Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

鎌田、長谷部先発フランクフルト!ブレーメンに敗れ今年初黒星!大迫は出番なし!

【ビルト】


ブレーメン対フランクフルト 2:1



buremen1124245.jpg


フランクフルトの無敗記録が止まった・・。


フランクフルトはリーガ11試合無敗だったが、今年初黒星を喫する事となった。よりによって下位のブレーメンを相手に1:2だ。

スポンサーリンク


しかし試合はいつものような出だしだった。

9分:コスティチのクロスからシルバがヘディングで決めてフランクフルトが先制したのだ。シルバはこれで今シーズン19ゴールとなっている。


このゴールにつながったコーナーキックは本来であれば無効にならなければならなかっただけにブレーメンにとっては痛手だ。ボールに最後に触っていたのがフランクフルトのソウだったのだ。


しかしこのようなコーナーキックは、試合に決定的な要因とならないとの解釈によりビデオ審判の介入が許されていないのだ。



しかしその後オフサイドを巡ってクレイジーなビデオ判定が下される。


28分:サージェントが1:1となるはずだった同点ゴールを決めたが、審判のロベルト・ハルトマンはこれをオフサイドと判定し無効としたのだ。


47分:ゼラシーがラシツァのパスから1:1となるゴールを決める。またしてもハルトマンはオフサイドの判定を下すが、ビデオ判定がこれを認めたために同点となったのだ。


62分:サージェントがエッゲシュタインのパスから逆転ゴールを決める。しかしサージェントはまだ喜ばない。しかしビデオ審判がこれを認めたために逆転となっている。


69分:それどころかシュミットが3:1となるゴールを挙げるところだった。しかしまたしてもビデオ審判が介入だ。ラシツァがオフサイドの位置にいたために、これは無効となっている。


ヴェルダーはこれによって3試合ぶりに勝利しているが、フランクフルトは今年初めての敗戦となった・・。






以上です。

フランクフルトは残念ですね。今日は長谷部選手はリベロとして先発していました。大迫選手は一度ベンチ外になってから一度も先発に復帰していないのが気になりますね・・・。



[ 2021/02/27 06:50 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。