフィールド上での輝きに対して好意を持っていたんだ。”と語る。

20150819051002b46.jpg


ミキタリアン、マルコ・ロイス、ピエール・エメリック・オバメヤン、そして香川真司の4人はこれまで公式戦30ゴールのうち29ゴールに直接関与している。彼らはBVBのファンタスティック4だ!彼らみんなが、トゥヘルの新しいスタイルから利益を得ているのだ。:現在のBVBはポゼッション平均が59%(クロップでは53%)、パスは一試合平均594本(クロップ484本)となっている。


“僕達のサッカーはよりポゼッションに重きを置いています。とても楽しいですし、自分にも合っていると思います。”とクロップの下で優勝した2011年と2012年のように花開いた香川は語る。彼はクロップの頃と比べていくらか守備的な位置でプレーしており、10番というよりは8番の位置でプレーしている。


entry_img_546.jpg


しばしば中央から突破し、昨シーズンに比べて明らかにペナルティーエリア内での存在感が増したミキタリアンは熱狂してこう語る。“監督は僕達をどうやってより強くすることができるかがはっきり分かっているんです。彼は僕達に細部まで説明します。彼は僕のベストな役割を見つけてくれたんです。”


ロイスが足の親指の負傷(かすかなひび)を抱えながらも代表に参加したことは、トーマス・トゥヘルにとっては全く気に入らないことだった。負傷は劇的なものではなかったのだが、トゥヘルは昨シーズン頻繁に負傷していたロイスのために特別な作戦を練ったところだったのだ。個別トレーニングである。ロイスは時々試合を休むことが許され、個別トレーニングを行っていたのだ。例えばヨーロッパリーグ予選のオッズ戦のようなあまり重要ではない試合では温存されていた。


ロイスは9月20日のレヴァークーゼン戦では再びプレーし、再び力強い姿を見せるだろう。彼はトゥヘルの仕事ぶりをほめて“僕たちは本当に良いミックスを見つけましたね。チーム全員で攻撃に参加し、守備をしています。みんな一人一人が良い仕事をしていますし、前線の僕たちは良く補い合っていますね。”と語る。


201508280642346d3.jpg


オバメヤンは壊滅的な昨シーズンも継続的に結果を出していた唯一の選手だが(公式戦25ゴール)、既に彼の前任者のロベルト・レヴァンドフスキーよりも良い決定率を残している!!このポーランド人はブンデスリーガ最初の68試合でBVBのために30ゴールをあげているが、このガボン人は既に32ゴールだ。トゥヘルの下で彼はワントップでプレーし、このガボン人は“この場所が自分にとってもっとも居心地が良いんです。”と語っている。


entry_img_501.jpg

オバメヤンはすでに親友ロイスのまねをして彼の契約を2020年まで延長した。スポーツビルトの情報によると、契約が2017年までとなっているミキタリアンとは遅くとも冬までには契約延長の話が持たれるようである。


20150909162526bd2.jpg
9日発売されたSport Bildの表紙。特集記事部分のアップ





以上になります。


日本メディアでは毎試合後に掲載される地元紙の寸評の一言を抜き取って、“ドイツ紙が大絶賛!!”という見出しで報道されることが多いですが、ドイツ国内で本当に注目されてくると、このような感じで特集記事が組まれてきます。

逆に言えばこのように特集記事が組まれないと、注目度としてはそれほどでもないと言うこともできます。この辺は日本のメディアを通してしまうと解り難いかもしれないですね。


まだブンデスリーガは始まったばかりですが、大きな写真つきの記事がでたのは今回が初めてではないかと思います。今シーズン香川選手にはどんどん活躍してぜひとも表紙を飾って欲しいですね。

Bildが報じた今シーズン初のファンタスティック4の記事はこちらです。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_7970.jpg

階段とワイン畑
管理人がよく行く近所の階段です。以前は足がフラフラになって写真が上手く撮れませんでしたが、ここ最近はアングルなんかを考える余裕が出てきました。(以前の傾いた写真を覚えている方がいらしたら嬉しいです。)

葡萄の実が随分大きくなりました。こういう四季を感じる景色を見ながらの散歩は贅沢ですね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal (ブログにはない短いニュースやブンデス小ネタなども載せてます。)
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/09/10 06:00 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(19)
おはようございます!
とても興味深く、面白かったです!
いつも良記事をありがとうございます(^.^)

私はドルトムント大好きですが、実は密かに次節は「スナイパー清武がBVB号を撃沈!」って記事に期待していたりします(^皿^)
[ 2015/09/10 06:22 ] [ 編集 ]
最高に面白い記事でした。
ありがとうございます!
日本での大絶賛の意味も解りやすく教えてぐれて嬉しいです!
ファンタスティック4!物凄くワクワクします。
ハノーファー戦は揃わないでしょうが早く4人を観たいです!
[ 2015/09/10 06:38 ] [ 編集 ]
僕は問題を分析し、その後頭から追い出す事を学んだんです。

ってとこいいですね。自分にも勉強になります。
[ 2015/09/10 08:08 ] [ 編集 ]
ファンがミキタリアン、ロイス、オーバメヤンをトリオ扱いし始めていたところに、香川選手も割って入る活躍を見せてくれているのが嬉しいです。
シーズン終わりにはファンタスティック11と言われるようなドルトムントの躍進が見られるよう期待しています!
[ 2015/09/10 08:40 ] [ 編集 ]
リーマンショック後、目に見えてマスコミ、活字メディアは凋落しました。
即物的になったのです。

本当かどうかは関係なく、どぎつい言葉を使うようになり、只、売れるか売れないか。

そちらで絶賛されているかどうかはどうでも良く、
そう書けば売れるのですよね。
選手への有意義な批判ではなく、叩けば売れるから叩く。

ネットのサッカー記事も、兎に角、対立を煽ればアクセス数が稼げますから、
デタラメを書いていても、少しでも対立を強調するようなサイトが幅をきかせています。

このご時世、正気を保っているまともなサイトには頭が下がりますね。
[ 2015/09/10 10:39 ] [ 編集 ]
2chまとめサイトのWorld Football NewsやSumrai Goalで、こちらの記事や写真が流用されているようですが、許可されてますか?
写真にも記事にも、こちらのサイト名が入っていますので、いいのかなとは思いつつ、念のため。
[ 2015/09/10 12:38 ] [ 編集 ]
昨シーズンの様にうまくいかない時ってチームの雰囲気もやはり悪くなってしまうのでしょうね。

クロップはあまり相談にのってくれるタイプではなかったのでしょうか?
モチベーションを上げさせたりするのがとてもうまいのかと思っていたのですが、、、

いよいよリーグ戦も再開しますね。ファンタスティック4 楽しみです。
[ 2015/09/10 13:15 ] [ 編集 ]
バイヤンを倒そう!
ブンデスリーガが1強じゃ面白くないからね
ドルならそのポテンシャルはある

管理人さんいつもありがとう
[ 2015/09/10 13:47 ] [ 編集 ]
これは本当にありがたい翻訳です。日本では、ちょっとしたリップサービスですら「大絶賛」になりますからね。どれだけ評価されているかが全然わからなかったりするし。
ムヒタリアンのコメントが個人的には一番興味深かったです。昨シーズン、ドイツでも色々言われてたんですね。サッカーだけでなく、性格面でも勝手に決め付けられたら、たまりませんよね。
今シーズン、ムヒが笑顔で生き生きしている姿は、ドルサポーターとしてうれしいです。
この4人だけでなく、CH、CBも素晴らしいですね。SBはシュメが結果をだしているし、ギンターもトゥヘルのチームではピスチェクよりもSBはまってるかも?
 今シーズンは期待しています。
[ 2015/09/10 13:48 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンは見た目もそうでしたがやはりメンタル的にもかなり繊細な選手ですよね
[ 2015/09/10 13:54 ] [ 編集 ]
ファンタスティック4と同じくらい、ヴァイグル、ギュンドアン、香川の中盤も素晴らしいと思います。
前線より、替えがきかないと思います。
いつか注目されて記事になるといいな。
香川は前線にも中盤の組み立てにも絡むので、簡単には外せないですね。
疲労がたまらないといいのですが。

階段の写真!覚えてますよ!!
こんな急傾斜、私だったら登れないなーなんて思ったのを覚えています。
横の緑はワイン畑だったんですね。
とにかく階段の傾斜の印象が強くて、場所までは覚えてなかった…^^;
頂上から見る眺めは素晴らしいでしょうね。
[ 2015/09/10 14:59 ] [ 編集 ]
ここの管理人さんの記事は誠実で、読んでいて楽しいです。いつもありがとう。
[ 2015/09/10 15:25 ] [ 編集 ]
有名になるのはいいと思うけど
その中にギュンドアンが入らないことを
本人がどう思ってるのかが気になる(笑)
入っていてもいいと思うけど
[ 2015/09/10 16:41 ] [ 編集 ]
ファンタスティック4めっちゃいいね

こういう通称に日本人が入ってくるなんてすごい感動だわ
最強の矛になってほしい

[ 2015/09/10 18:17 ] [ 編集 ]
ヴァイグルなどの逸材も出てきたし今年のドルはマジで強いわ
[ 2015/09/10 21:47 ] [ 編集 ]
ムヒが腹を割って話をしたっぽいエピソードは面白いですね。
ポーカーフェイスな彼も悩んでいたんだなと、ちょっと何考えてるか分からないイメージでしたから。

写真が傾いてない!ちょっと残念な気分だw
[ 2015/09/10 22:23 ] [ 編集 ]
ポゼッションを重視するほど香川が活きるのはわかっていることでした。
意外なのはミキタリアンがそれで変ったということですね。
これからの試合が楽しみです。
[ 2015/09/10 23:12 ] [ 編集 ]
元々ポテンシャルが高い4人であっただけに、いかに相互リンクが蜜になるかがキーポイントでしたが、新監督の下、見事にガッチリ組み合った感ががありますな。
それはスルー、ダイレクトパスの多用を見れば明らかで、互いの存在を意識し攻撃のイメージを共有出来てるからこそ出来る事。
まぁ、それを支えてるギュンドアンの好調も大きいんだけど。
これで最終ラインがもっと安定すれば、王者バイエルンと凌ぎを削り合ってた時のドルに戻るかも?ですね。
[ 2015/09/12 03:20 ] [ 編集 ]
スポディッチがいないのは寂しいが
ソクラテスの球際のスライディングは決定的にチームを救うんよなあ
[ 2015/09/15 22:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。