Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

シュトゥットガルト遠藤!シャルケ戦で2ゴールし高評価!採点と寸評!

【シュトゥットガルター・ナッハリヒテン】


選手採点と寸評

endo21.jpg

コーベル 1.5

このゴールキーパーは出だしから力強いプレーを見せる。ハリトに対して素晴らしいセーブを見せ失点を防いだのだ。失点の場面は彼にはノーチャンスだった。67分にはゼルダ―に対しても良い反応を見せている。さらに72分のPKでも素晴らしいセーブ。


コンスタンティノス・マヴロパノス 3

このギリシア人は素早いアミネ・ハリトに対して序盤問題を抱えた。しかし徐々にシャルケに対して良い守備を見せる。対人ではその強みを発揮していたが、攻撃では向上の余地あり。

スポンサーリンク


ヴァルデマル・アントン 3

序盤、守備ではあまりやる事がなかった。しかし自分の仕事はしっかりこなしている。組み立ての選手としても重要だった。全体的に良いパフォーマンス。後半は攻めるシャルケに対してしっか守るように全体を把握。


マーク・オリバー・ケンプ 3

ケンプも手堅いプレー。シャルケの選手が彼に攻め寄らなかったので、時々攻撃にも参加。放ったシュートは阻まれてしまっている。後半にファールによりPKを与えてしまう。その後途中交代させられる。


遠藤航 1.5

ブンデスリーガ今シーズン初ゴールと2ゴール目をあげ、勝利に大きく貢献。彼は10分と25分の両方ともコーナーキックから得点している。これによってシュトゥットガルトを勝利へと導く。この守備的中盤は残りの仕事をいつものように良くこなしている。


オレル・マンガラ 2.5

エレガントな場面も。マンガラは彼がいかに良い選手であるかを示している。このベルギー人は、シュートを放ち相手キーパーを試している。後半から守備が増えたが、それは悪い事ではない。


ボルナ・ソサ 2

ソサにとっては簡単だった。彼は2アシストを記録しここ7試合でのアシスト数を7としている。彼は自分にできることを単に良くこなしているのだ。クロスに続くクロス。


カストロ 2.5

キャプテンはコーナーキックにより遠藤の2ゴール目をアシストしている。それ以外にもシュトゥットガルトの攻撃に関与。このベテランは何度も良いパスを見せている。もう少しでオーバーヘッドキックも決まりそうだった。


ワマンギトゥカ 2.5

彼は右サイドで相手を粉砕。何度も一対一に挑み、前半は何度もゴールに向かう。彼はペナルティーエリアでファールされたが、審判もビデオ審判も介入しなかったが、これにはミスリンタートの方が彼よりも腹を立てていた。


フェルスター 3

カストロとともにカライジッチの後ろでプレー。何度もボールを奪取し、いつものように良く走った。彼の弱点は組み立てにおけるタイミングだが、それはシャルケ相手でも見られた。

カライジッチ 2

彼のヘディングが3:0となったが、これでここ5試合で6点目となっている。彼はその長身を生かして空中戦に挑み、さらにチームメートにもパスを送っている。さらに中盤でもボールを奪取している。60分以降はいささか疲れた。




【ビルト採点】

コーベル1
マヴロパノス 3
アントン 3
ケンプ 2
遠藤 1
マンガラ 2
ワマンギトゥカ 3
ソサ 2
フェルスター 4
カストロ 4
カライジッチ 2





以上です。

遠藤選手が今シーズン初ゴールを挙げましたが、ビルト、それから地元紙で高評価を得ています。シュトゥットガルトはこれで2連勝し32ポイントで9位となっています。シャルケは2連敗で9ポイントで最下位をキープしていますね。あと10試合ありますが、こうなるとシャルケはもう降格は避けられない感じですね・・・。


[ 2021/02/28 17:43 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。